Windows Phoneアプリケーション開発入門

第10回 Windows Phone 7 Seriesが登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

3/15に米ラスベガスで開催されたWeb開発者とWebデザイナー向けのカンファレンス「MIX10」において,Microsoftは最新プラットフォームの「Windows Phone 7 Series」を発表しました。

図1 MIX10の基調講演中の会場

図1 MIX10の基調講演中の会場

初日に行われた基調講演の中で,⁠Windows Phone 7 Series」における開発プラットフォームについての詳細を初めて公の場で発表しました。セッションでは実際に試作機を使ったデモが行われました。

「タイル」「ハブ」を使ったまったく新しいデザイン

完全に刷新されたUIは,Windows Mobile 6 シリーズとは一線を画したものになりました。レイアウトや機能,ハードウェアの徹底した標準化により,ビジュアル的にもデバイス的にも魅力溢れるスマートなデザインに生まれ変わりました。

タイル

スタート画面には従来のTodayアプリケーションは存在せず,変わりにリアルタイムでコンテンツの確認が可能なライブタイルと呼ばれる「タイル」を見ます。

図2 スタート画面

図2 スタート画面

例えば,友人がFacebookなどのソーシャルサービスに投稿した日記や,写真を一目で確認することができるのです。

Windows Phone 7 Seriesのもうひとつ特徴として,人々のタスクや行動をサポートする「Windows Phone hubs」という機能があります。6つのテーマによって分類された「ハブ」は,関連するWebサイトやアプリケーションを1つの共通したタスクとしてまとめることができます。

それぞれのテーマは以下のとおりです。

ソーシャルネットワークサービスでの記事など登録した人に関するコンテンツを集め,FacebookやWindows Liveへの投稿をワンステップで行うことを可能にした「People」

図3 People Hub

図3 People Hub

ソーシャルネットワークサービスでの写真やビデオの共有を可能とした「Picture」

図4 Pictures Hub

図4 Pictures Hub

携帯マルチメディアプレーヤーZuneのサブセットを搭載し,PC上のコンテンツを聴いたり見たりできます。楽曲再生機能や音楽配信サービス,内臓のFMラジオを一体化させた「Music+Video」

図5 Music+Video Hub

図5 Music+Video Hub

Xboxで作ったアバターを持ち歩くことができます。高性能なGPUにより,Xbox Liveのゲームや,アバター,実績を携帯電話上で楽しむことができる「Game」

図6 Game Hub

図6 Game Hub

Windows Phone 7 Seriesに対応したアプリケーションやゲームを入手することができる「Marketplace」

図7 Marketplace Hub

図7 Marketplace Hub

外出時の移動中でもOneNoteやSharePointにアクセスし,ドキュメントの閲覧,編集,共有が可能な「Office」

図8 Office Hub

図8 Office Hub

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入