Android Weekly Topics

2013年12月第3週 ドコモ地図ナビ,ご当地ガイドがキャリアフリー化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ドコモ地図ナビ,キャリアフリー化

12月12日に,これまでドコモのAndroidケータイやタブレットでしか使うことができなかった,⁠ドコモ地図ナビ」「ご当地ガイド」を,12月16日からキャリアフリー化すると発表しました。

info ドコモ地図ナビ

info ドコモ地図ナビ

キャリアフリー化された「ドコモ地図ナビ」⁠とはいうものの,説明書きには,ドコモの回線を持たない方は…という注意書きが見られる

原稿執筆時点(12/14)では,アプリがPlayストアに公開されていないので,キャリアフリー化したアプリを試すことができていません。動作対象となるのは,Android 2.3から4.3を搭載した端末となっているので,幅広い端末で「ドコモ地図ナビ」「ご当地ガイド」が使えることになります。

戦略転換で大きなチャンスを得た?

今回,キャリアフリー化されたアプリは,自社回線を持たないユーザでも,キャンペーンとして2014年5月までは無料で使えるとしています。このあとは,どういった扱いになるかは,アナウンスされていません。もしかすると,これを皮切りに,ドコモが持っているコンテンツをキャリアフリー化して開放していくのかもしれません。

キャリアと言えば,料金体系しかり,囲い込みが当然の文化でした。

ドコモに限れば,自前コンテンツを独自に流通できないiPhoneを拒んできた経緯もあります。これまで,囲い込みすることを前提で事業を進めて,これが儲けの種となっていたワケなので,当然とも言えます。しかし,iPhone導入をキッカケにして,戦略転換を行おうとしているのかもしれません。これも推測でしかありませんが,中にはキャリアフリー化したい連中がおり,iPhone導入を口実にして,ようやくこのような動きができるようになったと,喜んでいる者もいるかもしれません。

今回のキャリアフリー化は,ドコモが土管屋にならないための戦略と見ることもできますが,保有しているコンテンツやサービスを自社以外のユーザにもアプローチできるようになったワケなので,大きなチャンス得たとも考えられます。

タイミングは適切なのか?

自社回線を持つユーザ専用としていたサービスやコンテンツを他社回線を持つユーザにも開放することで,大きなチャンスを得たようにも見えますが。実際のところはどうでしょうか?

たとえば,筆者は,知らない土地に行って目的地を探す場合,Googleマップを立ち上げて現在位置を調べ,目的地へ向かうことが習慣となっています。長年これを使っており,この使い勝手に慣れているので,たとえ,ドコモ地図ナビが無料化されたとしても,それを使うのだろうか?と想像すると考え込んでしまいます。

キャリアが同じサービスを提供していても,必ず使うのではなく,別のサービスを使っているユーザも多いはずです。今回は,無料化された「ドコモ地図ナビ」「ご当地ガイド」は,代替サービスが多くあるだけに,筆者と同様に感じる方は多いはずです。

唯一の牙城は,個人との結びつきが強いメール機能ですが,これも未来永劫,メールでコミュニケーションをとり続けるというワケでもないはずです。すでに,LINEやFacebookなど,別の方法よるコミュケーション手段が台頭しています。

ドコモはOTTとして,存在感を発揮できるのか?

ドコモが持つコンテンツやサービスは,GoogleやAmazon,LINEなどが提供するコンテンツやサービスとかぶるものが多くあります。

GoogleやAmazon,LINEは,回線に依存しないサービスをすでに展開しているので,キャリアフリー化を進めると,それらと真正面から勝負することになるのは間違いありません。となれば,ドコモが先行するサービスプロバイダーとどこまで戦えるのかが見所にはなります。ガチンコ勝負をするためと,スピード感に溢れ小回りの効く運営をするために,別会社を立てるといったことも検討しているかもしれません。

消耗戦になる場面もあるとは思いますが,筆者は,こうした動きを取るのであれば,勝算があるサービスやコンテンツがあるのではないかと考えています。

たとえば,動画配信サービスであれば,先行してキャリアフリーのサービスを展開するhuluは,海外製コンテンツは,字幕がほとんどで,吹き替えコンテンツがほとんどありません。字幕でも構わない人もいますが,吹き替えでないと楽しめない方もいるはずです。huluは,こうした人達にアプローチできていません。このように,先行するサービスでも,スキがなく全方位網で運営していない部分があるので,チャンスがないワケではありません。また,ドコモは日本の会社ですから,足元の市場をよく理解しているはずです。

キャリアフリー化は,はじまったばかりなので,この先がどうなるのか分かりませんが,ドコモが日本のメジャーOTTとして, iモード全盛だった頃のような存在感を取り戻すのか,今後の動きに注目して期待したいところです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入