使ってみよう! Windows Live SDK/API

第33回 Live Messenger Web Toolkit──WebサイトにLive Messenger機能を追加(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Live Messenger Web Toolkit

今回からはLive Messenger Web Toolkitを紹介します。Live Messenger Web Toolkitとは,2009年3月にMIX09というMicrosoftによる開発者とデザイナー向けのイベントで発表された,Windows Live Messenger機能をWebサイトに組み込むことのできるコントロールとライブラリーです。

Live Messenger Web Toolkitは,開発者に提供されているものをそのまま利用しているわけではないですが,Windows Live HotmailのWebサイトで利用されているのを見ることができます図1)⁠

図1 Live Hotmail上のLive Messenger

図1 Live Hotmail上のLive Messenger(1)

図1 Live Hotmail上のLive Messenger(2)

Web Toolkitを利用すると,PCにインストールして使うLive Messengerと同じ機能を簡単にWebサイトに付け加え,Live Messengerと連携できます。Live HotmailのようにLive MessengerそのものをWebサイトに付け加えるほかにも,ユーザーのプロフィール情報を利用してWebサイトにユーザー名を表示することや,コメントを残すときにも利用できるでしょう。コンタクトリストを利用してSNSのようなWebサイトも可能かもしれません。ゲームなどのメッセージング機能としても使えそうです。ぜひ連携したおもしろいWebアプリケーションを作ってみてください。

UI ControlsとLibrary

Live Messenger Web Toolkitは,複数のコントロールとライブラリーから成っています。Live Messenger Web Toolkitを利用してLive Messengerと統合したアプリケーションを作るには次のふたつの方法が用意されています。

Live Messenger UI Controls

ひとつめは,Live Messenger UI Controlsを使う方法です。UI Controlsは,Live Messengerの各機能を実現するHTMLベースのコントロール群です。たとえば,表示アイコンのコントロールや,コンタクトリスト,名前の表示および編集可能なコントロール,オンラインや退席などの状態を表示・編集するものなどがあります図2図3)⁠

図2 Profile コントロール

図2 Profile コントロール

図3 コンタクトリスト コントロール

図3 コンタクトリスト コントロール

いずれもJavaScriptやCSSにより実現しようとすると手間なものばかりですが,あらかじめ多数の高機能なコントロールが用意されており,開発者はこれらの必要なコントロールだけを選択して利用できます。

また,利用はJavaScriptなどのコードを書く必要はなく,XHTMLページにコントロールのタグを追加するだけでLive Messengerとの統合が可能です。Live Messenger UI Controlsは,Live Messenger Web Toolkitの大きな特徴のひとつです。

Live Messenger Library

もうひとつの方法はLive Messenger Libraryを使う方法です。Live Messenger LibraryはJavaScriptのライブラリーです(Script#というコンパイラを用いてC#のコードから生成されています)⁠

UI Controlsでは実現できないLive Messengerとの連携や制御を行いたい場合に使用します。UI Controls自身もこのライブラリーを内部では使用しています。UI ControlsとLibraryの両方を併せた使い方ももちろんできます。見た目はすでに用意されているリッチなUI Controlsを活用し,Libraryによってメッセージ送受信時に特定の処理を行うといったこともできます。

実はこのLive Messenger Libraryについては,本連載の第11回で紹介しています。ただし,当時から大幅にアップデートも行われ,高機能で使いやすいものになっています。再度この連載でUI Controlsと併せて紹介したいと思います。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入