Android Weekly Topics

2014年6月第3週 Console OS,Kickstarterにて出資者を募集中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Windows 8.1とデュアルブート可能な「Console OS」

米国のベンチャーが,Android OSをデスクトップPC向けに最適化した「Console OS」を開発中で,Kickstarterで出資者を募っています。

Windows 8.1とデュアルブート可能なConsole OS

Windows 8.1とデュアルブート可能なConsole OS

Console OS | Native Android Remastered for the PC

Console OSを開発するのは,米国のベンチャー「Mobile Media Ventures」です。これは,Android OSに100以上の独自機能を搭載することで,x86 CPUを搭載するデスクトップPCやタブレットPCで,日常的に使えるOSになることを目標に開発が進められています。

他のx86向けAndroid OSとなにが違うのか?

x86 CPUで動作するAndroid OSと言えば,⁠Bluestacks」「Andy」があります。これらは,仮想マシン上でAndroid OSを動作させており,手軽に導入できますが,パフォーマンス面でハンデがあります。

Console OSは,仮想マシンではなく,x86 CPU上で動作します。

この場合,OSの導入に手間がかかりますが,パフォーマンス面でのハンデはありません。これと同じなのが「Android-x86.org」です,古くから活動しています。これで十分で,Console OSは差別化できないのでは?と考えられますが,Android-x86.orgには以下の問題があります。

  • サスペンドやレジュームが動作しない。
  • Playストアが使えない。
  • NDKを使って開発されたアプリが動作しない。

それぞれ,順に見ていきます。

デスクトップPCで使うには,サスペンドやレジュームが動作しなくても問題にはなりませんが,ノートPCの場合,使う度に電源をオン・オフするのは面倒で実用に耐えません。Console OSは,⁠日常的に使えるOS」が開発目標なので,このあたりはクリアして来ると考えられます。ただし,多くのマシンに対応するには,時間がかかるはずで,当面は限定的になる可能性があります。

次に,Playストアです。

ホームページでアプリを配布する開発者もいますが,多くはPlayストアを使ってアプリを配布しています。よって,これが使えないことには,アプリ入手の道が閉ざされているようなものです。Console OSは,独自のConsole Store経由でアプリを提供する他,Playストアで購入したアプリをインポートできる手段を提供するとしています。

最後は,NDKを使ったアプリです。

Android-x86.orgだけなく,BluestackやAndyも同様ですが,NDKを使って開発されているアプリは動作しません。しかし,Console OSは,ARMとx86のNDKに対応しており,これらを使って開発されたアプリが動作するとしています。x86は,同じアーキテクチャのCPUなので,動作するイメージがわきますがARMは異なるCPUです。

実現方法が公表されていませんが,Android 4.4から導入されたARTと似た感じで,アプリのインストール時に,ARMからx86バイナリへ変換する仕組みを取るのかもしれません。

こうして見て行くと,Console OSは,BluestackやAndy,Android-x86.orgに感じていた不満をすべて解決しそうです。ソフトウエアにありがちなパターンとしては,高い目標を掲げて開発をスタートするが,リリースが迫ると機能が絞られて,他と大差無いものになることがあります。Console OSがこうしたことにならず,狙い通りの姿で登場することを願うばかりです。

登場は,今年末

Console OSは,無償のStandard版と$19.99で販売されるPro版があります。

機能に違いがあり,Pro版には「WindowFlinger」と呼ぶマルチウインドウ機能が搭載されています。これは,Windowsアプリのように,Androidアプリがウインドウ内で動作する機能です。大型ディスプレイが使え,さまざまな入力装置が使えるデスクトップPCでは,マルチウインドウの方が便利なはずです。これがどのような使い勝手になるのか楽しみです。

筆者は,NDKを使ったアプリが動作する,独自機能のWindowFlingerなどに興味があり出資を行いました。出資の〆切は,8月11日までとなっており,出資額は,$5から$10,000までとなっています。気になる方は,Kickstarterのページにアクセスして,確認してください。

Console OSは,PCのパワフルなCPUとGPUを使うことで,Androidのゲームがストレスなく動作することをアピールしています。よってPCで,Androidのゲームを楽しむ目的のために造られた感もありますが,登場してくれば,他のx86向けAndroid OSよりもはるかに使いやすく,先進的な環境になることは間違いありません。

Early Adapter向けには,2014年12月がリリース予定です。

どのような仕上がりになるのか,この期日までに登場しているのか,Console OSの実像が楽しみです。

今週は,このあたりで。また,来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入