Windows Phoneアプリケーション開発入門

第22回 Bing Mapsで遊んでみよう!(3)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

11月8日にWindows Phone 7がアメリカ,カナダで発売となりました。シンガポールでの先行発売時に手に入れることのできなかった,日本のWindows Phoneファン達にも届き始めているようです。

そのほか,Windows Phone 7関係のニュースとしては,Silverlight for Windows Phone Toolkitの11月度リリースが行われました。今回のリリースの目玉はコントロールの追加です。新しく追加されたコントロールを紹介しましょう。

AutoCompleteBox

テキストを一文字入力するたびに検索結果の候補を絞り込むインクリメンタルサーチ機能を提供するコントロールです。

図1 インクリメンタルサーチ機能

図1 インクリメンタルサーチ機能

LongListSelector

インデックスの項目を選択してジャンプする機能を持ったインデックス付きリスト表現を行うコントロールです。

図2 インデックスで分割されたリストとジャンプ機能

図2 インデックスで分割されたリストとジャンプ機能

ListPicker

複数の項目から一つを選択する場合などに使用できるコントロールです。

図3 色をピックアップするリストの例

図3 色をピックアップするリストの例

Page Transitions

Roll,Rotate,Slide,Swivel,Turnstileの基本的な5パターンの画面遷移アニメーションを提供します。

図4 TurnstileとRollアニメーション

図4 TurnstileとRollアニメーション

「Silverlight for Windows Phone Toolkit - Nov 2010」は,こちらからダウンロード可能です。

地図上に線を引く

マップ上に線を引く場合は,Microsoft.Phone.Controls.Maps名前空間のMapPolylineクラスを利用します。メモリとパフォーマンスの許す限り線を引くことができます。

ただ,線を引き始める位置と終わりの位置は,緯度経度の位置情報で指定するため,複雑な線を引くのには向いていません。

  var polyline = new Microsoft.Phone.Controls.Maps.MapPolyline()
  {
      Locations = new LocationCollection(),
      Stroke = new SolidColorBrush(Colors.Red),
      StrokeThickness = 5
  };
  polyline.Locations.Add(startLocation);
  polyline.Locations.Add(endLocation);
  map1.Children.Add(polyline);

図5 地図上に線を引いてみた例

図5 地図上に線を引いてみた例

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入