Android Weekly Topics

2013年11月第4週 Nexus 4&10最新動向,auのXperia Z Ultraは登場する?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Nexus 4にもAndroid 4.4 "KitKat"の配信がはじまりました

Nexus 7のWi-FiモデルとNexus 10に続いて,11月20日からNexus 4向けにAndroid 4.4 "KitKat"の配信が開始されました。これで,NexusシリーズすべてがAndroid 4.4にアップデートされたことになります。

この配信に先立って,11月19日からAndroid 4.4のマイナーアップデート版の配信が開始されました。このアップデートは,Android 4.3からAndroid 4.4にアップデートしたNexus 7とNexus 10で発生していたバグが修正されています。対象は「KRT16O」のビルド番号のAndroid 4.4がインストールされた端末で,アップデートすると「KRT16S」のビルド番号になります。筆者が所有しているNexus 7(2013)にもアップデート通知が来たので,早々にアップデートを済ませています。

KRT16SにアップデートされたAndroid 4.4

KRT16SにアップデートされたAndroid 4.4

Nexusシリーズは,順当にアップデートが行われました。これ以外では,Samsungが2014年1月からGALAXY S4とGALAXY Note 3を皮切りにアップデートを開始,ソニーは,Xperia Z,Xperira ZL,Xperia Tablet Z,Xperia Z Ultra,Xperia Z1を対象に,時期は未定ながらアップデートを行うとしています。いずれもグローバルモデルのスケジュールなので,国内モデルは,もう少し先になるはずです。

Nexus 10にも2013年モデルが登場する?

次は,Nexus 10関連のニュースです。7インチクラスのAndroidタブレットは,各社趣向を凝らした端末をリリースしておりしのぎを削っています。しかし,10インチクラスのタブレットとなると,決定打に欠ける端末が多く,皆にオススメできるような端末がないのが実情です。こうした中で,Nexus 10がアップデートされて,2013年モデルが近々登場するとされているので,非常に期待のかかる端末となります。

2012年モデルのNexus 10。2013年モデルには期待がかかる

2012年モデルのNexus 10。2013年モデルには期待がかかる

その2013年モデルのスペックは,10.1インチの2,580×1,600ピクセルの液晶ディスプレイ,Snapdragon 800プロセッサ,2GBまたは3GBのRAMを搭載し,OSは,Android 4.4とされています。11月21日に発売としたニュースもありましたが,原稿執筆時点(11月23日)では,まだ,発売されていません。2012年モデルのNexus 10は,2012年11月13日に発売されているので,そろそろ動きがあっても良い頃ですし,月内の発売であれば,ホリデーシーズンにも滑り込みで間に合います。Nexus 5と同じで,サイトで発表されて発売開始というパターンで登場して来るかもしれません。

さて,Nexus 10の端末を製造するのは,Samsung,ASUS,LGの3社の名前が出ています。初代Nexusの「Nexus One」はHTCが製造を担当しましたが,それ以降の「Galaxy Nexus」までSamsungが製造を担当してきました。今回のNexus 10をSamsungが製造しなければ,NexusシリーズからSamsung製の端末が無くなることになり,GoogleとSamsungの蜜月はこれまでということなのかもしれません。

auからXperia Z Ultraが登場する?

最後は,Xperia Z Ultraのニュースです。

Xperia Z Ultraは,6.44インチのフルHDのTRILUMINOSディスプレイ,Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzデュアルコアプロセッサ,2GB RAM,800万画素のExmor RSカメラ,3,000mAhバッテリーを搭載した端末です。

サイズは,Nexus 7よりひとまわり小さく,⁠ファブレット」と呼ばれており,タブレットとスマートフォンの中間に位置する端末とされています。筆者もグルーバル版を入手して愛用しています。使い始めるまでは,どこまで使えるのか,懐疑的で,中途半端な端末ではないかと考えていたのですが,ほど良いサイズ感で,メインの端末となっています。

国内版のXperira Z Ultraがいよいよ登場となるのか?

国内版のXperira Z Ultraがいよいよ登場となるのか?

これが,技適通過しFCCの認証も取得したので,いよいよ国内版の登場かと期待が高まっています。技適通過およびFCC認証取得したのは,型式が「PM-0700-BV」とされる端末で,CDMA2000やCDMA2000 1x,LTEなどのモバイル向け通信規格と2.4GHz,5.2GHz,5.3GHz,5.6GHzの無線LANに対応していることがわかっています。

国内版のXperia Z Ultraは,auから2014年の春モデルとして登場するとされています。国内には,このサイズのスマートフォンが存在しないので,市場がどう受け入れるのか注目の端末です。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入