「開発スタイル」開発法 ―仕事に合わせて,自分に合わせて―

第2章 ベンチャー開発編

2008年6月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

社内のリソースを活用して幅広く意見を取り入れる

一方こうした判断が常に正しいとは限りません。当初の想定にはなかった事態や予想外の利用例もあり得ます。決定は少数で行うとして,その判断材料となる意見を幅広く大勢から取り込めるようでなければなりません。

ウノウでは定期的に,個々のエンジニアのプロジェクトやそのコードを他のエンジニアがレビューする機会が設けられています。また,定例の全社でのミーティングの機会などに,エンジニア以外のスタッフも交えて意見を伺える機会が設定できるようになっています。

clippでは,基本的なアイデアのブレストを行った後,1ヵ月弱で最初のプロトタイプを用意し,前述の機会を利用して社内に対するお披露目を行いました。そこで出てきた意見を検討して,改善と作りこみを進めていきます。ひと通り動作するものができあがったら,テスト用のサーバで公開し,誰でも開発中のバージョンを試せるようにしておきます。ソースコードは共通リポジトリに置き,他のエンジニアがいつでもチェックアウトして確認できるようにしておきます。そして,BTSを用意して,不具合や要望を自由に書き留めておけるようにしておきます。

この段階で重要なのは,意見に柔軟に耳を傾ける姿勢です。出てきた意見や利用状況を見て,予想と異なっていれば,なぜなのかを分析し,必要に応じて改めていきます。もちろんすべての意見に無闇に従うわけではなく,基本のコンセプトとポリシーと照らし合わせて妥当であると思われるものを取捨選択していきます。

clippの基本方針のひとつは,いかに機能を削るかというものでした。エンジニア主体の仕様設計では,機能的に実装できるものは,特にそれが楽に実装できるものであるほど,ついつい盛り込もうとしてしまいがちです。しかし,機能の豊富さは往々にしてサービスの明快さを損ね,ユーザインタフェースを混乱させてしまうことになり得ます。このような事態に陥らないように,clippでは極力機能を省き,シンプルなものを目指すという方針を採りました。

この方針のもとに作られた最初のプロトタイプは,実際かなりシンプルなものでした。それでもそこからさらに削られた機能もありますが,一方で追加されたものもあります。たとえば最初の案には,エントリーに第三者がコメントを付けられる機能はありませんでしたが,社内での利用シーンを見て,これはあったほうがよいと判断して追加しました。OpenSearchプラグインの配信やAutoPagerize対応なども当初は予定になく,社内のフィードバックを受けて追加された機能です。

ウノウでは技術的なノウハウやTIPSを共用するために,社内にWikiブログが用意され,開発中に発見したことがらを随時書き留めておくようにしています。また同様の目的で社内勉強会も定期的に開催されます。こうした情報のうち,一般に公開しても支障ないと判断されたものはウノウラボの記事として公開されたりします。

clippにあるTwitterへの投稿機能は,ウノウラボでも公開されている,OAuth プロトコルを知るというテーマの社内勉強会での内容を踏まえて用意したものでした。残念ながらTwitterがOAuthの提供を中止してしまったために,実際に提供している機能はOAuthを利用したものではありませんが,このように社内の研鑽活動の中から生まれた機能もあります。

まとめ

以上,ウノウの自社サービス開発の,ひとつの例を見てきました。自社サービスでは,ウノウのようなベンチャーの場合はとくに,担当者の自由裁量の範囲が広くなると思われますが,そのぶん確固としたコンセプト,ポリシーを以って臨み,そしてそれに対して他者が自由に意見を述べることができる場と,そうした意見に柔軟に耳を傾ける姿勢が重要になるでしょう。

著者プロフィール

五十川匡(いそがわただす)

ウノウ株式会社 エンジニア。UNIXシステムの販売などを経て映像コンテンツメーカに入社。World Wide Web黎明期の1995年に同社のWebサイトをスタートさせて以降,映像配信を主としたウェブサービスの構築と運営に長く携わる。2007年7月ウノウ入社。

ピックアップ

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->