新春特別企画

次の10年に向けて――2014年のソーシャルネットコミュニケーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2014年は,日本のソーシャルネット分野を牽引し,ソーシャルネットコミュニケーションの概念を浸透させた最大のサービス「mixi」が登場してちょうど10年目を迎えます。今年のソーシャルネットおよびソーシャルネットコミュニケーションがどうなるのか,展望してみます。

なお,技術的観点・利用シーンから観たソーシャルネット,ソーシャルWebの展望については,田中洋一郎(よういちろう)さんが2013年のソーシャルWebで取り上げていますので,そちらもぜひご覧ください。

ノンバーバル/ライトコミュニケーションがより一層強く――スタンプ文化が他のソーシャルネットにも

まず,ソーシャルネット全体を見たときに,とくにコミュニケーションでの観点で年々際立っているのが,ノンバーバルライトの概念です。

この点については,一昨年,昨年の記事2012年のソーシャルネットコミュニケーションクローズドとアーカイブに注目――2013年のソーシャルネットコミュニケーションでも紹介してきていますが,LINEの普及によって「スタンプ」の利用が進み,そして,Facebookが浸透させた「いいね!」ボタンの気軽さが,ユーザに浸透している結果だと言えるでしょう。

スタンプ(Sticker)は他のソーシャルネットにも

とくに「スタンプ」を利用したノンバーバルコミュニケーションは,LINEだけにとどまらず,他のソーシャルネットサービスにも派生しています。その1つは,Facebookメッセージにおける「Facebook Sticker」です。アメリカということで,スタンプではなく,ステッカー(Sticker)と表現されていますが,概念は一緒です。この感覚が,日本を越えて欧米のソーシャルネットコミュニケーションにも派生したのは,2013年のソーシャルネットにおける大きな動きの1つと言えるでしょう。

Facebook Sticker。2014年1月1日現在,44種類のStickerが無料で配布されている

Facebook Sticker。2014年1月1日現在,44種類のStickerが無料で配布されている

他のサービスでは,同じく過去の記事で紹介しているクローズド型ソーシャルネットPathでも,ステッカー(スタンプ)の提供を行っており,こちらは,Facebookと異なり,メッセージングだけではなく,ソーシャルネットコミュニケーション(他のユーザへのポストに対する反応)で利用可能にするなど,よりノンバーバルなコミュニケーションを推奨していると言えます。

Pathのステッカー。2014年1月1日現在,有料・無料合わせて50種類のステッカーがある。なお,Pathは年間プレミアム会員制度を用意しており,年間14.99USドル(1,500円)を支払うと,有料ステッカーや有料カメラフィルタを利用し放題となる

Pathのステッカー。2014年1月1日現在,有料・無料合わせて50種類のステッカーがある。なお,Pathは年間プレミアム会員制度を用意しており,年間14.99USドル(1,500円)を支払うと,有料ステッカーや有料カメラフィルタを利用し放題となる

感情表現はどうなる?

一方のライトコミュニケーションに関しては,⁠いいね!」の次の動きが見えてきました。その1つが,2013年12月にFacebook社内で行われたイベントにおいて発表された「sympathise」ボタンです。

sympathiseとは,⁠理解する」⁠同情する」⁠共感する」といった意味合いを持つ英単語です。今後開発が進み,実装されたとして,日本では単語の理解によって曖昧さが強まりそうな懸念はあるものの,これまで用意されていた「いいね!」が使いづらかった友人のポスト(ポジティブな内容ではなかったり,悲しい内容など)に対しての意思表示が促進されることが多いの予想できます。このボタンが実装されることで,ソーシャルネットコミュニケーションにおける感情の濃淡が表現できるようになるのではないでしょうか。

前述のPathでは,すでに「いいね!」以外のボタン(アイコン)が用意されている。⁠smiled」⁠laughed」⁠gasped」⁠frowned」⁠Loved」の5種類で,感情の濃淡が表現できるようになっている

前述のPathでは,すでに「いいね!」以外のボタン(アイコン)が用意されている。「smiled」「laughed」「gasped」「frowned」「Loved」の5種類で,感情の濃淡が表現できるようになっている

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入