Android Weekly Topics

2017年2月第3週 Android Wear 2.0正式リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Googleは2月8日,Android Wear 2.0を正式リリースしました。

Android Wear 2.0は,Android 7.1.1 Nougatをベースにしたスマートウォッチ用のOSで,2015年のGoogle I/Oで発表されてから18カ月の開発期間をへてリリースされました。

Android Wear 2.0の特徴と新搭載端末を発売

Android Wear 2.0の特徴は以下のとおりです。

  • 高機能化したウォッチフェイスのサポート
  • フィットネス中に音楽再生やメッセージへの応答が可能に
  • Playストアを端末に搭載
  • スタンドアロンアプリのサポート
  • メッセージへの返信が簡単に
  • Googleアシスタントのサポート

Android Wear 2.0は,2月10日発売の新端末「LG Watch Style」「LG Watch Sport」に搭載されてアメリカで販売開始されました。数週間以内には,カナダ,ロシア,サウジアラビア,韓国,アラブ首長国連邦,イギリスで販売が開始されます。いまのところ,日本での販売開始時期はアナウンスされていません。

LG Watch Styleは,$249と比較的安価な端末です。

外見はアナログ時計のような雰囲気で,シルバー,チタン,ローズゴールドの3色展開されてファッションウォッチのような装いです。LG Watch Sportは,$349のハイエンド端末です。心拍センサーやNFCを使った決済に対応しています。また,これの上位モデルはLTE通信に対応しています。

これまで,2種類の端末をGoogleが開発中と報道されていたので,Made by Googleのスマートウォッチがリリースされると期待していましたが,Googleが設計段階から参加したリファレンス端末がLGから登場することになりました。

既存モデルにはアップデートを提供

既存モデルへのアップデートは数週間以内に配信される予定となっており,アップデート対象の端末は以下となっています。

  • ASUS ZenWatch 2, 3
  • CASIO WSD-F10, WSD-F20
  • Fossil Q Founder, Marshal, Wander
  • Huawei Watch
  • LG Watch R, Urbane, Urbane 2nd Edition LTE
  • Michael Kors Access Smartwatches
  • Moto 360 2nd Gen, Moto 360 for Women, Moto 360 Sport
  • New Balance RunIQ
  • Nixon Mission
  • Polar M600
  • TAG Heuer Connected

この中で「LG Watch R」が2014年12月の発売で,もっとも古い端末です。

「SONY SmartWatch 3」も同じ頃に発売されましたが,アップデートの対象外です。国内では結構売れているはずなので,今後,ソニーから提供されることになるのか気になるところです。

Android Wear 2.0がもたらす変化

Android Wear 2.0からはPlayストアが端末に搭載されるので,iPhoneへのサポートも強化されるはずです。たとえば,Android Wearの魅力に多彩なウォッチフェイスが上げられますが,従来のiPhone用のコンパニオンアプリでは,決められたものしかインストールできませんでした。Playストアが端末に搭載されたことで,多くのウォッチフェイスがインストールできるようになるはずで,iPhoneユーザもAndroid Wearの魅力を存分に楽しめるはずです。

Android Wear 2.0は,特徴だった円形ディスプレイでの使い勝手を向上させつつ,watchOSの良い部分を取り入れたと言った仕上がりですが,大きな変化を生活にもたらすようなものではなさそうです。

しかし,日々使っていると手放せないものになります。

たとえば,日頃の行動を記録することで,フィットネスのアドバイスをする仕組みがあります。これまでは,自己管理して意識付けする必要があったことが,IT技術を活用することで意識付けするキッカケを作ってくれます。これは,スマートウォッチの最もわかりやすい活用例ですが,意地悪な言い方をすれば,いまのところこれだけです。

これ以外では,NFCを使った決済などがありますが少しの変化しか与えていません。Android Wearのように身に付けるデバイスは,長期に渡って使い生活の一部になることで進化を発揮し,身の回りを少しずつ変化させていく物なのかもしれません。よって,毎日使わせる動機付けがスマートウォッチには重要なポイントになりそうです。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入