Android Weekly Topics

2014年3月第1週 Mobile World Congress 2014からのトピックス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

先週は,Mobile World Congress 2014が開催されたので,Android関連も多くのニュースがありました。

SonyとSamsungから正常進化のフラッグシップ端末が登場!

Sonyは「Xperia Z2」をMobile World Congress 2014で,Samsungは「Galaxy S5」を独自イベントのUnpacked 5で発表しました。

Xperia Z2は,Xperia Z1の後継機となるスマートフォンです。Xperia Z1のデザインを継承しつつ,ディスプレイが5.0から5.2インチ(1,920x1,080)に大型化され,重さが170gから158gに軽量化されています。CPUは,Snapdragon 801 2.26GHzクアッドコア,RAMは,3GBを搭載しています。発売時期は3月です。

Galaxy S5も,Galaxy S4の後継機となるスマートフォンです。

こちらもGalaxy S4のデザインを継承しつつ,持ちやすくするために背面にパンチングパターンを追加したり,タッチセンサー式のボタンのひとつをメニューからタスクボタンに変更するなど,日常生活の中でより便利に使えるような改良がハード・ソフトともに行われています。

ディスプレイは,5.0から5.1インチ(1920×1080)に大型化,CPUは,Snapdragon 801 2.25GHzクアッドコア,RAMは,2GBを搭載しています。

正常進化の端末ですが,若干大きく(136.6×69.8×7.9ミリ~142.0×72.5×8.1ミリ)⁠若干重く(130g~145g)なっています。発売時期は4月以降です。

ブルーメタリックカラーのGalaxy S5

仮ブルーメタリックカラーのGalaxy S5

Xperia Z2は,性能を強化しつつも,抜かりなく軽量化してくるところは,Sonyらしく,Xperia Z1の後継機にふさわしい端末です。一方のGalaxy S5は,心拍センサーが追加し,リアルタイムで心拍数をチェックできたり,指紋リーダーを使ってロック画面の解除ができるなど,Galaxy S4に続き,新しい提案が盛り込まれており,Samsungらしい仕上がりの端末です。

SonyとSamsungのフラッグシップ端末が,前作からの正常進化のアプローチを取っているのには,行き詰まり感がありますが,ともに前作・前々作の端末が素晴らしい仕上がりだったためとも言えます。

別の道へ活路を見出す者,より広がりも見せる者

Androidからは離れますが,第3のOSと言われる「Tizen OS」「Firefox OS」の動きをご紹介します。

2013年10月に,Samsungが発売したスマートウォッチ「GALAXY Gear」が,早くも世代交代となり『Gear 2』『Gear 2 Neo』として発表になりました。GALAXY Gearには,Android OSが搭載されていましたが,Gear 2とGear 2 Neoには,Tizen OSが搭載されており,名前からGalaxyが無くなっています。

ウェアラブルデバイスで,OSを意識する造りになるとは考えづらいので,OSが変わってもユーザーに影響はありませんが,ようやく,Tizen OSが日の目を見た感があります。Samsungは,同社のデジタルカメラ「NX300M」にもTizen OSを搭載して,SMART CAMERAとして売り出しています。

今後は,スマートフォンではなく,スマートウォッチやデジタルカメラに,Tizen OSの活路を見いだしていくのかもしれません。

新興国市場にフォーカスして立ち上げたFirefox OSは,MWCに先がけたプレス向けイベントで,Firefox OSを搭載したスマホが,フィーチャーフォンから乗り変える最初のスマホとして,新興国市場で選ばれているとアピールしています。

2014年は,アフリカ,アジア,東欧といった地域にも拡大し,日本でもauが端末の投入を予定しているので,昨年以上に多くの話題を提供する存在となりそうな予感がします。

Firefox OS端末は,現在リリースされている端末よりも,より高性能の上位端末,より低価格な下位端末のリリースの準備を進めているようです。

より高性能な端末は,高性能なCPUと高解像度のディスプレイが搭載された端末となります。とは言っても,先で取り上げたXperia Z2やGalaxy S5と肩を並べるような端末が登場するワケではなく,Androidで言えば,ミドルレンジクラスの機種が投入されるようです。

より低価格な端末の方は,$25(約2500円)という驚きのプライスタグが付いています。これは,中国のSPREADTRUMが製造する端末で,CPUにCortex A5 1GHzを採用したコンパクトな端末で,新興国市場で発売が予定されています。

今週は,この辺りで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入