エンジニアのための「失敗学」のススメ

第4回 失敗学の「フィールドワーク」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回までで,失敗を防止するための対策を策定するところまで説明しました。PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルで言うなら「Plan」が完了したところですので,次は防止策を実施する「Do」以降に進みます。

防止策を策定(Plan)したところで満足してしまうのはもちろん,策定した防止策を実施(Do)しただけでは意味がありません。

取り組む対象の成功率が「千三つ」であるなら,失敗防止策の成功率も「千三つ」である可能性を疑うのが失敗学的姿勢ですから,「Check-Act」も欠かせません。

実施の徹底

まずは防止策の実施を徹底することから始めましょう。

ひょっとしたら,以下のような理由から実施の徹底が難しいかもしれません。

  • 確認項目が多過ぎる
  • 確認に時間が掛かる
  • 確認が面倒
  • 確認内容が曖昧

ですが,そのような防止策を策定したのは他ならぬ自分自身です。

あまりにも実施が困難ならともかく,逆に「防止策を改善するための情報収集のチャンス」ぐらいに考えて,まずは目の前の対策を実施することに注力しましょう。

後述しますが,高度な技能を身に着けようと思うなら,重要なのは地味な繰り返しです。

たとえば弊社の導入研修の場合,失敗防止策をチェック項目一覧として作成し,レビューの際には成果物の良否を確認する以外にも,防止策実施の徹底度や効果も確認(=本人・講師によるダブルチェック)するようにしています。

対策の改善

前節まででPDCAサイクルのPlan-Doまでは完了しました。

次は,当初策定した防止策を検証(Check)し,必要に応じて改善(Act)を行います。

失敗防止策に限らず,一旦定まってしまったルールは,往々にして一種の神聖不可侵化が進みがちです。

しかし本稿冒頭でも述べたように,失敗防止策の成功率も「千三つ」だと思えば,妥当性や過不足を日々確認し,常に改善を続けることに抵抗は無い筈です。

最初(Plan)の段階で非の打ち所の無い対策を立てようとするのではなく,日々の対策適用(Do)の中で改善点を拾い上げ(Check),それを反映させていく(Act)作業こそが重要だと言えます。

たとえば弊社の導入研修の場合,各自の防止策=チェック項目一覧に対して,一定期間ごとに以下のような見直しを行うことにしています。

  • チェック項目の具体性はあるか?
  • チェック項目の実効性はあるか?
  • チェックの実施は(時間・労力の点で)現実的か?

必ずしもチェック項目を増やすだけが改善ではありません。

何度も繰り返し対策を実施することで,チェックリストを使用しなくても無意識的に行えるようになったなら,思い切ってチェックリストから外す,という選択肢も有り得ます。

チェック項目の数が多すぎて全ての確認が行き届かない場合も,まずは当面重視しなければならない項目のみに絞りましょう。

ルーティン化

多少なりとも自分の実力に自信がある場合,基本的な失敗防止策を律儀に実施するのは面倒に感じることでしょう。

しかし,基本的な確認実施を反復することで,可能な限り自動的=無意識的に確認実施ができるようになれば,より高度なレベルでの判断に意識を集中することができます。

卑近な例で言えば:

入力速度よりも思考速度が遅いので,タッチタイプは必要無い

と言う人は多いですが:

タイピング検定に通るレベルまで極めたけど,思考速度が追いつかないので,「見ながら入力」に戻した

という話は,寡聞ながら筆者は耳にしたことがありません。

弊社では,新入社員には必ずタッチタイプを修得させるようにしています(タイピング検定レベルまでは求めませんが…)。

実装/設計能力の向上で目に見える程の生産性を改善するには,決して少なくない時間を必要としますが,タイピング速度の向上による生産性の改善は比較的簡単にでき,その上,タイピング速度の向上で余裕ができた時間を勉強にまわすことで,その後の実装/設計能力の向上にも寄与できるためです。

もちろん,タイピング速度を補って余りある能力があるなら話は別ですが…

また別な例で言えば,特定のプログラミング言語で一定以上の開発スキルを持つ人で,普段のプログラミングの際に,「はじめての~~」「プログラミング言語~~」といった書籍でいちいち文法を確認している人もいないのではないでしょうか(ライブラリのAPI確認は除きます)。

人間の能力では,一度に意識的に注意を払える対象の数には限りがあります。アスリートが日頃の練習でひたすら基本を反復しているのは:

より高度なレベルの問題に意識を集中しても, 基本的な動作が無意識のうちに実施できるようになるため

なのですが,これは以下のように言い換えることもできます。

基本的な動作が無意識のうちに実施できないようでは,より高度なレベルの問題に意識を集中できない

使うものの違い(筋肉・脳細胞)こそあれ,「意識しなくても実施できる」ようになるために,まずは「繰り返しを意識的に行う」必要があるのは,どの分野でも共通だと思います。

著者プロフィール

藤原克則(ふじわらかつのり)

Mercurial三昧の日々が嵩じて, いつの間にやら『入門Mercurial Linux/Windows対応』を上梓。凝り性なのが災いして,年がら年中アップアップな一介の実装屋。最近は仕事の縁が元で,OpenSolarisに入れ込む毎日。

コメント

コメントの記入