Unity仮面が教える! ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術

Track.4 マップ,3Dオブジェクト,ダンジョン……なんでも自動生成してみよう ~「WorldComposer」「Skyshop」「Random Dungeon Generator」編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

画像

仮面:ダァス!Unity仮面だ!

秋山:秋山でーす。年末ですねー。今年一年お疲れ様でした!

仮面:おう,そうだな。今年はイロイロと戦ってきたぞ!

秋山:そういえば,Unity仮面さんって今年デビューなんですよね

仮面:言われてみるとそうだな。だいぶ長いこと戦ってきたと思うが

秋山:……。さっきから戦っている戦っているってどこと戦ってるんですか?

仮面:今は言えん…… ある巨大組織だ……

秋山(この厨二病が……)

仮面:お前,今バカにした目で見たな?

秋山:いや,してませんよ。じゃあ早速本題に行きましょうかー

仮面:クッ…… 理解はしてもらえんか……

秋山:今回は簡単なAsset 紹介ですよねー?

仮面:そ,そうだな。今回はサクっと紹介していこう

はい,第四回始まりました「ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術」です。Unityエバンジェリストの伊藤です。前回MMDデータを使ってUnityで遊んでみようということをやってきました。

今回はAsset Storeに戻って,軽く3本ほどAssetStoreアイテムを紹介していきましょう。今回は「自動生成」というキーワードでチョイスしてみました。

「WorldComposer」で地形を作ろう!

WorldComposer

画像1 WorldComposer

画像

仮面:まずは「WorldComposer」

秋山:はい。これは何をするアセットでしょう?

仮面:これは凄いぞ。地形を自動生成してくれるアセットだ

秋山:へー。Unityもできるんじゃなかったんでしたっけ?

仮面:Terrain 機能だな。これは自動生成というより,簡単に地形が作れるという機能なのだが,はっきり言ってこれで地形が作るのは大変だ

秋山:え!ちょっとはっきり言い過ぎじゃないですか!?

仮面:いや,簡単は簡単なのだが,例えばサクっと山の風景とかを作るのにはやっぱりそれなりの手順が必要になってくる

秋山:へー,そうなんですか

仮面:例えばフライトシミュレーターとかの地形を作る際,それなりにホンモノっぽい地形にしないとアラがみえるだろう?

秋山:そういうもんですかねー?

仮面:そうなんだよ!だから,この「WorldComposer」を使えば,なんと「実際の地形から地形が自動生成」できるんだ!

秋山:へ?どういうことですか?

仮面:いやだから!例えば,アキヤマ,お前の育ちはどこだ?

秋山:生まれ育ったのは姫路でしたねー

仮面:ほう,なるほど。これは,その姫路の周辺地形をUnityで自動で作れるというものだ!

秋山:ええー!それはスゴいですね!

仮面:お前が鼻水垂らしていた泣いていた田んぼがUnityで再現できるということだ!

秋山:なんで鼻水なんですか……

WorldComposerの使い方

まずはBing mapアカウントを作ります。これはGoogle mapのようなサービスで,教育利用または非商用であれば,無料でも十分使えるというものです。詳しくはこちらを見てください。

Bing mapアカウントを作るには,まずはこの登録サイトへ行って下さい。そして書いてある通り,なのですが,英語でわかりずらいですよね。皆さんの為に現段階(2013/12/9現在)でのやり方を日本語で記述します。

画像2 Bing map

画像

  1. Bing Maps Account Centerに行く
    • Windows Live IDでログインします。
    • もしない場合「Create」をクリックしてBing Mapsアカウントを作ります。
  2. 「My Account」の下の「Create or view key」を選択
  3. 以下の項目を埋める
    • 「Application name」:これから作る地図を使ったアプリ名を登録。
    • 「Key type」「Basic」に。「Trial」だと90日で期限切れになってしまい,それ以降使えなくなってしまいますので注意してください。
    • 「Application type」「Not-for-profit」「Education」に。

そのようにして生成したBing keyをコピーしておきます。

画像3 WorldComposer設定(1)

画像

Unityで「Window」「World Composer」でWorld Composerビューを表示します。そしてMap Parameterの[K]ボタンをクリックして,先ほどのBing keyをペーストをします。これで地図が使用可能になりました。もう一度[K]ボタンをクリックして隠しておきましょう。

画像4 WorldComposer設定(2)

画像

右クリックドラッグ,ダブルクリックで移動できるので,まずは取得したい場所に移動します。Region名を適当に追加します。Areasの項目でArea名を追加し,[Pick]ボタンをクリックします。そして取得したい領域を選択して再びクリックします。これでAreaを設定できました。これで準備は完了です。

Hightmap Exportの[Export Heightmap]をクリックするとHightmapが出力されます。さらにImage Exportの[Export Images]で画像が出力されます。そして上の「Create Terrain」のタブをクリックして,ウィンドウを出して[Create Terrain]を押せば,Unityに地形が生成されます。

詳しくはこのチュートリアル動画をご覧ください。英語ですが,映像を見るだけでだいたい理解できます。

画像5 WorldComposerの姫路地形

画像

仮面:どうだ?姫路だ!懐かしいだろう?!

秋山:まあ姫路は再開発で変わってしまって,思い出深いところはもう違う風景なんですよねー

仮面:どぉおおっと!なんだよおおおおい!折角頑張ったのにぃ!!

秋山:Unity仮面さんはどこ出身なのですか?

仮面:うっ!それは……幼少の暗黒時代を思い出せということか……

秋山:あ,じゃあいいです,面倒なことになりそうなので

仮面:うおぃ!撤回はやっ!

著者プロフィール

伊藤周(いとうまこと)

株式会社セガでアーケードゲーム「頭文字D」「ガンダムカードビルダー」やモバイルゲーム「三国志コンクエスト」を開発。その後Unity Technologies Japan合同会社に転職し、Unityエバンジェリストとして今に至る。最近はOculus Riftに執心中で、個人(@warapuri)としてOculus Rift用立体機動ゲーム「Titan」を開発。

コメント

コメントの記入