新春特別企画

2012年のソーシャルネットコミュニケーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2012年,ここ日本でもますますソーシャルネットワークの利用が進む気配があります。ここ数年,年末年始は携帯キャリア各社から,トラフィックを軽減するために携帯電話メールの利用を控えるお願いを発表するのは珍しくなくなりました。トラフィックの集中は携帯電話に限らず,一昨日,2012年の年明け直後にTwitter,そしてmixiが,年明けメッセージなどのアクセス集中によりサービスにアクセスしづらい状況になったのは記憶に新しいところです。

 Twitterダウン時の表示画面(PC)

図 Twitterダウン時の表示画面(PC)

mixi:【追記】アクセス不具合のお詫び
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1580

このように,私たちの生活にもかなり浸透してきたソーシャルネットワークがこの先どうなっていくのか,2011年のトレンドをユーザ目線で考察しながら2012年の様相について展望してみます。なお,ソーシャルWebに関して,技術的かつより詳しい内容については,1月1日に公開された田中洋一郎さんの2012年のソーシャルWebをご覧ください。

情報伝達手段としてのソーシャルネットワーク

2011年のソーシャルネットワーク(以降ソーシャルネット)の特徴の1つに,とくに情報伝達の観点で評価された点が挙げられます。3月11日の東日本大震災後,被災地の状況について,とくに東京などの非被災地間からの情報共有手段として,Twitterやmixiなどが活用されました。mixiについては,震災直後,つぶやき機能であるmixiボイスの投稿数が前日の8倍になったと発表されています。

参考:
大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会
「インターネット利用ワーキンググループ」
http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/internet.html

また,情報共有については,TwitterのRT機能やハッシュタグを利用するなど,ユーザ間の自発的な行動を基にした積極的な活用が行われました。

Twitterを利用して被災情報を共有する際のハッシュタグと公式RTの勧め
http://gihyo.jp/news/info/2011/03/1301

2011年のポイントはノンバーバル,ロケーション,ライト

さて,情報共有手段としてのソーシャルネット以外にも,2011年のソーシャルネットには,コミュニケーションという観点で次の3つの特徴がありました。

  • ノンバーバル
  • ロケーション
  • ライト

です。

スマートフォンの影響――ノンバーバルとロケーション

ノンバーバルコミュニケーションの旗手,Instagram

ノンバーバルとは,言語によらないという意味です。つまり,非言語コミュニケーション,たとえば写真であったり音(≠言葉)⁠その他,表情,振る舞いによるコミュニケーションといったことになります。

その象徴となったのがInstagramと呼ばれる写真共有サービスです。このサービスは2010年10月にiPhoneアプリとしてリリースされて以降ユーザを増やし続けました。

 Instagramの実行画面(サンプル)

図 Instagramの実行画面(サンプル)

このアプリの特徴は,撮った写真を独自のフィルタをかけて公開できる点,また,ユーザ間でLikeをしあえる点です。写真という「絵」を通じたコミュニケーションを図れるため,日本語圏だけではなく,英語など非日本語圏のユーザとやりとりする日本人ユーザも増えています。また,2011年1月からはハッシュタグが利用できるようになり,ノンバーバルなコミュニケーションを体系立てる仕組みができ,さらにユーザ数が増え,またそこでのコミュニケーションが活性化しました。

一例として,311直後「#prayforjapan」のハッシュタグをつけた写真が共有され続け,写真を通じて日本を応援してくれたというのも,昨年のInstagramでの大きな出来事だったと言えるでしょう。

実ビジネスにも浸透し始めたロケーションサービス

2つ目の特徴として挙げたロケーションによるコミュニケーション。この流れは2010年にすでにブレイクの兆しを見せていました。中でも,2009年3月にSouth by Southwestで発表されたfoursqureはいち早く多くのユーザを獲得し,2011年9月に10億チェックインを達成するなど,ユーザ数はもとより,活発な利用状況に注目が集まっています。ここ日本では,2011年2月にKDDI株式会社がfoursqure Labs, Inc.との日本における協力関係構築を発表するといったトピックもありました。

また,日本産のサービスとして注目したいのは株式会社ライブドア(現NHN Japan)が提供するロケタッチです。2010年7月にリリースして以降,シールやリーダーという機能,独特のデザインからユーザを獲得し,2010年12月には10万ユーザに達しました。また,先ほどのfoursqureと同じく,店舗と連動したチェックインクーポンを用意するなど,リアルビジネスとの融合も見えてきています。

 さまざまなシールを集められるのがロケタッチの魅力の1つ

図 さまざまなシールを集められるのがロケタッチの魅力の1つ<

foursqureやロケタッチには,ある場所について,チェックインの数やタイミングに応じて,その場所に1人だけしかいられない特定ユーザ(The Mayorやリーダーと呼ばれるもの)を決める仕組みが用意されています。これにより「The Mayorやリーダーを目指してチェックインしよう」という,ユーザのモチベーションを上げる仕掛けがある点がユーザの利用,また,ソーシャルグラフ(ソーシャルネット上での人間関係)の醸成にもつながっている大きな要因の1つです。

余談ですが,最近,ソーシャルサービスに限らず,Webサイト,Webサービスにおいてこうした遊びの仕掛け(ゲーミフィケーション)を意識するようになってきたのも,2011年のソーシャル/Webの特徴の1つだったと言えるのではないでしょうか。

その他,mixiやFacebookなどソーシャルネットの1次サービスにも,2010年以降チェックイン機能が実装されており,とくにFacebookに関しては,2011年6月に発表されたFacebookチェックインクーポンを店舗側が利用できる仕組みを用意することで,ユーザに対する利益提供をし始めています。

ロケーションコミュニケーションの特徴は,場所という実際にある概念に対して,ソーシャルネットという仮想空間でのコミュニケーションが生まれることです。セレンディピティ(偶然のつながり)にも似た感覚として,ソーシャルネットコミュニケーションならではのものと言えるでしょう。

デバイスの進化はコミュニケーションを変える

ここで紹介した「ノンバーバル」「ロケーション」によるコミュニケーションがここまで浸透した1つの理由が,スマートフォンの登場,シェア拡大と言えます。

iPhone 4登場以降,スマートフォンのカメラ性能が向上し,さらにソーシャルネットと連携しやすくなったことで,気軽に写真撮影をし,その写真をソーシャルネットへの投稿をするユーザが増えました。これがノンバーバルコミュニケーションの活性化につながっています。また,ロケーションについては携帯電話時代から取り組まれていたGPS利用,その後のサービス事業者側の取り組みによる位置情報の精度向上といったことが大きな要因となったと言えるでしょう。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入