Android Weekly Topics

2017年4月第1週 今年前半の注目株!Galaxy S8登場!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今年前半の注目株!Galaxy S8が登場

今週の話題と言えば,Samsungが発表したGalaxy S8です。

Samsungは,毎年恒例となっている「Galaxy Unpacked 2017」を3月29日にニューヨークで開催し,フラッグシップモデルとなる「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表しました。

発表されたのは,5.8インチディスプレイのGalaxy S8と6.2インチディスプレイのGalaxy S8+です。数字だけ見れば,Galaxy S8+は大型ディスプレイを搭載しているように見えますが,縦長になったのと縦横比が18.5:9に変更されたことにより,端末の横幅は,これまでの端末と同等で持ちやすいサイズのままです。

前面の80%がディスプレイ

Galaxy S8は,このままSF映画の小物として使っても違和感がないくらい未来的で,最近では珍しく他との違いが見た目で判断できるスマホです。

このキーとなるのがAMOLEDディスプレイで,本体前面の80%以上を占めています。ディスプレイのベゼルが細くなって驚いていたことを,Galaxy S8は陳腐なものとしました。

ディスプレイの解像度は,両機種ともに1440×2960で,HDRに対応しておりUHD AllianceのHDR PREMIUM認証を取得しています。HDR対応はコンテンツ次第ですが,Netflixが配信しているオリジナル作品はHDRに対応しているので,買った日からディスプレイを活かせる下地が整っています。

物理ボタンの廃止と新たな技術

歴代のGalaxy Sシリーズは,端末にホームボタンがあり,これが同シリーズの特徴でもありましたが,Galaxy S8では少しの未練も残さずに廃止されており,画面の下に仮想ボタンとして表示されます。これの表示位置には感圧センサが内蔵されており,押した力に合わせて振動でフィードバックする仕組みがあり,これまでと似た感覚で使えるようになっています。

ホームボタンに内蔵されていた指紋認証センサは,背面のカメラ横にあり使いづらくなっています。指紋認証は,手袋を着けていると使えないなど不便なところがあるので,虹彩認証や顔認証など新たに搭載された認証方法でセキュリティを担保する考えなのかもしれません。

Windowsのように使える「Samsung DeX」

デスクトップのように使える「Samsung DeX」にも注目です。

専用クレードルに接続すると,Windowsのようなマルチウィンドウのデスクトップが表示されて,接続したキーボードとマウスで操作できます。

専用クレードルには,Ethernet,HDMI,USB 2.0,USB Type-Cのコネクタがあり,普段使いで不自由することはありません。また,クレイドルに置いた状態で,充電ができるのとクーリングファンがあるので負荷がかかる使い方もできそうです。

Samsung DeXは,Windows 10 MobileのContinuumをほうふつさせますが,気になるのは対応アプリです。アナウンスでは,Microsoft OfficeやAdobe Acrobat Reader mobile,Adobe Lightroom Mobileなどが紹介されましたが,公開されている技術情報を読むと既存のアプリも動作しそうです。

Samsung Dexでは,スマホ画面だけを想定したアプリは「Fixed Size app」と呼び,縦長のウィンドウにアプリが表示されます。Android 7.0 Nougatのマルチウィンドウに対応したアプリは「Resizable app」と呼び,サイズ変更が可能なウィンドウにアプリが表示されます。Remix OSの実装に似ているように見えるのと,Resizable appは,Android 7.0 Nougatを前提としているのでアプリの互換性は高そうに見えます。

Samsungの強みを活かした端末

混乱を恐れず新技術をベースにして,新しいチャレンジをした端末をこのタイミングで市場に投入できるのはSamsungならではの強みです。

トップメーカらしからぬ動きなので,端末販売後に揚げ足を取るようなレビューが出るのかもしれませんが,チャレンジがなければ何も変わらず何も起こりません。日用品となったスマホは以前と変わりなく使えるところが評価される側面もありますが,皆が同じ方向を向いて進めば先細りするだけです。

ここ数年のGalaxy Sシリーズは,リリースの度にSamsungが持つ技術の集大成とも言える端末が登場しています。今回のGalaxy S8は,新世代スマホと呼んでも大げさではありません。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入