Android Weekly Topics

2015年4月第4週 Apple Watch,驚異的な予約台数を記録,Cyanogen OSにMicrosoft Officeを搭載

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Android Wearの歴史をApple Watchが1日で塗り替える

KGIアナリストのレポートで,Apple Watchの世界的な予約台数が230万との予測が4月15日に公表されました。

大方の予想通り,Apple Watchは予約販売の段階で,Android Wearの2014年の出荷台数である72万台を塗り替えてしまいました。ただ,2014年Q4のiPhoneの販売台数が7500万とされているので,これとくらべると可愛い数字です。予約しているのは熱狂的なAppleファンと考えられており,今回の結果を長期的な成功の兆しとは見ていないとレポートされています。

さて,これに対抗するべくか,それとも,新モデルを控えた在庫一掃なのかわかりませんが,Android Wearの雄「moto 360」が249.99USドルから165USドルに値下げされました。現在のレートでおおよそ2万円になります。G-SHOCKを買うような感覚で,スマートウォッチが購入できることになるので,日本で販売されていないのが悔やまれます。

ただ,moto 360を値下げしたからと言って,突然Android Wearが売れ始めるワケではありませんが,価格は重要な要素です。Apple Watchでさえも,一番安いスポーツモデルが予約台数の85%を占めているとされています(ちなみにエディションは,1%にも満たないそうです)⁠

Apple Watchの価格は,5万からでビジネス用の腕時計のボリュームゾーンと被ります。Android Wearは,今回の値下げでカジュアル腕時計と同様の2万円からになります。Appleは若干高め,Androidはお値打ちというスマホ同様の価格戦略がスマートウォッチでも展開されていることになります。やはり,ライバルがいると面白くなります。

Cyanogen OSにMicrosoft Officeを搭載

AndroidベースのAndroid ROMを開発する米Cyanogenは,米Microsoftと戦略的提携を結んだと4月16日に発表しました。

この提携で,MicrosoftのOfficeやOneDriveが「Cyanogen OS」で使えることになります。リリース時期は今年の後半とされています。

Cyanogenと言えば,Android ROMメーカで,コミュニティベースで開発が進められているCyanogenModが有名です。メーカのアップグレードサポートが終了した端末向けにも新しいバージョンのAndroid ROMを提供しているので,開発・検証用として手元に置いてあるサブ端末に,CyanogenModをインストールしているという方も多いのではないでしょうか。筆者もNexus Sに,CyanogenMod 11をインストールして使っています。

Cyanogenは,Android 5.1をベースにしたCyanogenMod 12.1を近く提供することになっていますが,これにMicrosoftのアプリがプリインストールされるのではなく,CyanogenModをベースにして開発されているCyanogen OSに搭載されます。これは,同社がパートナー向けROMとして提供しているものです。CyanogenModに搭載されるのであれば大英断でしたが,そうではなさそうです。

Cyanogen OSを搭載している端末は,いまのところ3機種と多くはありませんが,有名所では,中国のOnePlusが販売する「OnePlus One」に搭載されています。一時期,CyanogenのようにAOSPからフォークしたプロジェクトが乱立して,有象無象の状態でした。現状は,立ち上げ期の混乱は納まり,資金力と高い志を持つメーカが,より良いAndroidを提供する方向に動きが変わってきました。Cyanogenも,今後の動き次第ではおもしろい存在になる可能性があります。注目して見て行きたいメーカです。

今週は,このあたりで。また,来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入