Android Weekly Topics

2013年9月第3週 色とりどりなのが,ローエンドの証し?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

iPhone 5cの登場で,さまざまな動きが出た1週間でした。

色とりどりなのが,ローエンドの証し?

日本時間9月11日に,Appleがカラフルな外装を持つ「iPhone 5c」を発表しました。

一世代前のiPhone 5と同等スペックですが,グリーン,ブルー,イエロー,レッド,ホワイトのカラーバリエーションで,iOSの壁紙までが端末カラーとそろっている凝りようです。端末の裏面は,綺麗に磨き上げられたクルマのボディーのようで,滑らかに輝き,他とは違うオーラーを放っています。

筆者は,グリーンかイエローはが気になる。皆さんは,いかがでしょうか

筆者は,グリーンかイエローはが気になる。皆さんは,いかがでしょうか

アップル - iPhone 5c

iPhone 5cは,中国やインド市場へアプローチする端末とされています。

しかし,その中国の反応は「高い」という声もあるようです。端末価格を比較してみると,東洋のAppleと言われるXiaomiの最新端末「Mi-3」は1,999元(2013年9月時点で約32,000円)で販売されています。一方のiPhone 5cは,16GBモデルが4,488元で,2倍以上の価格設定です。高いという声が出るのも当然です。しかし,Apple自ら,高い利益率を圧迫して,Androidと価格競争をするような戦略は取らないでしょうし,Appleは,IT機器をカジュアルなイメージで売ることができる数少ないメーカなので,しごくまっとうな戦力を整えてきたと言えるのかもしれません。

余談にはなりますが,この業界は,廉価版や普及版となると,多色展開になる傾向があります。たとえば,先で紹介したXiaomiの普及版「Mi-2」も,5色のカラーバリエーションで展開されており,iPhone 5cと同じです。色がは,シェアを広げるの重要な要素となるのでしょうか。

戦略転換をする秋

NTTドコモがiPhoneを取り扱うことを発表しました。これを,ようやくと見るか,いよいよと見るかは,人それぞれですが,NTTドコモは,Androidを主力モデルとしていたキャリアでした。先んじて,iPhoneを取り扱っているソフトバンクやauと同様に,ドコモもiPhoneを主軸に置いた戦略をとる可能性が考えられます。この流れに,俊敏に反応したメーカがあったのでご紹介します。

それは,国内で唯一,携帯電話事業で儲けを出している「ソニー」です。

ソニーは,IFA2013でグローバル展開を行うフラッグシップ端末「Xperia Z1」を発表しました。筆者は,Xperia Z1の親分とも言えるXperia Z Ultraを所有していますが,元気が良かったころの「ソニーらしい」仕上がりで,輝きを取り戻して来たという印象で,魅力あふれる端末です。

これまで,グローバル展開するフラッグシップ端末は,NTTドコモだけの供給でしたが,今回からは,auにも供給を決定したようで,素早い戦略転換を行っています。ソニーは,キャリアの発表会とは別に,単独で発表会を開くなど,独立性を保つ努力をして来たようにみえます。近い将来は,SIMフリーの端末をソニーが販売する日が来るのかもしれません。

余談ですが,NTTドコモの戦略と言えば,⁠ツートップ戦略」が話題になりました。

これのあおりを受けて,NECとパナソニック(個人向けから)はスマホから撤退を決めたとされています。いま思えば,ソニーのように素早く戦略転換できればとも考えられますが,魅力に欠け,提案の少ない端末を作り続けていたワケなので,遅かれ,早かれのだけ話だったのかもしれません。

注目のメーカ「Xiaomi」から新端末が登場

Xiaomiは,2010年創業で,中国の北京に拠点を置くAndroid端末メーカです。

Googleの元Android製品管理ディレクターであるヒューゴ・バラ氏を副社長として向かい入れたことでも話題になりました。

薄い一枚板のようなデザインを持つMi-3

薄い一枚板のようなデザインを持つMi-3

小米手机3―小米手机官网

冒頭でも触れましたが,このメーカから9月5日に,フラッグシップ端末の「Mi-3」が発表されました。

スペックを簡単にご紹介すると,搭載CPUは,NVIDIA Tegra 4 1.8GHz,あるいは,Snapdragon 800 2.3GHzで,ともにクアッドコア,RAMは2GB,ディスプレイは,5インチ 1080×1920です。ストレージは16GB/64GB,メインカメラは1300万画素となっています。端末は薄型で,第七世代のiPod nanoを携帯電話サイズにしたようなデザインです。

この端末には,Xiaomiがカスタマイズした「MIUI」と呼ぶROMが搭載されています。最新版は,V5となっており,その見たや使い勝手も,他のAndroidとは一線を画する出来栄えで,差別化要因にもなっています。

Xiaomiは,中国でシェアを伸ばすメーカで,2013年第二四半期の出荷ランキングでは,Appleを抜いて6位だったほどです。まだ,中国内の展開ですが,ヒューゴ・バラ氏を招き入れたことでわかるように,海外展開もにらんでいるはずです。近い将来は,サムソンと並ぶAndroidメーカになる可能性があります。楽しみです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入