きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第4回 TestLinkのインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

ここまでの連載で,「テスト管理とは」「TestLinkのコンセプト」など,TestLinkを使うための前提知識について整理してきました。ここからは,いよいよTestLinkの実際の使い方について踏み込んでいきます。まず今回は,TestLinkをインストールしてみたいと思います。

はじめに

実は,インストール作業はTestLinkを使う上での鬼門と言っても過言でない部分です。今までにご説明したように,TestLinkはWebアプリケーションであるため,インストールするためにはWebサーバ環境を整える必要があるからです。これがTestLinkを導入するうえでの障壁となってしまうことが多いようです。そこで,今回は以下の2つのパターンのインストールをご紹介します。これ以外のインストールパターンについても最後に少し触れたいと思います。

Windows PCへのTestLinkのインストール

Webアプリケーションに不慣れな方を対象にして,ローカルのWindows PCにTestLinkをインストールしてみます。ここでは,「All In One TestLink」というWindows用の簡易インストールパッケージを使用します。TestLinkに興味のある方は,まずこちらでお試しいただくと良いでしょう。

LinuxサーバへのTestLinkのインストール

Linuxサーバ上で,ApacheやPHP,MySQLなどをご自分で設定できる方を対象としてます。こちらでは,TestLinkのソースコードが圧縮されている配布パッケージを使用します。また,インターネット上に公開されているサーバにインストールすれば,複数の拠点間で情報共有を行うこともできるでしょう。

なお,どちらのインストール方法を選んでいただいても,特に機能の制限などはなく,TestLinkの全機能を使うことができます。また,バグ管理システム(BTS)と連携させることもできます。「All In One TestLink」にはバグ管理システムMantisが同梱されているため,別途インストールする必要がありません。

図1 目的別フロー

図1 目的別フロー

Windows PCへのTestLinkのインストール

概要

こちらのインストールパターンでは,「All In One TestLink」を使用します。「All In One TestLink」とは,TestLink日本語化部会が公開している,Windows用の簡易インストールパッケージのことです。このパッケージには, TestLinkおよびMantisと簡易WebサーバXampp Liteがセットアップ済みの状態で圧縮されています。解凍して実行ファイルをクリックするだけで,TestLinkが使えるようになることが特徴です。

準備

  • OS:Windows
    Windows XPが推奨です。ただし,同梱されている簡易WebサーバXampp Liteが動作すれば問題ありません。XamppLiteは以下のOSで動作が確認されています。
Win98Se:                        only apache/mysql support
Windows 2000 (w2k):             all servers okay
Windows Server 2003 R2:         all servers okay
Windows XP Service Pack 2:      all servers okay
VISTA Ultimate:                 all servers okay

Windows comatibility list(wixampp)より

  • ハードウェア要件
    ディスクの空き:250Mバイト以上
※ ハードディスクドライブだけでなくUSBメモリドライブにもインストール可能です。
  • ソフトウェア要件
    すでにWebサーバ(Apache,IIS)やMySQLがインストールしてある場合は,いったんサービスを停止(もしくはアンインストール)する必要があります。お使いのPCにApache,MySQLのWindows版,もしくはTrac Lightning等のアプリケーションがすでにインストールされている場合がこれに該当します。

著者プロフィール

TestLink日本語化部会

ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。

コメント

コメントの記入