一般記事

Microsoft BandならApple Watchの遅延問題からおさらば?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Apple Watchが発売されてから約2ヵ月。発売直後に手にした人は新製品を手にした熱狂も覚めて,落ち着いてこの商品を見ることができるようになった人もいれば,もう使わなくなってしまった人もいるのではないかと思います。

正直言えばほとんど話題に登らなくなり,その存在を忘れてしまっている人も多いかもしれません。そんな今だからこそ,Microsoft BandというAppleでもGoogleによるAndroid Wearでもない,IT業界のもう1つの雄,Microsoftによるスマートウォッチを紹介してみたいと思います。

Microsoft Bandのパッケージ

Microsoft Bandのパッケージ

ようやく入手できたMicrosoft Band

最近,Surfaceシリーズが絶好調だったり,まもなくリリース予定のWindows 10が注目を集めているなど,何かと元気なMicrosoft。そんなMicrosoftが2014年10月30日に発売を開始したスマートウォッチがMicrosoft Band。

残念ながら米国以外では発売されていないということもあり,この商品の人気には日本にはあまり伝わってきませんでしたが,発売以来ずっと品薄が続いていました。筆者は,今年3月に米国出張の際に購入しようとしましたが,サンフランシスコのMicrosoftストアでは売り切れ。店員さんに聞いてもずっと売り切れ状態が続いているとのこと。米国Amazonでは定価199ドルのこの商品が300ドル近いプレミアム価格で販売されていたほどです。

筆者がようやく購入できたのは,Apple Watchが発売される直前の4月16日のラスベガスのMicrosoftストアでのことでした。Apple Watchでの発売が迫り,ようやくMicrosoft Bandも買い控えが起きてきていたのかもしれません。

Microsoftストアでは,購入時にスクリーン保護シートを無料で付けてくれました。もっとも,オンラインで購入すれば消費税がかからないところも多いですし,形状的にスクリーンを傷つけやすいというユーザからのクレームもAmazonのレビューで多く見られましたので,消費税分おまけでシートを付けることで未然にクレームを防いでいると言えるかもしれません。筆者はこれまで,購入してから2ヵ月ほど利用しています。

Microsoftストアで購入した商品には無料で保護シートが付いてくる

Microsoftストアで購入した商品には無料で保護シートが付いてくる

Microsoft Bandの嬉しいところ

さて,このMicrosoft Bandの良いところ,残念なところを簡単に紹介してみたいと思います。まずうれしいのが,歩数計が常に動いており,いつでも歩数の状態が確認できるところです。シンプルなスマートウォッチとして名前が挙げられることの多い機種としてPebbleがありますが,Pebbleの歩数計はそのアプリを起動した状態でないと利用できず,他のアプリに切り替えてしまうとそのままでは継続して歩数のカウントをすることができません(ただし,Activity Trackerアプリを1種類指定でき,設定したアプリはバックグラウンドで動くので,歩数カウントのアプリを指定すれば,他のアプリを使いながら歩数のカウントが行えます※)⁠

※:当初,Pebbleの歩数計はアプリを切り替えると継続して歩数をカウントできないと説明しておりましたが,正しくはこのようになります。お詫びして訂正いたします(2015年7月8日16:20分訂正)⁠

歩数計は常に表示しておくことができる

歩数計は常に表示しておくことができる

また,Apple Watch同様,心拍数を計測するためのセンサが付いているため,カロリー消費がわかりフィットネスデータを記録するスマートウォッチとして良くできています。カロリー消費や歩数計のデータは本体だけでなく,アプリやPCのダッシュボードでも確認できるようになっています。とくにPCのダッシュボードはあまり紹介されていませんが,一覧性に優れとてもよくできています。

Microsoft Bandのダッシュボードの画面

Microsoft Bandのダッシュボードの画面

そして,アルファブロガーの徳力さんが,Apple Watchを使用したレビューを公開した際,時計の表示がワンテンポ遅れてしまい,肝心の時計としての機能がイマイチであると述べたことが(ネット界隈の一部で)Apple Watchの徳力問題と呼ばれて一時期話題になりました。

このMicrosoft Bandでは,有機ELでは黒色の表示が省電力でできるという特性を活かして,白黒での時刻表示とすることでつねに時刻を表示したままで利用しても1日以上,十分に利用することができます。

徳力氏のブログ記事:Apple Watchを72時間使ってみて,自分には完全に宝の持ち腐れになりそうなことが分かってきた件について
http://blog.tokuriki.com/2015/04/72.html

有機ELでの白黒による省電力表示

有機ELでの白黒による省電力表示

その他にも,シンプルで扱い易く見やすいモダンUIやランニング計測のアプリがよくできていてスマホなしでもGPS計測がされたり,調整バンドがよくできていて手にフィットしやすく,価格が手頃だったりと,この製品には大きな魅力がたくさんあります。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入