VB6開発者向け:C#で始める.NETプログラミング

第8回 オブジェクト指向プログラミングの省力化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8.5 分

はじめに

前回は,オブジェクト指向プログラミングによってサンプルソフトウェアを作成しました。 このサンプルを作成するために,各テーブルのフィールドに応じたクラスや,データにアクセスさせるためのクラスを作成しました。 これによって,オブジェクト指向プログラミングがどのようなものなのかを体感していただけたかと思います。

しかし,実際に業務で使用するフィールドやテーブルの数だけ,同様のクラスを作ることは困難です。

そこで今回はDataSetやComponentという方法を用いて,前回開発したソフトウェアの開発の省力化についてをご説明したいと思います。

DataSetとは?

DataSetは,VB6で提示したサンプルソフトウェアで使用したRecordSetオブジェクトと似ています。 データレコードをDataSetオブジェクトの中のDataTableオブジェクトに格納して,編集した後にデータテーブルに書き戻すという一連の流れを容易に実現できます。

Componentとは?

再利用性の高いオブジェクトを部品化したもの,と表現するのが理解しやすいかと思います。

例えば,TextBoxなどのユーザーコントロールは,ユーザーインターフェイスを持ったコンポーネントです。 一方でタイマーコントロールのようなユーザーインターフェイスを持たないコンポーネントも存在します。 しかし,どちらのコンポーネントもコンテナに配置できます。

作成するにあたっての注意

今回,コンポーネントを多用しますが,個々のコンポーネントを作成した後にビルドを成功させないとツールボックスにコンポーネントが出現しません。

そこで,今回の内容を実践する場合は,必ず新しいプロジェクトを用意してください。 以前に使ったプロジェクトを利用した場合,変更の仮定でエラーが発生する恐れがあります。

DataSetの作成

新規作成

DataSetを新規作成する手順は次の通りです。

画像

最初に,プロジェクト名を選択後に右クリックしてメニューを表示します。 ここから「追加」「新しい項目」と順にクリックしてください。

画像

「新しい項目の追加」ダイアログボックスが表示されたら,データセットを選択します。 今回も名前は「DataSet1」のままでよいでしょう。 [追加]ボタンを押すことでDataSetが生成されます。

サーバーエクスプローラーにデータベースを接続

DataSetを編集してテーブルを追加します。

画像

DataSetの編集画面に表示されているメッセージの「サーバーエクスプローラー」のリンク部分をクリックして,サーバーエクスプローラーを開きます。

画像

データ接続を選択後に右クリックしてメニューを表示します。 ここから「接続の追加」をクリックします。

画像

「接続の追加」ダイアログボックスが表示されたら,データベースファイル名を指定します。 [テスト接続]ボタンを押して問題なく接続できることを確認後に[OK]ボタンをクリックしてください。

データテーブルを編集

DataSetにデータテーブルをマッピングします。

画像

サーバーエクスプローラーの画面からMyTableをドラッグして,DataSet1のデザイナ上でドロップします。

画像

これによって,データ本体を格納するMyTableオブジェクトと,データベースにアクセスするためのMyTableAdapterオブジェクトが作成されます。

この状態で,一旦ビルドします。 ビルドに成功することで,フォームエディタ画面が表示されている状態でツールボックスを開いた際に,先ほど作成したオブジェクトがコンポーネントとして追加さます。

著者プロフィール

伊藤達也(いとうたつや)

(株)井沢電器設備にて、業務管理システムの開発に従事しています。 この記事の趣旨通り、筆者自身が2005年後半にメインの開発言語をVB6からC#に移行し、2007年には Microsoft MVPアワードをC#で受賞しました。

コメント

コメントの記入