デベロッパー必見!WordPress開発 A to Z

第2回 WordPress用開発環境を整える(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回仮想環境上にUbuntuをインストールし,サーバOSを整備します。

Ubuntu 6.06 のインストール

VirtualBoxの仮想マシンにインストールするUbuntuをダウンロードします。

Ubuntu 6.06.2 LTS(Dapper Drake)
http://releases.ubuntu.com/6.06/

UbuntuがPHP4をパッケージに採用しているのはDapperまでです。今回はUbuntuのパッケージ管理システムで簡単に環境を整えるのが目的の1つなのでUbuntu 6.06をインストールします。6.06には日本語版のデスクトップイメージもありますが,今回は,WordPressの開発環境を整えるのが目的ですので,最終的には直接アクセスするようなことはほとんどなくなります。デスクトップにアクセスしない今回のような状況では,デスクトップ環境を整えてもリソースが無駄になるだけですので,サーバ環境だけを構築します。

今回はホストOSがWindowsですので,32ビットならばubuntu-6.06.2-server-i386.isoを,64bitならばubuntu-6.06.2-server-amd64.isoをダウンロードしてください。

画像

ダウンロードが完了したら,VirtualBoxに戻り⁠新規⁠をクリックします。

ゲストOSをインストールするためには⁠仮想マシン⁠が必要になります。⁠新規⁠ボタンは仮想マシンを新規に作成するための新規仮想マシン作成ウィザードを開始します。

新規仮想マシン作成ウィザードが開始したら,次へをクリックして次のステップに進みましょう。

画像

仮想マシン名を「Ubuntu-6.06」に,OSタイプをLinuxのUbuntuにして次のステップに進みます。

画像

仮想マシンで利用する仮想ディスク(後述)は仮想マシン名を元に自動的に生成されます。仮想ディスク名にはスペースを含めることができませんので,仮想マシン名にもスペースを含めないよう注意してください。

前のステップでLinuxのUbuntuを選択しましたが,その選択に基づいて推奨されるメモリ量を自動的に選択してくれていますので,ここではそのまま次のステップに進んでください。

画像

今回作成する仮想マシン用のハードディスクを作成するかどうかを指定します。インストールしたばかりで仮想マシン用のハードディスクは作られていませんので,新規ハードディスクの作成を選択したまま次のステップに進みます。

画像

新規ハードディスクの作成を選択すると,新規仮想ディスク作成ウィザードが開始します。紛らわしいですが新規仮想マシン作成ウィザードとは別物です。

そのまま次のステップに進んでください。

画像

仮想ディスクのタイプを選択します。ハードディスクの容量が少ないなど,仮想マシンが占有するハードディスク容量をコントロールしたい場合は固定サイズの方が良いかと思いますが,基本的には何も考えずに⁠可変サイズのストレージ⁠を選択して次のステップに進んでください。

画像

可変サイズにしておくとゲストOSが求めるハードディスク容量に対して自動的にサイズを変更してくれるのでとても楽です。固定にしてディスク容量が足りなくなると,仮想ディスクイメージファイルのマージという手間のかかる作業が必要になりますのでご注意ください。

場所もサイズも基本的にはそのままで問題ありません。ただし前述の通り,仮想マシン名にスペースを入力しているとエラーになり先に進めなくなります。そのような場合にはスペースを削除して次に進んでください。

画像

完了をクリックすれば仮想ディスクの作成は完了します。

画像

著者プロフィール

林亮(はやし りょう)

株式会社SPaiS代表取締役。

URLhttp://twitter.com/spais

コメント

コメントの記入