一般記事

『インスタグラム 商品写真の撮り方ガイド』増刷記念! 6151×中野晴代×もろんのん スペシャル座談会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

書籍インスタグラム 商品写真の撮り方ガイドの増刷記念として,著者である6151さん,中野晴代さん,もろんのんさんの,スペシャル座談会を開催しました。

バックイメージ

―SNS上ではさまざまな反響が寄せられている『インスタグラム 商品写真の撮り方ガイド⁠⁠。6月8日に出版されてから少し日が経ちましたが,現物を手にしてみて改めて感想はいかがですか?

6151 思っていたよりも反響が大きくて,それに浮かれて,ここまでの道のりが大変だったことは忘れました。インスタグラムで「買ったよー!」と,私のアカウントをタグ付けしてストーリーや投稿にアップしてくれて,しかもすべて「ためになった」⁠こんなにネタバラシして大丈夫なの?」など,肯定的な内容で上げてくれるんです。本当に嬉しいですね。

6151(ロクイチゴイチ)

インスタグラムをきっかけにフリーランスに転身したフォトグラファー。風景からブツ撮りまで幅広く手掛け,国内外で企業とのタイアップ撮影や雑誌やウェブで執筆活動をする傍ら,全国でフォトワークショップを開催するなど「写真の楽しさ」を広く伝える活動にも取り組む。

中野 私も同じで,⁠ためになる」とよく言われます。実家の父も褒めてくれました(笑⁠⁠。写真のテクニックを言語化したことを評価してくれる声が多いですね。

中野晴代(なかのはるよ)

グラフィックデザイナー兼フォトグラファー。インスタグラムで6.6万フォロワーを持ち,フードやインテリアの写真を発信している。中学1年生と小学4年生の男児を持つ2児の母。著書に『TABLE DIARY- 今日,なに食べる?』⁠ワニブックス⁠⁠,⁠お菓子と花の素材集 Sweets & Flowers』⁠翔泳社)がある。

もろんのん ⁠再現性がある。ちゃんと順序立てて言語化されているので,誰でもチャレンジできそう」という声は多いです。⁠神本」って言ってくださる方もいました……!

もろんのん

1993年,埼玉県川越市生まれ。明るくポップな可愛らしい世界観を切り取るトラベルフォトライター。インスタグラムで約8万フォロワー。写真が売買できるアプリ「スナップマート」のクリエイティブディレクター。SNSや写真の活用や楽しさを,全国を巡って企業や生活者に伝える。

6151 私たちが「この人センスいいな,すごいなー」と思う人がこの本を褒めてくれてたりして,それがまた嬉しいんですよ。

中野 ファッションデザイナーの方だったり,モデルの方だったり,トレンドに敏感な方たちが反応してくれて,しかも「いい!」って言ってくれているんです。そういう人たちは自分の目線ではなく,世の中に何が受け入れられるかという視点で見ているので,目が肥えているというか。その方々が褒めてくれるのはやっぱり嬉しいです。

6151 正直,そこから反応があるとは思わなかったんですよ。まさかこんな風になるとは。あと,否定的な意見もないんですよね。

もろんのん やっぱりまだまだ「インスタグラマー」というと軽視されたり受け入れてもらえなかったりすることもあるので,それがないのはありがたいです。もちろんこれまでの広告写真が悪いわけではなくて,そういった写真が必要になることも多いと思います。商品のディテールを確認したい時には,白バックでストロボを炊いて,質感がはっきりわかる写真が必要です。目的によって,私たちが撮影してこの本で紹介しているような写真とうまく使い分けるのが理想なんですよね。

