VPSでRuby開発をしよう

第2回 最新Ruby & Ruby on Rails 環境構築

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

現在の環境を確認する

シェルにログインする

サーバの準備が整ったら,シェルにログインしてLinuxカーネルやRubyなどのバージョンを確認しましょう。

バージョンの確認

シェルにログインできたら,OSなどのバージョンを調べましょう。

RailsでMySQL利用のWebアプリケーションを開発するのが目的なので,(Linux系)OS,Ruby,Rails,MySQL,Apacheについて,シェルからコマンドを実行して調べましょう。いずれかでcommand not found"などのエラーが表示された場合は,インストールする必要があります図1)。

図1 バージョンの確認

[root@www # uname -a
Linux www.example.com 2.6.18-128.1.6.el5xen #1 SMP Wed Apr 1 10:38:05 EDT 2009 i686 i686 i386 GNU/Linux

[root@www# ruby -v
ruby 1.9.1p0 (2009-01-30 revision 21907) [i386-linux]

[root@www # rails -v
-bash: rails: command not found   ← Railsがインストールされていないため

[root@www# mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.32, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

[root@www # httpd -v
Server version: Apache/2.2.3
Server built: Nov 30 2008 15:17:29

Rubyのインストール

Rubyがインストールされていないかバージョンが古い場合は,最新バージョンをインストールします。

まず,Ruby最新バージョンのソースコードをダウンロードして展開しましょう。方法はいくつかありますが,ここでは以下の手順で実行します。

  • wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.1-p129.tar.gz
  • tar zxvf ruby-1.9.1-p129.tar.gz

ここでsuコマンドでrootに切り替えます。

インストールにはgccやccなどのCコンパイラおよびbison,zlib-develなどの開発用パッケージが必要なので,利用可能かどうか確認しましょう。もし利用できない場合は,yumコマンドなどでインストールします。

Cコンパイラも準備できたら,Rubyのインストールを進めます。

cd ruby ruby-1.9.1-p129
./configure --prefix=/usr
make && make install

処理が済んだら,rubyのバージョンを確認しましょう。この例では,「ruby 1.9.1p129」と表示されれば無事完了です。

最新バージョンをすぐに利用できる@YMCのVPS

@YMCのVPSサービスは,RubyやMySQLなどの最新バージョンがあらかじめインストールされていること,必要に応じて別のバージョンをインストールできることが大きな特長です。オプションとして,RailsやTracなどのインストール代行サービスもあります図2)。

OSはCentOS 5または4を選択でき,CentOS 5ではRuby 1.9.1とMySQL 5.1.32を選択できます(2009年5月現在)。CentOS 4ではこれらが古いバージョンになりますので,申し込み時にはOSのバージョンにも注意しましょう。

図2 インストール代行サービス

図2 インストール代行サービス

Railsをインストールする

Railsのインストール

RailsはGemsを使ってインストールします図3)。Ruby 1.9.1ではRailsGemsが標準で含まれるため,RailsGemsのインストールは不要です。コマンドプロンプトに戻ったら,Railsのバージョンを確認してみましょう。バージョンが正しく表示されれば,インストールは完了です図4)。

図3 Gemsによるインストール

[root@www# gem install rails
Successfully installed activesupport-2.3.2
Successfully installed activerecord-2.3.2
Successfully installed actionpack-2.3.2
Successfully installed actionmailer-2.3.2
Successfully installed activeresource-2.3.2
Successfully installed rails-2.3.2
6 gems installed

図4 Railsのバージョンチェック

[root@www # rails -v
Rails 2.3.2

なお,メモリが少ない場合,ri/Rdocのインストールに非常に時間がかかる場合があるのでその場合は,

gem install --no-ri --no-rdoc rails

として,ri/Rdocをインストールしないよう指定する必要があります。

次回予告

次回はRailsによるアプリ開発の実践編として,ログイン機能付きスケジューラを作成します。

著者プロフィール

山本善之介(やまもとぜんのすけ)

フリーランスライター。富山県出身。プログラマから編集プロダクション勤務を経て,現在はIT系を中心に執筆活動中。趣味はPHPやVisual Basic,MySQLなどによるプログラミング,時刻表や地図を読むこと。池波正太郎と山本夏彦,小林よしのりのファン。

コメント

コメントの記入