Android Weekly Topics

2014年1月第4週 Pebbleとメルセデス,NTTドコモとパイオニア,ソニー……スマホとクルマがつながるとき

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Pebbleとメルセデスの提携内容は?

前々回取り上げたPebbleとメルセデスの提携ですが,CES 2014では大々的な発表が行われなかったのか,メディアで取り上げられることは少なかったようです。しかし,登場するものは,Pebbleの開発者向けページで知れます。

目新しさはないが実用的なアプリDevelop for Pebble

目新しさはないが実用的なアプリ「Develop for Pebble」

開発者向けページを見ると「MERCEDES ON PEBBLE」として,Pebbleで動作するメルセデス用のアプリが紹介されています。アプリは,近日登場で,簡単な説明書きが添えられています。

このアプリは,燃料計のレベルやドアロック状態の確認,クルマの場所を表示,オーディオのコントロールができるようです。現状のPebbleでは,単独で出来ることが限られるので,クルマのインフォメントシステムの対応も必要になるはずです。

メルセデスに合わせて,目新しい仕掛けが用意されるかもしれないと期待していましたが,登場するアプリには目新しさを感じません。Pebbleにとっては,リリースを控えている

Pebble SDK 2.0の追い込みや今後の収益源となるだろうPebble apptoreのほうが会社を存続させる意味では重要なはずで,メルセデスとの提携は,いくつかあるコラボレーションの中のひとつとして扱われているのかもしれません。ただ,実用的なアプリなので,生活のシーンできっちりと働く便利な道具になるはずです。

スマホ内蔵ルームミラーとスマホを車載化するクレードルが登場

クルマの話題ばかりが続きますが,もう少しお付き合い下さい。

Androidをルームミラーに内蔵した製品がNTTドコモとパイオニアの共同開発品としてCES 2014で公開されました。

これは,クルマ用品店で売られている後付けの幅広ルームミラーとそっくりですが,ミラーの右側四割程度が通信機能を備え,タッチ操作も可能なAndroidになっています。ルームミラーとレーダー探知機を組み合わせた製品やミラーの一部にモニタを組み込み,バックモニタとして使うものは既にありますが,スマホを組み込んだものは,はじめてです。

ミラーと合体したのがスマホなので,アプリ次第でさまざまな使い方が考えられます。

たとえば,Googleマップを使ってナビ替わりに使うのは当然のことながら,提案にもあるように,カメラを使ってドライブレコーダーとして使う方法も考えられます。録画した内容は,通信機能を使ってクラウドストレージに自動アップロードされると,ならではの使い勝手が実現できます。

ドライブレコーダーと理屈は同じですが,スマホのアプリに,走行中の動画をロードムービー的な感じに仕上げるアプリがありますが,今回の製品であれば,より手軽に実現できるので,エンタメ用途でも活躍します。

クルマのインフォメントシステムは,カーナビが王道ですが,後付けすると高価です。これが,カーナビよりも格段に安く導入できるのであれば,手軽に設置できて分かりやすいので,大化けする可能性はあります。また,クルマにIT機器を持ち込むためのアプローチとも面白いので,今後の展開が気になる製品です。

もうひとつ,ソニーがスマホを車載システム化するクレイドル「XSP-N1BT」をCES 2014で発表しました。2014年5月発売で,価格は$250とアナウンスされています。

このクレイドルは,クルマのダッシュボードに設置するオーディオの外寸規格「DIN」を採用しています。設置には,2DIN分のスペースを必要としますが,多くのクルマは同じだけのスペースがあるので,問題なく設置できるはずです。

クレイドルとスマホは,BluetoothかUSBで接続します。

接続すると専用アプリが起動して,クルマのラジオやCDなどが操作できます。また,スマホの音楽をクルマで再生したり,ハンズフリーで電話をかけることもできます。Xperia Z Ultraのような端末であれば,カーナビと遜色のない,6.4インチのディスプレイを備えているので,カーナビとして使っても見劣りしません。むしろ,ナビの地図データを数年ごとに更新する手間がなくなりますし,音楽もスマホとナビで二重管理する必要がなくなるので,ナビに感じていた煩わしい部分が,このクレイドルですべて解決します。

クルマとIT機器の距離を縮める製品が多く登場

いずれも大変革を起こすような製品ではありませんが,クルマとIT機器の距離を縮めてくれる製品ばかりです。このように,IT技術を使った現実的な製品が2014年には,多く登場するはずなので楽しみです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入