Windows Azureモバイルサービスで始めるスマホアプリ開発

第1回 Windows Azureモバイルサービスの基礎

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Windows Azureモバイルサービスの始め方

Windows Azureサブスクリプションの購買とアクティブ化を行う

Windows Azureモバイルサービスを利用するためにはWindows Azureサブスクリプションの購買とアクティブ化が必要です。Windows Azure サブスクリプション申し込み Step by Stepを参照してお申し込みください。すでにWindows Azureを使用している方は申し込み不要です。

Windows Azure管理ポータルにてサービスの作成

サブスクリプションが有効になりましたら,Windows Azure 管理ポータルにアクセスし,モバイルサービスを作成します。

新規作成

新規作成

モバイルサービスを選ぶ

モバイルサービスを選ぶ

モバイルサービスの作成

モバイルサービスの作成

[URL]は筆者と異なる文字列を入力する必要があります。また,⁠地域]は日本から最も近い「East Asia」⁠東アジア)を選択するとレイテンシーが少ないのでお勧めです。

データベースの設定

データベースの設定

作成中画面

作成中画面

準備完了を確認

準備完了を確認

数分で「準備中」から「準備完了」と表示が変わることを確認しましたら,クリックします。

モバイルサービスの作成完了

モバイルサービスの作成完了

クイックスタート画面が表示されることを確認できましたら,サービスの作成完了です。

次回はこのクイックスタート画面から,マルチプラットフォーム開発環境であるXamarinを使用して実際にアプリを作成したいと思います。

Windows Azure Webサイトハンズオン+Wordpress
徹底解説セミナー参加無料!

数クリックで瞬時にWebサイトが構築できるWindows Azureをハンズオンで体験! 大阪,福岡,仙台開催

URL:http://resocia.jp/skillup/azure/wp/

著者プロフィール

山本誠樹(やまもとまさき)

ブログ:http://nnasaki.hatenablog.com
Twitter:@nnasaki
Facebook:https://www.facebook.com/nnasaki
Github:https://github.com/nnasaki