Windows Phoneアプリケーション開発入門

第7回 Windows phoneでテキストエディタを作ろう!(5)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

「Windows phoneでテキストエディタを作ろう!」の5回目では,前回まで作ってきたテキストエディタを多くの人に使ってもらえるように,アプリケーションのインストーラーを作ってみましょう。

Windows phone向けのインストールファイルには2種類あり,CAB形式で端末側で実行してインストールするものと,ActiveSyncまたはWindows Device Center経由でPCからインストールするものがあります。

今回は,配布しやすいCAB形式のインストールファイルを作成します。

スマートデバイスCABプロジェクトを追加する

インストールファイルを作成するのはVisual Studio上で簡単に作成できます。ソリューションエクスプローラーから[追加]⁠⁠新しいプロジェクト]を選択します。

図1 新しいプロジェクトの追加

図1 新しいプロジェクトの追加

[その他のプロジェクトの種類]⁠⁠セットアップと配置]⁠⁠スマートデバイス CAB プロジェクト]を選択します。ここではプロジェクト名を「TextEditorSetup」としました。これでインストールファイルを作成するプロジェクトを追加できました。

図2 スマートデバイスCABプロジェクトの追加

図2 スマートデバイスCABプロジェクトの追加

ファイルシステムの指定

次にアプリケーションをどのフォルダに配置するのかを指定します。

まずはTextEditorをアプリケーションフォルダに配置させます。標準で表示されているアプリケーションフォルダを選択して右クリックし,⁠追加]⁠⁠プロジェクト出力]を選択します。

図3 プロジェクトの出力の指定

図3 プロジェクトの出力の指定

プロジェクト出力グループの追加ダイアログが表示されます。

ここではプロジェクトで作成した実行ファイル,DLL,リソース等を追加することができます。⁠プライマリ出力]を選択することでアプリケーションの実行ファイルを追加します。

図4 TextEditorのプライマリ出力

図4 TextEditorのプライマリ出力

ショートカットの追加

ほかのアプリケーションと同様に,インストール後はWindows phoneのプログラム一覧に表示したいですね。追加したアプリケーションへのショートカットを作成します。

図5 プロジェクトへのショートカットの作成

図5 プロジェクトへのショートカットの作成

今のままだと作成したショートカットはアプリケーションフォルダに配置されてしまいますので,プログラムフォルダに移動する必要があります。左側の対象コンピュータ上のファイルシステムを右クリックして,⁠特別なフォルダの追加]⁠⁠プログラムフォルダ]を追加します。

図6 プログラムフォルダの追加

図6 プログラムフォルダの追加

追加したプログラムフォルダに,作成したショートカットをドラッグアンドドロップで移動します。

図7 ショートカットをプログラムフォルダに配置

図7 ショートカットをプログラムフォルダに配置

これでプログラム一覧にTextEditorが表示されます。

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入