使ってみよう! Windows Live SDK/API

第26回 Live FrameIt SDK ── 仮想フォトフレームの作成(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

はじめに

前回から久しぶりの更新となりました。使ってみよう! Live Frameworkのほうはしばらくお休みして,またしばらくの間,この連載を再開したいと思いますのでよろしくお願い致します。

さて今回は,Windows LiveのSDKを利用して仮想フォトフレームを作りたいと思います。仮想フォトフレームという言葉は一般的ではないようで筆者が勝手に定義したものですが,PC上で動作するデジタルフォトフレーム アプリケーションです。ハードウェアとして実体はありません。スライドショー機能のある画像ビューワーと違いがなさそうですが,今回作るアプリケーションはWindows Live FrameItというデジタルフォトフレーム用のWebサービスと連携し,サービスに対し実際のデジタルフォトフレームのように振る舞うところが画像ビューワーとの違いです。

開発環境および言語はVisual Studio 2008とVisual Basicを使用します。無償のVisual Basic Express Edition SP1でも開発可能ですので是非お試しください。またVB.NETを使用していますが,Live FrameItの利用は.NET Frameworkに依存した内容ではありません。HTTP接続およびXML処理さえできればどの言語でも利用可能です。

Windows Live FrameIt

Windows Live FrameIt図1はデジタルフォトフレーム向けのWebサービスで,日本では2009年4月からベータ版として開始しています。簡単に説明するとWebサイト上でユーザーがデジタルフォトフレームに表示したい写真を選択し,デジタルフォトフレームへ配信できるというサービスです。

図1 Windows Live FrameIt

図1 Windows Live FrameIt

Live FrameItの特徴のひとつは,配信する写真を多様なソースから選択・組み合わせできることです。ソースにはオンラインストレージのWindows Live SkyDriveにアップロードした写真,検索サービスのBingによる画像検索結果,各種写真共有サービスなどがあります図2)⁠

図2 写真共有サービスの選択

図2 写真共有サービスの選択

また,写真だけでなく天気予報やニュースなどの情報も画像として配信することができ,フォトフレーム上でそれらの情報を確認することができます。図3はフォトフレームへ配信する内容をWebブラウザでプレビュー表示したものです。

図3 天気予報の配信

図3 天気予報の配信

ユーザーはこれらのソースを選択し,コレクションという単位でグループ化して管理します。それぞれのソースに対して各種設定およびスケジューリングできることも特徴です図4)⁠例えば,平日の朝は天気予報とニュースを配信しそれ以外は複数の写真共有サービスの内容を配信するといったことができます。

図4 ソースの設定

図4 ソースの設定

このほかにも,ソース内の表示する画像の数や順序,有効期限の設定などが可能です。

以上のようにLive FrameItを利用すると,ユーザーはWebサイト上の操作でデジタルフォトフレームに表示する細かな設定,天気予報やニュースなどの情報が利用できるようになります。デジタルフォトフレーム側はLive FrameItに対応することで,このような機能の実装や設定の記憶領域を用意する必要がなくなります。

Windows Live FrameIt SDK

Windows Live FrameIt SDKは,Live FrameItを利用したデジタルフォトフレーム製造のための機器メーカー向けのSDKです。ただし,SDKの入手や利用は個人でも可能ですので,今回はこれを利用してLive FrameItに対応したアプリケーションを作ります。SDKの内容にはブランドロゴのライセンシングの手続きなども含まれていますが,本連載では扱いません。本連載では,Liveサービスに興味のある個人の方を対象とした内容とします。

Live FrameIt SDKはhttp://frameit.live.com/Partnersからダウンロードしてください。SDK内には各種文書およびサンプルプログラムなどが含まれています。Live FrameItはデジタルフォトフレーム用のWeb APIを用意しています。APIはSOAPと呼ばれる通信プロトコルを使用しています。これから作成する仮想フォトフレームは,このAPIを利用して各種ユーザー情報を取得して動作することになります。

SDKには,再配布可能なFrameIt Client PowerToyというアプリケーションも含まれています。これは,Live FrameItと同期しコレクションの内容をPCへ保存するアプリケーションです図5)⁠FrameIt Clientのプラグインを作ることもでき,ダウンロードした画像をデジタルフォトフレームへ送信するために利用できます。

図5 FrameIt Client PowerToy

図5 FrameIt Client PowerToy

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入