新人注目! テストを極める最初の一歩

第4回 テストケースを作りっぱなしにしていませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

テストケースを作ろう

前回のながれ

新入社員のA君,テストケースを作るためには「仕様書をテストの立場から読む」ということと,「テスト設計」を行う必要があることを知りました。

  • A君「テスト設計もしたし,これでテストケースが書けるぞ!」

テストケースが仕様書の丸写し状態だったA君も,テスト分析やテスト設計を行ったことで,仕様書そのものに対する理解が深まり,今度こそ仕様書からの単なる転記にならないテストケースを作ることができそうです。

  • A君「よーし,頑張るぞ!」

こころなしかキーを叩く音も小気味良い感じです。

  • A君「この調子だと,たくさんのテストケースが書けそうだ!」

A君のテストケース表は,みるみるうちに文章で埋め尽くされていきます。ページ数もどんどんと増えてゆき,まるで作文や小説を書いているかのようです。成果物ができあがっていくということに,A君のキーを叩く音もどんどん軽やかになっていきます。

そこに,今回の作業でたくさんのアドバイスをくれているK先輩が通りがかりました。

  • K先輩「お,随分調子がよさそうだね」
  • A君「はい,以前に比べてテストケースが見違えるように良くなったと思います。これも先輩のアドバイスのおかげです。この調子だといくらでも書けそうですよ!」

A君は元気良く答えました。その言葉を受けてK先輩はモニタを覗き込んでみました。

が,一呼吸置いてこう言いました。

  • K先輩「確かに以前に比べるとテストケースの内容はよくなったけれど,書き方がよくないね」

(え? テストケースの書き方???)

  • K先輩「まず,文章が長い。それから曖昧な表現が多いね。これじゃテストはできないよ」

さらにK先輩は言葉を続けます。

  • K先輩「それから,当然の事ながらテストケースは作りっぱなしにしてはいけない。レビュー相手との調整はしたの? なんなら僕がレビューしてあげるから,そのときは詳細を教えて」

そういうと,K先輩はA君にテストケースの見直しを指示しました。

サクサクとテストケースを作り,さっさとテストケースの実行をしたかったA君ですが,まだまだ考えるべきことがありました。

A君はまたもや途方にくれてしまいました。

テストケースには書き方があり,レビューされなければならない

テストケースには書き方があり,作成したものは必ずレビューされる必要があります。あたりまえのことなのですが,案外知られていません。中には,テストケースの作成は担当者任せで,レビューを一度も行わないままテストを実行するという現場もあるそうです。これでは,テストケースの品質が確保できまんし,テスト実行でも手戻りが頻発したりして,うまくいかないでしょう。

「品質の低いテストケースからは,品質の低いテスト実行しか生まれない。」

新人さんはこれをしっかりと理解してください。 また,ベテランさんは自分の現場がこのような状況である場合,早急になんらかの手を打ちましょう。

新人さんはこの言葉を受けて,具体的な作業として次の2点を最低限押さえる必要があります。

  • テストケースには書き方がある
  • テストケースは作成後に,レビューされなければならない

第4回は,この2つについて,新人さんがまず押さえるべき点を解説します。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書

コメント

コメントの記入