テストリーダへの足がかり,最初の一歩

第2回 テスト計画(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

【今回の登場人物】

大塚先輩:
入社10年目。5年前に柏田マネジャーと一緒にソフトウェアテスト事業を立ち上げた。カメラが趣味で,暇さえあれば写真を撮りに出かける。

中山君:
入社5年目。本連載の主人公。入社以来ソフトウェアテスト一筋で経験を積んできた。そろそろ大きい仕事をしたいと考えている。

前回〈前編)のあらすじ

中山君は入社5年目の若手テストエンジニア。入社依頼ずっとソフトウェアテストを担当し,先輩達に鍛えられてきました。その甲斐あって,今回はテストチームのリーダとして仕事をすることになりました。さっそく大塚先輩からテスト計画の作成を指示された中山君ですが,実は今までテスト計画を作ったことがありません。

しかし,悩んでいてもしょうがないので今までの資料を参考にしながら何とか作成してみました。大塚先輩に見てもらうことになりましたが,はてさて,どんな結果になったでしょうか?

大塚先輩:
さて,さっそく見ていくことにしようか。

中山君:
はい,よろしくお願いします。(ドキドキ)

大塚先輩:
まず最初に…,表紙を付けたのはいいね。最初の計画書に表紙を付ける人はあまりいないんだ。よく気づいたね。
中山君:
今までの計画書を参考にしました。

大塚先輩:
で,中身なんだが…これはずいぶんと薄いね……

中山君:
(あれれ,何か足りなかったのかな…)

てっきり,すんなりとOKがもらえると思っていた中山君はうろたえました。

大塚先輩:
中山君,この計画書には何を書けばいいと思う?

中山君:
何を書けばいいって……。スケジュールは重要ですよね。スケジュールが無い計画書って見たことありません。
大塚先輩:
スケジュールは重要だよね。他には?

中山君:
体制図も入れました。でも,それだけじゃ計画書として不十分なんですか?
大塚先輩:
そう。確かに中山君が書いたものも計画書と言うこともあるけれども,この内容だけでは,うちで仕事をするには不十分なんだ。
中山君:
でも…。たくさん書いても計画って結局使わないですよね? 無駄じゃないですか。
大塚先輩:
無駄にするかどうかはリーダの腕次第だ。そう思わないかい? 立派な計画書に見せるために,意味のない情報を羅列している計画書ならば,俺も無駄だと思う。でもそうじゃないよね。

目的は何?

大塚先輩:
まず聞こう。今回のテストの目的はなんだと思う?

中山君:
テストの目的ですか? バグを見つけるためではないんですか?

大塚先輩:
テストにはいろんな目的がある。目的が変われば,テスト設計の方針やテストケースも変わってくる。
中山君:
え? そうなんですか?

テストの目的

テストの目的はおおむね3種類に分けることができます。

  • 不具合を予防するため
  • バグを見つけるため
  • 品質を保証するため

バグを見つけるためのテストケースと,品質を保証するためのテストは異なります。どんな目的でテストをするのかを把握していないと,どんな種類のテストをすればよいのか決められなくなります。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書