Webフレームワークの新しい波 Waves探訪記

第2回 Wavesのインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回はWavesのインストール方法について説明していきます。

Ruby

まずRubyがなくてはなりません。最近のほとんどのOSには簡単に目的のプログラムをインストールするためのパッケージ管理システムが付属していますので,それを使うのがシンプル,かつトラブルも少なくて済みます。Fedoraのyum,Debianのapt,FreeBSDのports,MacOS XのMacPortsなどです。これらを利用してRubyの最新版をインストールしてください。

ちなみにWavesの動作にはバージョン1.8.6のRubyが必要になります。最新の1.8.6-p114では,WEBrick(rubyに添付されているWebサーバアプリケーション)の脆弱性が修正されていますので,これ以降のものが望ましいのですが,まだパッケージ化されていないところが多いようですので,WebサーバとしてはWEBrickを使わないようにするなどの対応をとってください。

Windows用にはActiveRubyが,次に説明するRubyGemsもバンドルされていて,使いやすいと思います。ActiveRubyはいち早く1.8.6 p114に対応しています。他にもOneClickRubyが有名ですが,こちらは2007年末から新しいパッケージが出ていません。

ただし,Rubyは問題ないのですが,WindowsではWavesがまだ完全には動作しないようです。現状については後述します。

RubyGems

Wavesは,Rubyのパッケージ管理システムであるRubyGemsを使ってインストールしましょう。比較的新しいRubyのパッケージにはRubyGemsを標準でバンドルしているものもあるようです。もしまだRubyGemsをインストールしていない場合は,RubyGemsのダウンロードページから,ダウンロード,展開して,展開したディレクトリで以下のコマンドを実行します。

RubyGemsのインストール

ruby setup.rb

インストールが完了するとgemというコマンドが利用できるようになります。まずRubyGemsを利用してインストールしたパッケージの一覧を見てみましょう。

ローカルパッケージのリスト

gem list -l

まだ何もインストールしていなければ当然何も表示されません。またサーバ(リポジトリ)に用意されているパッケージの一覧は-rオプションで見ることができます。

Waves

では,RubyGemsを使ってのWavesのインストールです。現時点ではWavesのバージョンは0.7.2で,0.7.3がもうすぐ出そうな感じです。Wavesは関連パッケージが多いのですが,それらも自動的にダウンロード,インストールされます。ただし,何も指定しないと実際にインストールするかどうかそのつど問い合わせがあるので,それが面倒な場合は以下のように-yオプションを使います。

Wavesと関連パッケージのインストール

gem install waves -y

gemのバージョンにもよりますが,最新版では-yオプションがデフォルトで有効になっています。これで関連パッケージがダウンロードされますが,途中で複数のバージョンがサーバ上にある場合に,どれをインストールするか問い合わせが入ることがあります。その場合は適当なバージョン(通常最新版)と,プラットフォームを選択します。プラットフォームはWindowsとそれ以外に分かれていることが多く,LinuxやMacOS Xの場合は単に"ruby"と記されたパッケージを選択してください。

インストールが完了すればwavesコマンドが使えるようになっているはずです。waves --helpとタイプして確認してみてください。

Windows系OSへのインストール時の注意

前述したようにWaves 0.7.2はWindowsの対応が不十分です。例えばwavesコマンド(Ruby on Railsのrailsコマンドに相当。アプリケーションの枠組みを自動的に作る)を実行しても何も生成されません。これはwavesコマンドが内部でUnix系のコマンドを発行しているためです。こうした問題点を修正したものがWaves 0.7.3で,Windowsでの動作を意識したものになっています。

rc2ではまだマイグレーションが正しく行われないなどの問題がありました(Windows XPで確認)。もうじきリリースされる0.7.3の正式版では,Windowsでも問題なく動作することを期待しましょう。

MacOSX系OSへのインストール時の注意

MacOS XにはRubyがバンドルされています。ただしバージョンがやや古いので,最新版のインストールが必要になります。そのためにはMacOS Xのパッケージ管理システムであるMacPortsの利用をお勧めします。MacPortsの利用には,Xcode,X11,X11SDKのインストールが必要です。前もってシステムDVDからインストールしておいてください。

MacPortsは,ダウンロードページから対応するOSのバージョンにあわせて取得し,pkgファイルを実行すればインストールされます。インストール後はportsというコマンドが使えるようになるので,まずはMacPortsを最新版にします。

MacPortsを最新版に更新

sudo port -v selfupdate

次に,Rubyを最新版にします。

Ruby最新版のインストール

sudo ports install ruby

通常MacPortsでインストールしたものは/optというディレクトリの配下に入るので,/opt/local/binを標準のPATHより前に設定しておいてください。

まとめと次回の予定

RubyとWavesは関連パッケージが多岐に渡るので,パッケージ管理システムでインストール,管理するのが現実的です。RubyにはRubyGemsというパッケージ管理システムがあるので,これをメインに説明しました。

次回からはいよいよWavesでアプリを作ってみることにします。

著者プロフィール

松永肇一(まつながけいいち)

株式会社ライフメディア 創造推進部プロジェクトマネージャ。東京都出身。千葉大学工学部での卒論テーマは人工知能関連だったが,富士通に入社後はPCのソフトウェア開発に関わる。"GNU for Towns"のために,リチャード・ストールマンに会いにいくような妙な仕事を経て現職。Ruby on Railsを使ってWebアプリを開発する毎日。ブログは「ma2の日記」。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/ma2/

コメント

コメントの記入