Android Weekly Topics

2016年2月第3週 Android Studio 2.0 Betaリリース,VAIO Phone BizはWindows 10 Mobile搭載となって4月より先行発売ほか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Android Studio 2.0 Betaをリリース

Googleは,Android Studio 2.0のベータ版を2月4日にリリースしました。

プレビュー版からの変更は,アプリを再ビルドすることなく変更箇所を実行できる「Instant Run」のアップデート,高速で刷新されたAndroidエミュレーターの搭載,App Indexing機能の統合とテストツールを追加,5倍高速化されたADBを搭載,GPUプロファイラのプレビュー版を搭載,IntelliJ 15の統合などが行われています。

昨年11月末のプレビュー版リリースから,3ヵ月を少し切る期間を空けてのベータ版リリースとなりました。

開発ツールのベータ版なので,気軽に導入というワケにはいきませんが,3ヵ月でステップアップしたことを考えると正式版がリリースされるのは,次の3ヵ月後と考えても良いのかもしれません。となれば,Google I/Oが開催される頃になる可能性があり,リリースのタイミングとしてはベストと言えます。

VAIO Phone BizがWindows 10 Mobile搭載で登場

Androidが搭載されたVAIO Phoneがb-mobileから発売されたのは,2015年3月で,そろそろ1年が経過します。VAIO Phoneは,成功したとは言えまませんが,リベンジとばかりにVAIO自ら本気の端末と思える「VAIO Phone Biz」がSIMフリー端末で発売になります。

ようやくVAIOらしい端末が登場したというのが正直な印象です。

筐体の素材には,プラスチックではなくアルミが使われており,VAIOらしい美しさと高級感を保っています。また,背面に彫られた「VAIO」のロゴもファンにとってはうれしい演出です。端末スペックは,VAIO Phoneはエントリモデルでしたが,VAIO Phone Bizはミドルレンジクラスの端末です。CPUは,Snapdragon 617 1.5GHzで,メモリ3GB,ディスプレはフルHDです。Windows 10 Mobileの差別化要因でもある「Continuum」にも対応しているので,デスクトップパソコン風にも使うことができます。

国内端末では珍しくデュアルSIM仕様です。両スロットともドコモ回線向けで,ドコモカケホーダイと格安データ通信SIMでの組み合わせで運用を想定しているようです。

Androidでなくなったのは残念ですが,前作の名誉挽回となるのか楽しみです。

ドコモ,Android 6.0へアップデートを行う既存モデルを発表

Androidの最新OSへのアップデートは,GoogleのNexus以外では望み薄の雰囲気となりつつありますが,さすがドコモというべきか,Android 6.0へのバージョンアップ対象端末を発表しました。

対象となっているのは,以下の20端末です。

2014年の冬春モデルが含まれているので,おおよそ1年前の端末から対象になっています。海外メーカの端末だけではなく,日本メーカの端末も対象に入っているのはうれしいところです。

  • AQUOS ZETA SH-03G
  • AQUOS ZETA SH-01H
  • AQUOS Compact SH-02H
  • ARROWS NX F-04G
  • arrows Fit F-01H
  • arrows NX F-02H
  • GALAXY S5 SC-04F
  • GALAXY Note Edge SC-01G
  • GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
  • GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
  • Galaxy S6 edge SC-04G
  • Galaxy S6 SC-05G
  • XperiaTM Z3 SO-01G
  • XperiaTM Z3 Compact SO-02G
  • XperiaTM Z4 SO-03G
  • XperiaTM A4 SO-04G
  • XperiaTM Z4 Tablet SO-05G
  • XperiaTM Z5 SO-01H
  • XperiaTM Z5 Compact SO-02H
  • XperiaTM Z5 Premium SO-03H

各端末のバージョンアップの開始時期などは,提供準備ができ次第順次発表されることになっています。

これだけ大規模なバージョンアップが行われたことはないはずで,Android 6.0のシェアアップにも貢献することになるはずです。今回のように,しっかりと面倒を見てくれるドコモの姿勢には敬服するとともに,格安SIMのプロバイダではできない,大手キャリアならではの仕事と感じさせられる内容です。

今週は,このあたりで。また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入