Android Weekly Topics

2013年9月第1週 Nexusシリーズが出揃った……が,価格差はなんとかならないものか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Nexus 7の国内販売が開始されました

アメリカで先行発売されていた2013年モデルNexus 7が,日本でも8月28日に販売が開始されました。すでに入手して堪能されている方が多いのではないでしょうか。

Google Playで販売されているNexus 7

Google Playで販売されているNexus 7

彼の地では,フライング発売されていましたが,正式な発売日は7月26日なので,1ヵ月も待たずして国内販売が開始されたことになります。

2012年モデルは,2012年7月13日にアメリカで発売されて,国内発売は,2012年9月25日なので,3ヵ月程度遅れての発売でした。今回はかなり早かったと言えます。

8月28日に発売されたのは,16GBと32GBのWi-Fiモデルで,Wi-Fi+LTEモデルは,9月中旬以降の発売とされています。回線内蔵のモデルが欲しい方は,もう少しの辛抱ということになります。

少しおもしろいのは,auが2013年モデルのNexus 7を,全国のauショップで取り扱うことを発表しました。Wi-Fi版以外にもLTE版を取り扱うのでは?と邪推しましたが,Wi-Fi版のみの取扱いで,LTE版の発売は行わないとしています。筆者は,au 4G LTEに対応した,Nexus 7を体験してみたいので,少し惜しい気もします。Nexus 7のLTE版は,マイクロSIMカードを採用したSIMロックフリーのモデルです。また,対応周波数もauのiPhone 5が使っている,2100MHzの周波数を使っているので,SIMカードを差し替えれば使える可能性はあります。

割高感がある価格設定

2012年モデルは,16GBが19,800円からと戦略的な価格を設定されました。この価格が,Nexus 7の人気の要因のひとつでもありましたが,2013年モデルは,16GBが27,800円からと大幅な値上げとなっています。2013年モデルになって,端末のスペックが大幅に向上しているので,価格だけを見てうんぬんというのは,誤解を生むことになります。

ただ,アメリカの販売価格が229ドルからで,原稿執筆時点の為替レート(98.17円)で換算すると,22,480円ほどとなるので,比較すると5,319円ほど高いことになり,日本では割高感があります。嫌らしい見方をすれば,戦略的な値付けをしても,日本では極端な市場拡大が期待できないし,少々高めの設定でも間違いなく売れる。という思惑が見えない分けではありません。24,800円くらいの価格設定であれば,納得できる価格差ですが,安定して供給できるようになれば,値下げが行われるのかもしれません。

Nexus 4の発売も開始されました

また,Nexus 4が,2012年11月13日にアメリカで発売されて,大凡8ヶ月遅れの,2013年8月30日に国内でも発売が開始されました。販売されるのは,SIMロックフリー版で,価格は,49,800円となっています。なぜか,Google Playでは販売されず,販売店経由のみとなっています。

簡単にスペックに触れておきます。搭載OSは,Android 4.3,CPUは,Snapdragon S4 Pro 1.5GHz,4.7インチ,1280×768のIPS液晶,3G通信(UTMS/HSPA/HSPA+)⁠2GBのRAMを搭載,ストレージは16GBとなってなっています。

Google Playでは販売されないが,ようやく日本でも購入できるようになったNexus 4

Google Playでは販売されないが,ようやく日本でも購入できるようになったNexus 4

Nexus 4がアメリカで発売が開始されてから,半年以上が経過しているので,新鮮味に欠けるのと,LTEにも対応していないので,いまさら感はありますが,GALAXY Nexusの後継機を日本でも手にできるようになりました。ただ,タイミングが悪いことに,アメリカでは大幅な値下げ販売が行われており,日本で発売された16GBモデルが249ドルなので,日本円に換算すると,24,444円ほどとなります。25,356円の価格差になり,もう少し足せば,2013年モデルのNexus 7が購入できそうです。アメリカの価格改定と足並みがそろわないのは理解できませんが,しばらくすると,値引き販売が行われて同じ価格帯になるのかもしれません。

ようやくNexusシリーズが揃いました

Nexus 4が販売開始されたことで,国内でも,ようやくNexus 4,Nexus 7,Nexus 10と全てのシリーズが揃いました。Nexus 4は,Google Playで購入できないので,いびつな販売方法になりましたが,ユーザは,好みのPure Googleの端末を選んで購入できるようになり,アメリカのユーザと同じレベルになりました。

外車のように,国によってアフターサービスのレベルが違うのであれば,価格差があったり,発売時期が変わるのも納得できますが,そうでない現状では,アメリカとの価格差を縮める努力をお願いしたいのと,販売時期をアメリカと同時にする努力をしてほしいものです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入