使ってみよう! Windows Live SDK/API

第9回 Windows Live Writer ―― プラグインの配布

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

プラグインの配布

本連載の第7回第8回ではWindows Live Writer(WLW)のプラグイン開発について紹介しました。今回は作成したプラグインの配布についてです。インストーラを作成し,最後にWindows Live Galleryへの登録も行います。

インストーラの作成にはVisual Studio 2008を使用します。残念ながらVisual Basic/C# Express Editionではインストーラの作成ができません。Starndard Edition以上を利用してください。

インストール方法

【追記】以下の記事中では「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Windows Live\Writer\PluginAssemblies」として進めていますが誤りです。このキーではなく「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Windows Live Writer\PluginAssemblies」と読み替えてください。

プラグインをインストールする方法は2通りあります。

1. WLWのインストールフォルダパスをレジストリから取得する。

第7回第8回の開発で利用してきたようにWLWのインストールフォルダにあるPluginsフォルダにプラグインファイルを配置する方法です。以下のレジストリキー※1にある「InstallDir」のデータを参照します。参照したパスに「Plugins」を付けたパスがプラグインをインストールする場所になります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Live\Writer\

【追記】2008年11月現在のBetaバージョンでは使用できないようです。

2. プラグインのパスをレジストリに登録する。

もうひとつの方法はプラグインを適当なフォルダにインストールし,そのフォルダパスとファイル名をレジストリに登録する方法です。レジストリの以下のキーに文字列値を登録することでWLWからプラグインを参照できるようにします。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Windows Live\Writer\PluginAssemblies

または

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Windows Live\Writer\PluginAssemblies

登録する文字列の値は,任意の名前を付け,その値をプラグインのファイル名を含めた絶対パスにします。

セットアッププロジェクトの作成

本記事では2番目のレジストリにプラグインパスを登録する方法を用います。

まずは,Visual Studio にてセットアッププロジェクトを作ります。WLWプラグインのソリューションにインストーラ用のプロジェクトを追加します図1)。ここでは第7回の記事で作成したプラグインのインストーラを作ります。プロジェクト名はTitlePluginSetupにしました。

図1 セットアッププロジェクトの追加

図1 セットアッププロジェクトの追加

次にセットアッププロジェクトのプロパティを設定します。 ソリューションエクスプローラからプロジェクトを選択し,プロパティウィンドウの値を編集します。

ここでの設定はインストーラ画面で表示される名前にも影響します。Author・Description・Manufacturer・ManufactureUrl・ProductName・Titleなどのプロパティには適当なものを指定してください。また,今回 作成するインストーラはインストールしたユーザ用のものとします。InstallAllUsersプロパティはFalseに指定します。TargetPlatformはx86です。

インストール先の指定

プラグインをインストールする場所を指定します。ソリューションエクスプローラからプロジェクトを選択し,右クリックメニューの表示から「ファイル システム」をクリックします図2)。

図2 ファイルシステムの表示

図2 ファイルシステムの表示

「アプリケーション フォルダ」を右クリックして,メニューから「追加」「プロジェクト出力」を選びます。すると図3のようなウィンドウが開きます。プラグインのプロジェクトが選択されている状態でプライマリ出力を選択し[OK]ボタンをクリックします。

図3 プロジェクト出力グループの追加

図3 プロジェクト出力グループの追加

ファイルシステムタブの右ペインに各ファイルが表示されたと思います。以上によりアプリケーションフォルダと呼ばれる場所※2にプラグインの配置を指定したことになります。ただし,WindowsLive.Writer.Api.dllなどプラグインと依存関係にあるファイルまで含まれていますので,これらを含めないように指定しましょう。各ファイルを選択しExcludeプロパティをTrueに設定します図4)。Excludeプロパティを設定するとファイルシステムタブ内にはプラグインのプライマリ出力のみが表示されます。

図4 Excludeプロパティの設定

図4 Excludeプロパティの設定
※1

Windows Vista 64bit版の場合,32bitアプリケーションの互換性のため実際には次のキーになっています。32bitアプリケーションから上記キーを参照するとリダイレクトされこのキーが参照されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows Live\Writer\

※2

通常はC:\Program Filesの下に配置されます。すべてのユーザ用ではない場合,C:\Users\ユーザ名\AppData\Localになります。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入