Android Weekly Topics

2013年10月第2週 第三のOS? Androidアプリが動作する「Sailfish OS」が登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

少し前の話になりますが,2013年2月にスペインのバルセロナで開催された,Mobile World Congress(MWC)で,iOSとAndroid OSに続く,第三のモバイルOSとして,フィンランドのJolla(ヨラ)「Sailfish OS」を発表しました。

発表時は,本当に現実のものになるのかと疑問の目で見ていましたが,Sailfish OSを搭載したスマートフォンが,フィンランド国内に限り,VAT込みで?399(おおよそ5万2,000円)で予約販売が行われ,冬までには現実のものになろうとしています。すでに,予約分は完売しており,順調な滑り出しだったようです。

スッキリしたデザインの端末で,ノキア製と言われても気付かないかもしれない

スッキリしたデザインの端末で,ノキア製と言われても気付かないかもしれない

We are Jolla. We are Unlike. | Jolla.com

このSailfish OSは,Androidアプリが動作するとされているので,どのようなスマートフォンなのかを見て行きます。

Jollaスマートフォンのスペック

まずは,Jollaスマートフォンのスペックから見て行きます。

 Jollaスマートフォンのスペック

CPUSnapdragon 400 1.4GHzデュアルコア
本体サイズ重さ:131 x 68 x 9.9mm,141g
ディスプレイ4.5インチ960×540ピクセル(qHD)
メモリ1GB
ストレージ16GB
カメラAF,LEDフラッシュ付き背面カメラ 800万画素,前面カメラ 200万画素
通信機能Wi-Fi b/g/n,Bluetooth v4.0(EDR/HS)⁠AGPS/GLONASS,GSM/WCDMA/LTE
外部ポートMicro USB 2.0,micro SDカード,3.5mmオーディオジャック
センサ加速度,ジャイロ,ライト,近接,デジタルコンパス
バッテリ2,100mAhバッテリ
その他デュアルマイク,スピーカ,LED通知ランプ

特筆するようなスペックを持つ端末ではありませんが,Android端末と似たスペックだと気付くはずです。Jollaスマートフォンは,ハードウェアレベルでAndroid端末と互換性があるとされており,Android端末を流用して,Sailfish OSを搭載した端末を開発できるとされているためです。

Sailfish OSのバックグラウンド

このOSを開発するJollaは,ノキアが開発していたLinuxベースのモバイルOS「MeeGo」搭載のノキアの端末「N9」の開発に関わっていたメンバーで構成されています。ノキアは,N9をリリースしたあと,マイクロソフトと提携して,Windows Phone 7をスマートフォンOSとして採用すると決めました。この決定を受けて,N9の開発に関わる主力メンバーが,MeeGoの資産を活かす許可をノキアより受けて,Jollaが立ち上げられました。

気になるAndroidアプリの動作ですが,粗っぽく言えば,Androidアプリの場合,基板層のOSとアプリの間で動作しているDalvik仮想マシンが先の環境で動作すれば,Android端末でなくても,別のハードウェアで動作すると言えます。Sailfish OS以外では,BlackBerryがBlackBerry 10で同様の試みを行いました。

Sailfish OSには,Myriadが開発するAlien Dalvikが採用されています。

開発元は,APK形式のAndroidアプリであれば,多くがそのまま動作するとしています。また,JollaもAndroidアプリは,改変不要で動作するとしているので,既存のアプリとは,高い互換性を保っているものと思われます。

アプリの入手は「さまざまなアプリストアを通じて入手できる」としているので,GoogleのPlayストアは,搭載されないものと思われ,入手方法が制限されてしまいます。アプリが動くものの,入手できないというジレンマに苦しむことになるかもしれません。

Sailfinsh OSの行く先は不明か?

当面は,Android アプリがSailfish OSの助けになるはずですが,先行するiOSやAndroid OSと方を並べる存在になるまでは,相当な時間がかかるはずです。ただ,何が起こるかわからないのが携帯電話の市場で,5年後には,メジャープレーヤになっている可能性も十分考えられます。たとえば,BlackBerryの没落する姿を,5年前は,誰も想像しなかったはずですから。

Jollaは,端末発売までこぎ着けたので,今後は,エコシステムの構築にも注力していくはずです。Sailfish OSのエコシステムに関しては,不透明な部分を多く残していましたが,今後は,先の展開が明確になるはずです。

ガジェットファンとしては,市場がAndroidとiOSだけになるのは,つまらないので,Jollaには奮闘して独自のポジションを見つけ出してほしいものです。Jollaは,立派なバックグラウンドを持つので,今後の展開が楽しみなメーカです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入