使ってみよう! Windows Live SDK/API

第31回 Live Labs Pivot(1/2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

Live Labs Pivot

先月開催された開発者向けイベント「Microsoft PDC 09」にて,PivotというLive Labsの新しい研究プロジェクトが発表されました。今回から2回に渡りこのLive Labs Pivotを紹介します。

Pivotは,Web上の大量の情報を閲覧・探索する新しい方法であり,これまでのWebブラウザや検索エンジンとは異なった,新しいアプリケーションとしています。また,情報の集合を視覚化し,情報の中に隠れているパターンが見え,本質の発見にも作用するとしています。

使ってみようPivot

Pivotの入手

Pivotは現在,Technical Previewバージョンとしてダウンロードページからダウンロードができますが,制限がいろいろとあります。

推奨環境はWindows Aeroが有効なWindows 7,2GHz以上のx86 CPU,2GB以上のメモリとなっています。これ以外に対応する環境はWindows Aeroが有効なWindows Vistaです。また,公式には英語版Windowsのみ対応ですが,筆者の日本語環境では動作しています。

さらに,256MB以上のビデオメモリ搭載のビデオカードを必要とし(Intelのグラフィック統合チップセットによる動作は非サポート)⁠.NET Framework 3.5 SP1とInternet Explorer 8がインストールされている必要があります。

そして,インストール時にインストール用のコードが必要になります。このコードは同じページの「NEED AN INVITE?」ボタンをクリックし,電子メールアドレスを通知することで入手できます。すぐに送られてくるものではありませんが,筆者の場合1日以内にメールが送られてきました。

Pivot Collection Gallery

インストールできる環境にある方は,ぜひ実際に試してみてください※1)⁠動作環境のない方や,すぐに確認したい方は,PivotのWebサイトに動画による紹介がありますので,これを見るのが手っ取り早いでしょう。

※1

ただし,技術評価目的で正式リリースされているアプリケーションではありません。インストールは自己責任でお願いします。

図1がPivotの画面です。Pivot用のサンプルコンテンツがあらかじめいろいろと用意されています。Pivot Collection Galleryから適当なものを選択すると閲覧できます。

図1 Pivot Collection Gallery

図1 Pivot Collection Gallery

実際に操作するか動画を見ないことには,おもしろさやユーザーエクスペリエンスがほとんど伝えられないのですが,どのように使用するのか図を使って紹介します。

アイテムビューとグラフビュー

図2がサンプルのコンテンツのひとつを閲覧したところです。ある集合を図のように画像の集合として一覧できます。Pivotで扱うデータは今のところ画像として表示できるものに特化しています。Pivotでは,このように一覧できる特定の集合をコレクションと呼びます。

図2 コレクションの表示(アイテムビュー)

図2 コレクションの表示(アイテムビュー)

右上のボタンをクリックすることで表示方法を切り替えられます図3)⁠また,並び順は左上の「Sort」から選択でき,グラフビューのときは図のように分類されて表示されます。

図3 コレクションの表示(グラフビュー)

図3 コレクションの表示(グラフビュー)

フィルターパネル

ウィンドウ左側のパネルを使用して,表示するアイテムをフィルタリングが可能です図4)⁠キーワードの入力や,フィルタリングする項目によってチェックボックスやスライダーなどを使い,表示するアイテムを選択できます。

図4 フィルターパネル

図4 フィルターパネル

このフィルタリングできるグループは,並び順の項目と一致していることがわかります。

インフォパネル

マウスのホイール操作や画像をクリックすることによって,自由にズームができ,特定のアイテムを選択できます図5)⁠アイテムを選択した状態では右側にさらに詳細な情報が表示されます。

図5 インフォパネル

図5 インフォパネル

アイテムの関連するWebページがある場合,そのWebページへの移動もできます。現バージョンのPivotは多くの制限がありますがWebブラウザとして働き,Pivot用のコンテンツがあるWebサイトでは,上記で紹介した操作ができるように作られています。

以上のようにPivotを使用すると多くの情報を一覧したり,フィルタリングしたり,そして,ひとつをピックアップしたりすることができます。静止画ではまったくわかりませんが,各種操作時には画像がなめらかにズームや移動をしています。この動作も新しいユーザーエクスペリエンスの一要素を担っているといえるでしょう。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入