Windows Phoneアプリケーション開発入門

第32回 Mangoで追加されたSensorを使ってみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

6月8日に,日本市場を視野に置いたという意味では日本では初めてとなる「Windows Phone Developer Day」が開催されました。Microsoft社の大場氏が,Windows Phoneの日本語版の最新ビルドを使ってデモをしていたのが印象的でした。

画像

MIX11では,次期アップデートの⁠Mango⁠が発表された際に,韓国と日本語が表示され多言語対応が大きく報じられていましたが,最新ビルドでも大きな変更はないようでした。ロック画面に漢数字の縦書きで日時が表示されているのが判ります。

画像

日本のチームが主力になって開発が進んでいるIMEの「カーブフリック」についても最新版を使ってのデモでした。Windows Phone Developer Tools 7.1 Betaに付属のWindows Phone Emulatorでもカーブフリックは使用できますので,インストール済みの方は是非お試しください。

画像

今回のイベントで一番大きな出来事としては,日本独自のプログラムとして開発・評価デバイスの無償提供が発表されました。現段階ではキャリアとメーカーとの調整中ということで,まだ評価デバイスの準備が整っていないようでした。残念ながらその場で配布という形は取られませんでしたが,端末が用意でき次第配布を行っていくことを約束されていました。

画像

「キャリアとの調整」という言葉が出てきており,そろそろ日本での発売も近いのではと推測させてくれるイベントでした。さて,今回はその⁠Mango⁠デバイスから追加されたセンサーについてのお話を書かせて頂きたいと思います。

Windows Phone OS 7.0でのセンサーのサポート

Windows Phone OS 7.0を動かすにあたって,デバイスメーカーが必ず搭載しないといけないとされているセンサーは以下の通りです。

  • 加速度センサー
  • 環境光センサー
  • 接近センサー

(端末間の差別化をしにくくなるというのはありますが)端末側のハードウェア仕様を一律にすることで,OSとしてハードウェアとソフトウェアをシームレスに統合することで,ユーザービリティをより高めることができます。

例えば,環境光センサーがあると周りの明るさに合わせて液晶の明るさを変えて視認性を上げることができますし,接近センサーがあると物体が近付いているのかが分かるので,通話中に耳や頬が液晶に触れて誤操作するのを防ぐことができます。

開発者からの視点で考えた場合には,沢山のセンサーが付いていることで現実世界のデータを取り込み,アプリケーションで処理させることができるので表現の幅が広がります。センサーの仕様が統一されていると端末間での互換性を考える必要がなくなるので,アプリケーションを作りやすくなります。

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入