テストリーダへの足がかり,最初の一歩

第5回 テスト設計(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

読者の皆さんこんにちは,「テストリーダへの足がかり,最初の一歩」と題したこの連載も5回目となりました。

第二話34回「テスト分析」を取り上げました。テスト分析と聞くと,すぐ分析テクニックの活用方法の話になりがちですが,リーダーという立場で関わる場合,分析のための準備・メンバへのフォロー・設計部門とのやりとりなど,分析作業の実行以外に取り組まねばならない事柄も多くあります。

中山君はテスト分析の作業内容が理解できておらず,実にさまざまな指摘を受けることになりました。リーダーとして仕事を行う場合,自社の標準プロセスを理解しておくことは最低限必要なことです。読者の皆さんも,自分に「テスト分析ってどんなことやるの?」と問いかけて,もし上手く答えられなかったら,この「テスト分析」を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

さて,第5回と第6回は皆さんにとっても耳馴染みがある「テスト設計」を取り扱います。テスト設計はここ数年で多くの雑誌や書籍で取り上げられ,見聞きする機会も増えていますが,皆さんはどのように理解しているでしょうか。またリーダとしてどのように取組めばよい工程でしょうか。

中山君の例で一緒に考えていきましょう。

【今回の登場人物】

大塚先輩:
入社10年目。5年前に柏田マネジャーと一緒にソフトウェアテスト事業を立ち上げた。カメラが趣味で,暇さえあれば写真を撮りに出かける。

中山君:
入社5年目。本連載の主人公。入社以来ソフトウェアテスト一筋で経験を積んできた。そろそろ大きい仕事をしたいと考えている。

テスト設計

前回大塚先輩に大目玉をくってしまったテスト分析もなんとか終了。「なんとなく」で行ってしまったテスト分析にもう一度しっかりと取り組み,何回かのアドバイスをもらいつつ大塚先輩に再提出することになりました。

大塚先輩:
さて,テスト分析も終了だね。
中山君:
はい,ようやく終わらせることができました。本当にボクはなにもわかっていなかったんですね。ご迷惑をおかけしてばかりです…。

中山君は,はじめてまともに取り組んだテスト計画とテスト分析の苦労に,精神的にも肉体的にも疲労がたまりつつありました。いつになく神妙な中山君を見た大塚先輩,次のように声をかけました。

大塚先輩:
初めてのときは誰もが上手くいかないものだよ。…スケジュールを見ると,マイルストーンだね。このマイルストーンがなにかわかるかい?
中山君:
あ! 中打ち上げって書いてあります!

実は,この時期にそろそろ精神的にも疲れてくるだろうと読んでいた大塚先輩は,テスト分析の終了後に「中打ち上げ」を計画に入れるようにアドバイスをしていたのでした。

大塚先輩:
そういうわけで,今日は仕事を早めに切り上げて飲みにでも行ったらいい。本日ばかりは定時きっかりに仕事を切り上げること。残業はナシ。これは命令だ。
中山君:
「お心遣いありがとうございます! リフレッシュして,また明日から頑張ります!」

中山君は初めてのリーダーということもあり気が回りませんでしたが,メンバのモチベーションと健康状態を注意深く観察し,必要ならば休養などを与えるのも大切な仕事です。

プロジェクトが始まり作業が進むと,最初は高かったモチベーションもだんだんと低下していきます。また,作業が遅れていると,残業に次ぐ残業でメンバは体力的にも疲弊していきます。気力も体力も低下すると注意力が散漫になります。そうすると,ミスが多くなりますから,プロジェクト全体としてもパフォーマンスが下がっていき,開発スピードが遅くなっていきます。そうすると日程が遅延していくことになります。日程が遅延するため,リーダがメンバに残業を強いるとさらにメンバは疲弊していき…

リーダーはこういう状況に陥らないように,定期的なプロジェクトの疲労のリフレッシュを行う必要があります。日ごろからメンバ一人一人の気力・健康状態にまで気を配り,問題があれば早めに手を打たねばなりません。

またもちろんのこと,そういった健康やモチベーションの維持のための施策はプロジェクトの計画に入れておくべきです。日々強いられる残業の連続で体調を崩してしまった人に対して「アイツは打たれ弱い」などと簡単に評価するのは,リーダとして傲慢で,職務の怠慢であることを強く理解しておくべきです。


次の日

次の日,中山君は幾分スッキリした顔で出社しました。それを見つけた大塚先輩,ほっと安心したようです。

大塚先輩:
うまくリフレッシュできたようだね。
中山君:
はい! 残念ながらまだチームといっても私だけなので旧友と飲みに行ったのですが,仕事を忘れて盛り上がることができて,いい気分転換になりました!
大塚先輩:
それは良かった。昨日君が体験したようなことは,リーダーとして必要になる仕事のひとつだ。そろそろメンバも増員されるから,意識しておくように。
中山君:
わかりました! さて,いよいよテスト設計ですね。今度こそは頑張ります!

気分的にひとつ整理がついた中山君,最初の頃のやる気を取り戻したようです。

大塚先輩:
僕は今までテスト計画とテスト分析でいろいろとアドバイスをしてきた。今回はそれを活かして取組んでみなさい。
大塚先輩:
ただし,これまでは全体を作り込んでから確認を行ってみたけれど,まず小さい範囲でやってみて,それを確認してみたい。
中山君:
まず一部だけ設計して,先輩に見てもらうってことですか?
大塚先輩:
そうだ。もし基本的なミスが指摘事項が多かった場合,その修正に大きな労力がかかるからね。
中山君:
傷は小さな方がいいってことですね! 了解です。まずは基本的なテスト設計を行ってみます!

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書

コメント

コメントの記入