ZendFrameworkで作る『イマドキ』のWebアプリケーション

第5回 Zend Framework 1.8と新しいZend_Tool

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

ZendFramework 1.8が2009/4/30にリリースされました。この連載ではZend Framework 1.7を利用してきましたが,今後は1.8を利用します。Zend Framework 1.8は基本的に下位互換です。

それでは1.8の主な新機能を簡単に紹介します。

Zend Framework 1.8の新機能

Zend Framework 1.8の主な新機能は次の通りです。

Zend_Tool
プロジェクト,コントローラ,アクション等のスケルトンコードの自動生成
Zend_Application
アプリケーションのフレームワーク
Zend_Navigator
ナビゲーション
Zend_CodeGenerator
コード生成のフレームワーク
Zend_Serivce_Amazon_Ec2
Amazon EC2サービス用のインターフェース
Zend_Service_Amazon_S3
Amazon S3サービス用のインターフェース

このほかにも多数の機能が追加され,200以上のバグが修正されています。

この連載では1.7に付属していたZend_Toolプレビュー版のコマンドであるzfスクリプトを利用してきました。プレビュー版ということもあり,本来使えるはずのコード生成機能が使えませんでしたが,正式リリースとなりすべての機能が利用できるようになりました。

図1 zfコマンドのヘルプ画面

図1 zfコマンドのヘルプ画面

1.7と1.8のzfコマンドの違い

1.8のzfコマンドでプロジェクトを作成した場合,UNITテスト用のディレクトリが作成されたり,基本的なエラー処理を行うエラーコントローラやビューが用意されるようになりました。プロジェクトを生成して自動的に作成されるデフォルトページも,テキストだけだったものがグラフィックを含んだページに更新されています。

図2 デフォルトのページ

図2 デフォルトのページ

最も重要な違いは,プロジェクトを生成した時にコピーされていたZend Frameworkライブラリがコピーされなくなったことです。シンボリックリンク等を使って,Zend Frameworkのファイルを保存しているZendディレクトリにアクセスできるようにしなければなりません。

Zend Framework 1.8のインストール

ZendFrameworkのダウンロードページから1.8をダウンロードします。

執筆時点(2009/5/9)ではプレビューリリース版のダウンロードページと記載されていますが,ダウンロードできるファイルは正式版のZend Framework 1.8.0です。

今回から/wwwディレクトリにZendFrameworkを展開することにします。

[framework@localhost $ cd /www
[framework@localhost www]$ tar zxvf ZendFramework-1.8.0.tar.gz

新しいzfコマンドの使い方

新しいzfコマンドは従来通りシンボリックリンクでパスが通っている場所へリンクを作ってからも利用できますが,マニュアルとチュートリアルには直接スクリプトを実行するように記載されています。好みの方法で起動するとよいでしょう。

[framework@localhost www]$ ZendFramework-1.8.0/bin/zf.sh --help

を実行するとヘルプが参照できます。

プロジェクトの作成

  • zf create project path

でプロジェクトが作成できます。プロジェクトを作成してみましょう。

[framework@localhost www]$ ZendFramework-1.8.0/bin/zf.sh create project test

プロジェクトファイルの中身は

[framework@localhost www]$ ls -R test
test:
application  library  public  tests

test/application:
Bootstrap.php  configs  controllers  models  views

test/application/configs:
application.ini

test/application/controllers:
ErrorController.php  IndexController.php

test/application/models:

test/application/views:
helpers  scripts

test/application/views/helpers:

test/application/views/scripts:
error  index

test/application/views/scripts/error:
error.phtml

test/application/views/scripts/index:
index.phtml

test/library:

test/public:
index.php

test/tests:
application  library  phpunit.xml

test/tests/application:
bootstrap.php

test/tests/library:
bootstrap.php

となっており,testディレクトリにテスト用コードが配置され,Zend Frameworkライブラリファイルがコピーされていないことがわかります。Linuxなどのシステムではシンボリックリンクが便利なのでリンクを作ることにします。Windowsの場合はコピーしてしまうほうが簡単です。

著者プロフィール

大垣靖男(おおがきやすお)

University of Denver卒。同校にてコンピュータサイエンスとビジネスを学ぶ。株式会社シーエーシーを経て,エレクトロニック・サービス・イニシアチブ有限会社を設立。
オープンソース製品は比較的古くから利用し,Linuxは0.9xのころから利用している。オープンソースシステム開発への参加はエレクトロニック・サービス・イニシアチブ設立後から。PHPプロジェクトでは,PostgreSQLモジュールのメンテナンスを担当している。

URLhttp://blog.ohgaki.net/

著書

コメント

コメントの記入