新春特別企画

2010年の勉強会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

勉強会を発見した2008年,勉強会が定着した2009年

id:hanazukinさんのIT勉強会カレンダーによって,IT系勉強会の隆盛を発見したのが,2008年だとすると,それがしっかりと定着したのが2009年だと思います。2009年6月には,勉強会勉強会の主催による勉強会カンファレンス2009が開催され多くの勉強会主催者が集まりました。

カーネル読書会

自分にとって思い出深いものは,わたしが主宰しているカーネル読書会に,Linuxの創始者であるLinusさんはじめ世界のカーネルハッカーの皆さんが遊びに来てくれたことです。カーネル読書会を最初に開催したのは,1999年4月でかれこれ10年続いていることになります。月に1回くらいのペースで開催していますので,年間10回くらいの開催でき,2009年10月に第100回記念を向かえることになりました。

ちょうど日本で初めてLinux Kernel Summitが開催され世界中からLinusさんをはじめとするカーネルハッカーが来日するので,それに合わせて第100回カーネル読書会を開催しました。当日は100名を越える人々に参加いただき大盛況でした。

勉強会を長続きさせるようなコツというものはあるのでしょうか。

■よしおかの勉強会第一の法則
勉強会を開催するメリット > 勉強会を開催するコスト(個人的な負担)

ここで,勉強会を開催するメリットが,その開催コストを上回っていれば,それは続きますし,逆に開催するコストのほうが大きければ,勉強会を継続することはできません。

カーネル読書会というのは,自分にとって初めての勉強会だったので,どのようにそれを運営していいのか,まったくわからない状態からはじめました。Linuxのカーネルをさかなに飲み会をしたかったというのが実状です。別に勉強会と大上段に構えて開催したわけではありませんでした。

横浜Linux Users Group(YLUG)のメーリングリストに,Linuxのシステムコールの実装方法について質問したメールがきっかけで,せっかく教えてもらったのだから,その実装についてソースコードでも読んでみようというのが,わたしのそもそもの開催動機です。別に素材はなんでもよかったのですが,ソースコードをみんなでみたら面白いだろうなあと思ったのです。

溝の口の川崎市の公民館を借りて開催したのですが,メーリングリストで募集したところあれよあれよというまに30名を越える参加者が集まりました。わたしにとっては全員初対面なわけですが,実に楽しかったことを覚えています。参加者の皆さんにも大好評で,メーリングリストの感想を読んだ未参加の人たちも次回があればぜひ参加したいという感想を投稿していました。

わたしの手間暇というのは,お題を決めて,日程調整と会場の確保ぐらいのもので,勉強会の価値というのは,お題の発表者および参加者によって作られますから,上記の方程式の不等号が常に「勉強会を開催するメリット>勉強会を開催するコスト(個人的な負担)⁠という形になり,開催が持続します。

わたしの個人的な負担を最小化することによって,開催の頻度も月一くらいのペースで淡々と続けられます。 左側のメリットを増やそうと努力するあまりに,右側のコストをどんどん大きくしていく主催者がいますが,結局のところ一人あるいはグループで負担できる限度というものがありますので,持続可能性を求めるのであれば,右側のコスト最小化戦略の方が長続きします。

単発のイベント,あるいは年に1回くらいのイベントであれば,実行委員会みたいなものを組織して,準備にコストをかけるという方式でも開催できると思いますが,個人ないし少人数で主催する勉強会は,右側のコスト最小化戦略が重要です。

一方で,左側のメリットについては,発表ネタなどをどんどん公開していくことによって,自然と今までのコンテンツが増えてきますので,増加していきます。情報公開しないと,外部から見たメリットが見えませんので,情報公開は非常に重要です。

特に意識していたわけではなかったのですが,当初から資料は公開を原則としていました。これは題材がLinuxとかオープンソースだったので,情報公開が当たり前だと思ったからなんですが,結果として非常に豊かなコンテンツになり,左側の価値を増大させました。個人が主催する自主的な勉強会は,肩に力を入れないで,主催者のコストを最小化するというのが持続するコツだと言えます。なかなかこれが難しいのですが,長いこと続いている勉強会に共通するものだと思っています。

著者プロフィール

吉岡弘隆(よしおかひろたか)

1984年慶応義塾大学大学院修了。外資系ハードウェアベンダを経て,米国OracleでOracle8エンジンの開発に従事した後,2000年 にミラクル・リナックスの創業に参加, 取締役CTO。2009年8月より楽天株式会社。技術理事。カーネル読書会主宰。セキュリティ&プログラミング キャンプ,プログラミングコース主査。 著書に『Debug Hacks』(共著)。

Twitter: http://twitter.com/hyoshiok

Hatena: http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/

コメント

コメントの記入