中野 これまでの広告写真とは違う撮り方がコンセプトの本ですし,実際にその違いを書いているので,もしかしたら従来の撮影をしているカメラマンにとっては面白くない本かもしれません。でもこの本はそれを否定しているわけではなくて,あくまで「違った」撮り方を提案して,インスタグラムでは自然光を使った写真の方が受け入れられやすいということなんですよね。
例えば食べ物を撮る時は,青などの寒色系の色は食欲を削ぐとして,背景に使うことはタブー視されていました。でも私は水色が好きだし,合わせてみるとスタイリッシュになって見た人に受け入れてもらえたんです。それが少しずつ積み重なって,その集大成がこの本なのかなと思います。
ただ紙面にうまくまとめてくれたのは編集の方なので,それはみんなで作れた良さだったかなと思います。今までの撮影では私もなんとなく撮っていることが多くて,それを書籍にするのはあまりイメージが湧かなかったんですけど,取材をしてもらっていろいろ引き出してもらえたおかげで,自分で自分の写真を振り返ることができました。整理ができたというか,自分の癖がわかったというか。

6151 それは私もすごくわかります! 聞かれて,言われて,改めて読んでみて,⁠そうだったんだ」と自分で思います。おかげで「どうやって撮っているの?」と聞かれた時に,自分の写真を説明できるようになりました。今までは感覚のままに撮っていたけど,思考が整理されたおかげで自信を持って納品したり発表したりできるようになったので,自分がバージョンアップした感覚すらあります。読者の方にもその感覚を味わってもらえると嬉しいです。

写真01

―自分の思考や撮影の癖が見えてくると,これからそれ以外の撮影も試したくなるのでは?

6151 今までの撮り方がわかったので,次のステップアップが必要だなと強く思いました。

中野 私も同じです。特にもろんのんさんの写真を見て,⁠私もモデルさんを入れて商品を撮りたいな」と思いました。

6151 この本の素晴らしいところは,3人の著者がいるところだと思います。自分の写真以外にも引っかかりがたくさんあって,いろんな撮り方や考え方が載っていますし,それを見て私も「そうなんだ!」と思うページがたくさんありました。そういう意味で,もろんのんさんは私とも中野さんとも違うテイストの写真を撮っているので,すごく勉強になりました。

中野 私は6151さんのライトルームの操作手順がとても気になったので,プリセットをすぐに調べました! そういう風になぞって真似できる作りになっているのが,この本のすごさのひとつかなと。

―「特にここを読んでほしい!」という部分はありますか?

中野 全部読んでほしい! けど,あえて選ぶとしたらやっぱり1章かなぁ。

6151 決して新しい発想ではないと思うんですけど,1章の内容が一番磨かれてるかなぁ。特に中野さんのパート「主題と副題のコツ①色」「色は3色以内に抑える」という記述があり,これは私も同じように意識していたので「よし!」と思いました。ただその後の「3色以上になる時は囲む」のは「なんだと!?」と思いました(笑⁠⁠。そしてよく読んで「なるほど」と。

P22作例

色は3色以内に抑える

P23作例

3色以上になる時は囲む

もろんのん 私は4章,6151さんが撮影したパソコンの写真です。バリエーション写真で「形や向きを揃える」とあったのが意外でした。私がテーブルフォトを撮る時は,主題も副題もバラバラに置いて撮ることがベースだと思っていたので,きちっと並べる置き方もあるというのは発見でした。

バリエーション

形や向きを揃える

6151 自分だけではなくて,3人の思考が合わさって作られたので,より確立された本になったと思います。

中野 1章の部分でいうと,私はパッケージデザインを見て撮るか撮らないかを決めてしまう方だったので,お2人の部分を読むと「私,上っ面だけだったな……」と反省しました(笑⁠⁠。もっとちゃんとブランドの歴史や使う人の背景を考えようと思いました。

6151 私は逆に中野さんの「デザインの魅力から入る」ことはとても共感しましたよ! やっぱり見た目が良くないと,きれいに撮れないので。

バリエーション

デザインの魅力から入る

中野 正直,見た目でテンションが上がらないと撮影する気になれないんですよね。

6151 わかる!笑 一番最初の感情なので,それは大事なんですよ。

写真02

バックナンバー

ネット生活

  • 『インスタグラム 商品写真の撮り方ガイド』増刷記念! 6151×中野晴代×もろんのん スペシャル座談会