使ってみよう! Windows Live SDK/API

第11回 Live Messenger Library ―― オリジナルLive Messengerの作成(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

Windows Live Messenger Library

今回はWindows Live Messenger SDKの中からWindows Live Messenger Libraryについて紹介します。Messenger LibraryはWindows Live Messengerの機能を有したWebアプリケーション作成のために利用するJavaScriptのライブラリです。Webページ上に限定されますが,Messenger Libraryを利用するとLive Messengerと同等の機能を実装することができます。

前回紹介したIM Controlは,ブログなど自分で編集や管理が可能なWebサイト上にLive Messengerのプレゼンスを表示でき,またメッセージの送受信も可能にしました。ただし,IM Controlの設置にはiframeタグを利用しており,Webサイトの訪問者は実際にはlive.comドメイン下のWindows Liveサービスのサーバと通信をしていました。それに対して今回のMessenger Libraryでは,訪問者は訪問したWebサイトを通じてWindows Liveサービスにアクセスします。Messenger Libraryを利用したWebサイトは,送受信されるメッセージの内容やコンタクトリスト情報の取得も可能になります。そのため,Webサイト側は訪問者からWebサイト(ドメイン)に対してLive Messenger利用の許可を承諾してもらう必要があります。

Sign-in Control

Webサイトの訪問者が,Webサイトに対してLive Messengerの利用を許可する点が通常のLive Messengerと異なります。その役割およびLive Messengerへのサインインを担うのがSign-in Control図1と呼ばれるものになります。

図1 Sing-in Control

図1 Sing-in Control

訪問者はSign-in Controlを用いてサインインを行います。Sign-in Controlの[サインイン]ボタンをクリックすると,ウィンドウが新たに開きWindows Liveサービスのページへと移動します。Windows Live IDアカウントでのサインイン後,サインイン方法の設定ページが表示されます図2)。訪問者は,今後Webサイトにアクセスするたびに自動的にサインする,または手動でサインインするかを選択し,その設定の保存,もしくはキャンセルの操作ができます。設定を保存した場合,そのままサインイン処理へと進みます。Webサイトには認証処理が完了したことが通知されます。

図2 サインインの設定

図2 サインインの設定

実際にMessenger Libraryを利用したサンプルがSDKに用意されており,http://wlmlhelloworld.mslivelabs.com/Default.htmにて参照することができます。

Messenger Libraryがどのようなものか把握するには一番手っ取り早いでしょう。ソースコードのダウンロードもできます。

開発環境

Messenger Libraryを利用した開発をするにあたり,以下の環境が必要になります。

  • ふたつのWindows Live IDアカウント
  • Windows Live Messengerクライアント
  • WebアプリケーションをホストするドメインのあるWebサイト

開発言語はJavaScriptを使用します。HTMLとJavaScriptを記述するだけですので,テキストエディタでファイルを作成しWebサイトへアップロードできさえすれば開発は可能ですが,本連載では開発の利便性のため以下の環境も使用します。

Webアプリケーションを開発する場合,localhostドメインを使用しローカルサーバでアプリケーションを実行する方法が一般的だと思います。しかし,Messenger Libraryを利用する場合,Windows LiveサービスのサーバからWebアプリケーションへのアクセスが必要であるため,localhostは使用できません。作成したスクリプトをWeb上へアップロードするのでも構いませんが,開発用PCをWebサーバとして公開したほうが便利だと思います。WebサーバにはIISを使用し,ドメインについてはDDNSを利用するとよいでしょう。DDNSは無料でサービスしているところもあるので個人で開発するには有用だと思います。もちろん開発用に固定IPとドメインが用意できればDDNSを利用する必要はありません。本連載ではサーバ設定について詳しくは説明しませんが,開発の際のポイントだけ説明します。

DDNSによるドメイン名を利用することによりLiveサービスサーバから開発用PCにアクセスが可能になりますが(ルータやIISの設定は当然ながら必要です),同じドメインを利用して開発用PCからは通常そのままではアクセスできません。開発用PCからアクセスする場合は自PCを示すIPアドレス(127.0.0.1)にそのドメインを対応付けます。設定はhostsファイルを編集することで行います。hostsファイルは「%SystemRoot%\System32\drivers\etc\hosts」にあるのでメモ帳などのテキストエディタで開き,図3のように「127.0.0.1 ドメイン名」の1行を追加します。Windows Vistaの場合は管理者として実行したエディタを使用してください。既にhostsファイルには「127.0.0.1 localhost」の記述があり,localhostが127.0.0.1と対応付けられていることがわかります。

図3 hostsファイル

図3 hostsファイル

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入