ゼロからはじめるPSP ─Personal Software Process

第4章 無理なくPSPを活用する ~アスケイドにおける今後の展開

2008年8月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ここまで読まれて,「意外と緩い運用だな」と感じた方もおられるかもしれません。

PSP が要求しているプロセスはかなり細分化されており,そのまま導入しようとすると障壁が高いものになりがちです。そこでアスケイドでは段階的な発展を目指し,まずは「無理のない導入/運用」での徹底,浸透を重視してきました。これまでの章にも,随所でそういった方針を感じていただけたのではないでしょうか。

そこで本章では,アスケイドにおける現在の状況の振り返りと,今後の展望についてお話しようと思います。

現状の振り返り(レトロスペクティブ)

アスケイドで導入しているPSPはPSP0という初歩の段階です。PSP0はベースラインプロセスと呼ばれ,個人のプロセス改善を進める上で基礎となるプロセスの計測を継続することに焦点を当てています。現段階でのアスケイドでのPSP活動としては個々人の活動時間の記録を主に行っておりますが,ベースラインプロセスでは以下のプロセス計測が要求されています。

●時間
時間についてはこれまでの章でふれて来ましたが,現在PSPとして活動しているのはこの時間計測に関してのみです。
●欠陥
PSPでいうところの欠陥とは「製品が完成する前に修正されなければならないもの。」であり,要件,設計または実装の問題があり得ます。アスケイドではPSPとしての欠陥の定義及び個人レベルでの記録はまだ行っておりません。
* 規模:
LOC(Lines Of Code)で作業時間における開発規模を計測します。コメント行やブロックなどの扱いにより,物理LOC, 論理LOC などという計測基準があります。LOCも構成管理ツールなどで個人の作業量は計測可能ですが,作業時間との関連付けは行っておりません。

開発規模(LOC)や欠陥と作業時間の関連付けについては後のセクションにまとめましたので,そちらを参照してください。

PSP の発展的プロセスについて

4章に来て初めてPSP0などという用語がでてきましたので,改めてここでPSPについて簡単にふれておきます。

先ほどPSP0はベースラインプロセスだという説明をしましたが,PSPはCMMのように成熟度に応じた発展的なプロセスステップが,次の表のように定義されています。

プロセスステップ 定義されているプロセス
ベースラインプロセス PSP 0 現行プロセス/基本的設計
PSP 0.1 コーディング標準/プロセス改善提案/規模計測
計画立案プロセス PSP 1.0 規模見積もり/テスト報告
PSP 1.1 タスク計画立案/スケジュール計画立案
品質管理プロセス PSP 2.0 コードレビュー/設計レビュー
PSP 2.1 設計テンプレート
循環的プロセス PSP 3 循環的開発

ここではPSPでは何を求められているかが把握できれば良いので,大雑把には以下のように理解してください。

●PSP0/PSP0.1
現在の開発プロセスはそのままに計測という概念/作業を取り入れる。
●PSP1.0/PSP1.1
計測結果に基づいた作業見積もり,作業計画を行う。
●PSP2.0/PSP2.1
成果物のレビュー,テンプレートの整備による品質確保を行う。
●PSP3
PSP0からPSP2のプロセスを繰り返し実施,改善を行う

というわけで,本特集は,現在の開発プロセスを活かしたまま計測という概念/作業を取り入れた PSP0/PSP0.1についての取り組みであることがご理解いただけたのではないでしょうか。

著者プロフィール

渡辺洋司(わたなべ ようじ)

株式会社アスケイド所属のエンジニア。 最近はソフトウェア開発技術のみならず,ファシリテーションにも興味をもち,組織の活性化について考えています。

URL:http://www.ascade.co.jp/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->