Android Weekly Topics

2015年2月第3週 Android Wearの近況,MicrosoftがSunriseを買収

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Apple Watch待ちか?Andrid Wearの出荷台数は72万台

Android Wearの2014年出荷台数が72万台だったと,市場調査会社「Canalys」の調査で判明したとTechCrunchが報じています。

さて,Motorola,LG,Samsung,SONYの出荷台数を合計しても100万台に満たない,72万台をどうみるかです。

Android Wearは,まだ一世代目で腕時計としての着け心地や使い勝手,デザインがもうひとつで,荒削りな製品が多かったことを考えれば,奮闘したと見ることもできます。たとえば,Androidスマホは登場一年目の2008年は,出荷台数が64万台だったので状況が似ています。この翌年の2009年には出荷台数が10倍になり,2014年の出荷台数は11億300万台になるとされており,とんでもない数の端末が全世界で使われているので,これからだと前向きに捉えられます。

しかし,Android Wearには,この爆発的な普及が当てはめられるワケではありません。これは携帯電話だったからこそで,多くの人たちが利用価値を見いだせないスマートウォッチは,爆発的な普及のために起爆剤が必要になるはずです。

もうひとつ,この出荷台数に影響が与えた要因と言えば,2015年4月に発売を予定しているApple Watchです。これを2014年9月に発表しているので,Android Wearの出荷台数に少なからずとも影響しており,換え控えを生んでいるはずです。筆者は,特殊なケースかもしれませんが,LG G Watchの次のスマートウォッチは,Apple Watchと決めており,買い控えしている一人になります。

Android Wearよりも先んじて市場に出たスマートウォッチのPebbleは,2013年で40万台を売り上げたとしています。これは,スタートアップのPebble一社で到達した数字なので,いかにPebbleが奮闘しているかがよくわかります。

Apple Watchが登場すれば,比較対象としてAndroid Wearにも注目が集まるはずです。これまで,見向きもしなかったユーザに対してアプローチできる機会になるはずなので,Android Wearを搭載した腕時計を販売している,Motorola,LG,Samsung,SONYにはもうひと踏ん張りして欲しいところです。

Microsoft,人気のカレンダーアプリの開発元「Sunrise」を買収

米MicrosoftがモバイルおよびデスクトップPC向けのカレンダーアプリ「Sunrise Calendar」の開発元である「Sunrise」を1億ドル強で買収したとTechCrunchが報じています。

Sunrise Calendarは,iOSとAndroidだけではなく,Mac用ネイティブアプリとGoogle Chromeの拡張機能をリリースしれており,さまざまなプラットホームで使うことができます。⁠Windows Phone向けはリリースされていません)また,Sunrise Calendar使い勝手の良さや機能の充実ぶりは,すでに数百万規模のユーザが証明しており,いまさら説明の必要もないほどです。

筆者もユーザのひとりなので,今後の展開が気になります。

クラウドにリソースを集約しつつあるMicrosoftは,Sunriseのアプリが目当てではなく,これを使っているユーザが目当てだったのかもと考えるば,Skypeの時と同じで,変わらない形で使えるのかもしれません。

トレンドの分野やゲームではなく,どちらかと言えばベーシックな実用アプリを開発する会社が,1億ドルもの額で買収されたのに驚きました。ゲームの買収ではすごい話を聞きますが,実用アプリで,ここまでの話を聞くのは久しぶりです。実用アプリの開発者にとっては,夢が持てる話ではないでしょうか。

今週は,このあたりで。また,来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入