帰ってきた『技評ねこ部通信』

2020年1月10日 ひなたぼっこねこーず

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

もうとっくに明けてますが,おめでとうございます。
ねこ部通信,いつまで続くかわかりませんが,
どうぞ今年もよろしくお願いします。
12日が日曜日のため,前倒しで本日10日に公開させていただきます。

さて,⁠竈(かまど)ねこ」という冬の季語があるそうです。⁠かまど」とは昔の家にあった,お釜をセットしてご飯を炊いたり,お鍋を置いて煮炊きをする台です。下に穴があり,そこに薪をくべて,火を燃やすため,台全体が温かくなり,ねこが座っていたりしたそうです。たまに燃えカスの灰まみれになるねこもいるそうで。
そんなねこの姿を想像するだけで,心がぽわーんとしてきますね。

それはさておき,投稿,お待ちしています!

  • 画像をクリックすると大きく表示できます。

1月,晴れて風もない日のひなたはぽかぽかで気持ちいいですね。外ねこたちは,どこが一番暖かいか,本当によく知っています。

画像

微妙な形のひなたに座るホボクロコ

画像

崖の途中のシロコ

画像

どこにいる?

画像

植え込みの中にいる!

画像

アパートのベランダの下のシロコ

画像

頭寒足熱ならぬ,頭寒ケツ熱!

画像

ロンゲ子はここが定位置

画像

「撮りたければ撮るがいいさ,」的な・

あぁ,許されるものならば,冬の晴れた日は,仕事をほっぽり出して,ひなたぼっこしている外ねこを探して回りたい。

ところで皆さん,年が明けてしまいましたが,もうお買い求めになりましたか?ねこ手帳 2020
大人の事情で,数が限られております。見つけたら,即買いをオススメします。

では,さようなら。次はどこにねこを撮りに行きましょうかね?

🐱 外ねこ写真募集!🐱

Twitterでハッシュタグ「#ghねこ部」をつけて@gihyo_hansokuにReplyください!

採用の場合は追ってご連絡いたします。

バックナンバー

帰ってきた『技評ねこ部通信』

バックナンバー一覧