Android Weekly Topics

2016年9月第5週 Google,10月4日にイベント開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Google,10月4日にイベント開催

Googleが10月4日に,サンフランシスコで行うイベントの招待状をメディア向けに発送しています。ティザーサイトも用意されており,ここには「Oct.4」「G」の間に長方形に切り抜かれた風景写真が短時間で切り替わって表示されるページが用意されています。

今回のイベントでは,新型スマホだけではなく,Google I/O 2016で発表されたGoogle Homeや4Kに対応したChromecastが発表されると予想されているので順に見ていきます。

新型スマホ

発表される新型スマホは,これまでのNexusブランドと決別して,Pixelブランドが使われると見られています。

新型スマホは,2種類準備されておりティザーサイトのURLを「madeby.google.com」としているように,これらはGoogleオリジナルと言われています。このうち「Pixel XL」と言われるスマホは,5.5インチのスクリーンサイズでiPhone 6s Plusより若干小さなサイズと言われています。「Pixel」は,5.2インチのスクリーンサイズです。ちょうど,Nexus 6PとNexus 5Xのような関係です。

OSは,Android 7.0 Nougatを搭載することが予想されますが,Android 7.1の存在が確認されているので,これが搭載される可能性があります。

他,Google I/O 2016で発表されたスマホ向けVRプラットフォーム「Daydream」にも対応することが考えられ,専用ヘッドセットとコントローラも同時に発表されるはずです。

Daydream対応のハードウェアだけではなく,コンテンツも同時に発表されるはずです。VR熱は,春先と比較すれば一息ついた感はありますが,PlayStation VRの発売が10月13日に控えているので,年末に向けて再ブーストされることが予想されます。

Google Home

Google I/O 2016で発表されたスマートスピーカ「Google Home」の発表も予想されています。これは,Google版Amazon Echoと言えるものです。

Google Homeは,Google Assistantと連携して音声で対応機器をコントロールしたり,「OK Google」で問いかけを行って,音声対話によって情報取得が行えるスピーカ型デバイスです。価格は129USドルと言われています。

音声コントロールは照明などが考えられていますが,これであればAmazon Echoだけではなく,AppleのSiriでもコントロールできるので,Googleは最後発です。となれば,期待がかかるのは,人工知能が使われているGoogle Assistantです。

しかし,Google Alloで経由でアクセスできるGoogle Assistantは日本語は非対応であることが判明しており,Google Homeも登場当初は日本語非対応になることが考えられます。時間が解決する話ですが,英語以外でコミュニケーションする我々にとっては,蚊帳の外になるかもしれません。

4K対応Chromecast

最後に,4Kに対応したChromecastの登場も予想されています。

日本では,2020年に開催されるオリンピックを8Kで放送する予定があり,4K放送の先のロードマップまで示されていますが,米国では4K放送を中止するチャンネルが増えており,普及に黄色信号がともっています。

これは,コンテンツの楽しさが解像度に直結していないのと,4K映画を観るにしてもNetflixやHuluなどのストリーミングサービスで楽しむことがメインになっていることが関係しているはずです。となれば,1080pにしか対応していないChromecastは,早々に4Kに対応することが必須です。

第1世代(2013年7月発売)から第2世代(2015年9月発売)までのアップデート間隔が2年で長めでした。今回アップデートされれば,1年でアップデートされることになりますが,Netflixは4K対応を順次進めているので順当なアップデートと言えます。このアップデートで価格が$69になると言われています。Chromecastは,低価格なのが魅力の1つだったのと,先で書いたように解像度がコンテンツの楽しさに直結はしないので,第2世代のChromecastも併売される可能性はあります。

10月4日を楽しみに待つ

発表が新型スマホだけだったとしても,新たなブランドでの登場が予想されているので,これまでと違ったイベントになる可能性があります。10月4日,日本時間では10月5日の深夜なので,楽しみにして待ちましょう。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入