使ってみよう! Windows Live SDK/API

第44回 Windows 8でWindows Liveが加速! Live Connectで連携アプリの作成!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

Windows 8 & Windows Live!

2011年9月13~16日の間(現地時間),カリフォルニア州でMicrosoftの開発者向けカンファレンスBUILDが開催されました。目玉はWindows 8(仮称)の情報ですが,Windows Liveの情報も出てきました。Windows 8ではWindows Liveサービスとの連携が強化され,WindowsからクラウドストレージとしてSkyDriveを利用したり,WindowsのログインにもWindows Live IDが使用できたりと,重要なサービスとなっています。また,Windows 8からの新しいアプリのスタイル,Metro Styleに対応したMailCalendarなど各種Windows Liveのアプリが公表されています。

Metro Styleのアプリは下記の動画から参照できます。

Windows 8のPre-beta版のWindows Developer Previewをダウンロードした方も多いかと思いますが,残念ながらWindows LiveのアプリはまだDeveloper Previewには含まれていません。

Live Connect!

そして,Windows Liveの新しいAPI・SDKも公表されました。第42回から紹介しているMessenger Connectが,Live Connectと名称を新たにしています。Live Connectは,Windows Liveに関するAPIとコントロールのコレクションで,Windows Live IDによるシングルサインオンや,SkyDrive,Hotmail,Messengerなどのユーザーデータへアクセスでき,Windows Liveと統合したアプリ開発を可能にします。

アプリがユーザーからアクセス許可を得る認可方法は,標準的なプロトコル,OAuth 2.0を利用します。データアクセスはREST APIを利用し,HTTPメソッドとJSON形式のデータでやり取りします。Webブラウザーベースのアプリ向けにはJavaScript APIの利用でより簡単にデータアクセス可能です。

Live Connectでは,以前のMessenger Connectの内容はほぼそのままに,新たな機能が追加される見込みです。この連載で紹介した内容も問題なく使えます。新機能に関する内容は,Technical PreviewとしてLive SDKが公開されています。Live SDKには新しく提供されるAPIリファレンスなどが含まれています。

公表されたLive Connectの主な新しい機能は次の通りです。

SkyDrive

ついに,SkyDriveのファイルの操作が可能になります。現在は写真のダウンロードのみですが,フォルダやファイルの作成や削除などの操作が可能になり,さらにコメントとタグの参照もできるようになります。

Calendar

現在は,イベントの追加のみ可能ですが,イベントの参照や更新,削除もでき,一般公開されているカレンダー情報も参照可能になります。

Live Messenger

インスタントメッセージングの標準的なプロトコル,XMPPによって,Webやモバイル,デスクトップアプリから,Live Messengerとやりとりするアプリ開発ができます。

Metro Style App

Windows 8のMetro StyleやWindows Phoneアプリのサポートが追加されます。これまでのJavaScript APIによるWebブラウザーベースのアプリも引き続きサポートされます。新しいManaged APIによってC#などでの開発も容易になり,モバイルやデスクトップアプリなど多様な形式のアプリ開発が簡単にできるようになります。

その他,ユーザーのコンタクト情報の追加なども可能になります(これらの内容は正式バージョン前の内容ですので,変更される可能性があります)。

Live SDKはMicrosoft Connectから入手できます。残念ながら,執筆時点のBUILD開催期間中では,新しいAPIのドキュメントなどが公開されているのみで,実際に多くのサービスは機能していません。サンプルコードも準備中となっています。提供され次第,この連載でも順次紹介していきたいと思います。

アプリのパーソナル化

さて,前回からの続きの内容です。今回はJavaScript APIを利用して,Webブラウザーベースのアプリを作成します。Live Connectを利用すると,ユーザーのさまざまな情報を取得できます。今回は,ユーザー情報に関する部分を紹介します。

Windows Liveサービスでユーザー自身の情報にはどんな内容があるか知っていますか? 図1はユーザーのプロフィール内容です。

図1 ユーザープロフィール

図1 ユーザープロフィール

プロフィールに設定できる内容すべてを取得はできませんが,名前や住所,生年月日,そしてメールアドレスなど基本的な情報は,APIで取得可能です。Windows Liveで使用されているユーザー固有のIDも取得できます。

IDを利用すると,ユーザーごとにアプリの見せ方を変えることもできますね。JavaScript APIを利用したWebブラウザーベースのアプリでは,アプリの取得した値が改ざんされているおそれもあるため,使いどころは少し考える必要があります。サーバーサイドのアプリ開発については次の機会に紹介します。

また,アプリのユーザー情報の登録画面で,Windows Liveのユーザーデータを利用し,入力の手間を省略するといったケースにも使えます図2)。

図2 ユーザー情報の登録での利用

図2 ユーザー情報の登録での利用

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入