Windows Azureモバイルサービスで始めるスマホアプリ開発

第3回 Xamarinを使ってiOS向けアプリを開発(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Xcodeに戻ると,⁠QSTodoDetailViewController.h」が追加されていることを確認します。このようにXamarinはXcodeにて変更が行われると動的にファイルを作成します。

XamarinはXcodeにて変更が行われると動的にファイルを作成します

XamarinはXcodeにて変更が行われると動的にファイルを作成します

Xcodeにて,⁠Navigation Controller」で行った操作と同じように「Todo List View Controller」のCellから「Todo Detail View Controller」へcontrolを押しながらドラッグアンドドロップします。

Xcodeにてドラックアンドドロップします

Xcodeにてドラックアンドドロップします

ポップアップが表示されるので,⁠push」を選択します。

「push」を選択します

「push」を選択します

このように画面が3つ繋がるようになれば完成です。Xamarinに戻りアプリを起動してみましょう。

アプリを起動します

アプリを起動します

詳細画面へ遷移する「>」マークが表示されます。

「>」マークが表示されます

画像

行をタップすると詳細画面へ遷移します。詳細情報はまだ何も設定していませんので,空の画面が表示されています。⁠< Back」をタップすると前の画面に戻ります。

「< Back」をタップすると前の画面に戻ります

画像

著者プロフィール

山本誠樹(やまもとまさき)

ブログ:http://nnasaki.hatenablog.com
Twitter:@nnasaki
Facebook:https://www.facebook.com/nnasaki
Github:https://github.com/nnasaki