Windows Phoneアプリケーション開発入門

第2回 Windows phoneアプリケーション開発の第一歩

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

はじめに

11月10日に開催された秋冬モデルの新作発表会にて,Windows Mobile 6.5が搭載されたWindows phoneの発表がいくつかありました。

ソフトバンクモバイルからは,Windows Mobile 6.5 Professional搭載の「X02T(東芝社製)⁠と,Windows Mobile 6.5 Standard搭載の「X01SC(Samsung Electronics社製)⁠の2機種が2009年12月以降に発売されるようです。

Windows phoneのエミュレータを使って,これらの端末上で動作するアプリケーションを作成するには,Windows Mobile 6.5向けのSoftware Development Kit(以下SDK)をインストールする必要があります。

X02TとX01SCの話の中でも出たとおり,Windows phoneには異なる種類のエディションがあります。開発の際には自分の作りたい対象のWindows phoneのエディションに合ったSDKをインストールする必要があります。

今回は「Windows phoneアプリケーション開発の第一歩」として,Windows phoneアプリケーションの開発環境の導入を行いましょう。

まずはWindows Mobile OSのバージョンとエディションのお話をします。

Windows phoneのバージョンとエディション

Windows CEカーネルをベースに携帯電話・PDA向けにカスタマイズされたOSを「Windows Mobile」と呼び,Windows Mobile 5.0が搭載されたW-ZERO3(SHARP社製)が日本で発売されたときには,今までにない新しいコンセプトで話題を呼びました。

最近では,日本のメーカーでもSHARP社のほかに,東芝社等もWindows Mobileに対応したスマートフォンを提供してきており,日本でもWindows phoneが盛り上がってきていると感じるようになってきました。

さてW-ZERO3にも搭載されていたWindows Mobile 5.0には,PokectPCとSmartPhoneの2種類のエディションがあります。PokectPCはタッチパネルでの操作に対応し,自由度の高いアプリを動作させることができます。SmartPhoneはタッチパネルを搭載しておらず,ハードキーのみによる操作に対応しています。

Windows Mobile 6.0からはエディションに変更があり,PokcetPCが目的別にClassicとProfessionalに,SmartPhoneはStandardへと名称が変更されました。

このようにOSのバージョンとエディションは複雑なことになっています。それぞれの特徴を下記の表にまとめました。

5.0でのエディション6.0でのエディション電話機能スクリーンタッチ端末の例
PocketPCClassic×WILLCOM 03
PocketPC PhoneProfessionalT01-A,X02T
SmartphoneStandard×X01SC

電話機能が搭載されていないはずのClassicにW-ZERO3シリーズを載せていますが,SHARP社がWindows Mobile標準の電話機能を使わずに,独自の電話アプリを搭載しているからです。この電話アプリについても機会があれば取り上げたいと思います。

Windows phoneアプリケーションの開発に必要なもの

Windows phoneアプリケーションを作りたいので,ここではOSのバージョンをWindows Mobile 6.5,エディションは一般的なProfessionalを開発対象としましょう。

まず開発を行うために必要なものをピックアップしました。

  • Visual Studio 2005 Standard / Visual Studio 2008 Professional 以上
  • ActiveSync / Windows Mobile Device Center
  • .NET Compact Framework 3.5
  • Windows Mobile 6.0 Software Development Kit
  • Windows Mobile 6.5 Developer Tool Kit

Visual Studio

開発環境そのものです。

Visual Studio 2010 Beta2 日本語版もリリースされて使える状態になってますが,Windows phoneアプリケーションの開発には対応していません。現時点ではVisual Studio 2005 Standard Edition,またはVisual Studio 2008 Professional Editionを使う必要があります。

無料で配布されているExpress Editionでは,残念ながら開発することができません。ただし,学生であればMicrosoft Dreamsparkなどのプログラムを使って,無料でVisual Studioを使用することが可能です。また従業員が11人以下でWebアプリを専業としている会社でも,同様のプログラムをやっているので是非利用してみてください。

上記プログラムの対象でもない方でも,約3ヶ月間使える体験版があります。

ActiveSync/Windows Mobile Device Center

Windows phoneを使っていていれば,PCとアドレス帳やスケジュールを同期するためにWindows Mobile Device Center(もしくはActiveSync)が入っていると思います。開発環境を導入するのがWindows XPであれば,ActiveSync 4.5をお使いください。

私は開発環境にWindows 7(64-bit)を使っていますので,以下のWindows Vista以降の64-bit版OS向けのWindows Mobile Device Centerをインストールしました。

図1 S11HTと同期を取ったWindows Mobile Device Center

図1 S11HTと同期を取ったWindows Mobile Device Center

Windows Vista以降で32-bit版OSを使用されている方は,こちらのWindows Mobile Device Centerをお使いください。

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入