今こそ!勉強会

第3回 勉強会を始めよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は勉強会を開催する立場に立って,開催する為にどんなことをしなければいけないのかをご説明します。

ここで取り上げるお話は,先日の勉強会大集合の中に出てきた話などを元に書いておりますが,すべての場合に対応できる完璧なものではありません。しかし勉強会を開催するための敷居を下げ,開催した後に「やって良かった」と思えるような内容をお伝えいたします。

勉強会を主催するメリット

勉強会を開催するのは大変そうに思えますが,ご自身で開催すると以下のようなメリットをあなたにもたらします。

自分が知りたいことが勉強できる
他の勉強会ではできなかったり,知ることのできなかったことを聞く機会が持てます。
自分の好きなことを介して仲間ができる
自分が好きなことに対し興味を持つ方が集まるので,自然とニッチな内容が中心に話しができるようになります。
参加者側では味わえない喜びがある
これは言葉ではなく,本当にやっていただいて感じていただくしかありませんが,やり終わった後の参加者からの感謝の言葉はとても気持ちが良いものです。

開催のテーマを決める

開催にあたって,まず勉強会のテーマを決めましょう。

テーマといっても「どんな言語や技術がこの勉強会に参加するとわかる」という堅苦しいものではなく

  • 「この勉強会に出るとどんな人が集まってくるのか」

ということがわかる程度でいいです。

テーマの方向性としては,

言語やサービス名など幅広く取り扱う勉強会

発表する内容や発表者を幅広く扱え,参加者を募集することができます。

初心者向けの話があると,今まで勉強会に参加したことのない方でも参加しやすくなります。

ニッチな部分に特化した勉強会

逆にニッチなテーマで取り扱うと人が集まりにくいデメリットはありますが,内容の濃い勉強会が開催できます。小規模という観点で見た場合,最初は内輪から開催してみても良いかもしれません。

地域などで集まり各自の持っているネタを発表する

言語やサービスに捕らわれず,地域の技術者同士で集まり各自が知っていることを公開しあうのもおもしろいです。勉強というよりも交流がメインになりますが,集まりやすいメリットがあります。

勉強会の形式も誰かが前に立って発表をし,それを聞くだけが勉強会のスタイルではありません。読書会やディスカッションなど,あなたが心の中で思っている「こんなのはできないだろうか」ということにぜひ挑戦してみてください。

開催前の準備

いきなり1人で勉強会を立ち上げるのは,たとえ手順がわかっていても大変です。

まずは仲間を集いましょう。自分の周りの人に「自分はこんな勉強会を開いて話を聞きたい」という事を相談して見てください。そして,自分の周りに相談するのだけではなく以下のことも試してみると賛同者や参加してみたいという方が出てくるかもしれません。

BLOGに記事を書く
いろいろな方が見に来るので公開してみましょう。
mixi日記に書く
マイミクの方など知っている方が見るので,協力を得やすいです。
Twitterなどでつぶやいてみる
知らない方でもあなたをFollowしている方からレスポンスがあるかもしれませんので,BLOGに誘導したり,やってみたいことを発言してみてください。

とくにTiwtterやBLOGなどは顔を合わせたことのない方でも見るため反響が大きかったりします。

発表者を集う

発表をしてくれる方を探すのは難しいです。難しい理由の1つとして,45分~60分も話しができないという,敷居の高さが挙げられます。こういった式を下げる意味で,発表時間を短くするなどの構成も良いと思います。まずは勉強会に登場してもらいたい方,発表してきたい方の敷居を少しでも下げることを心がけ,たくさんの方に発表してもらうようにしましょう。

開催日時を決める

手伝ってくれる方や発表者が決まったら開催する日時を決めましょう。

まずは各自の都合の良い日を決めるのに,予定調整サービスなど,たとえばFIX ONを使用すると便利です。

開催曜日と時間

平日,土日祝日で開催時間が変わってきます。

平日

基本的に就業後開催します。場所にもよりますが,あまり早い時間だと自分を含め集まれないこと事もあるので気を付けましょう。また,2~3時間程度しか時間が取れませんので発表者が少なくて済むメリットもあります。一方で,仕事で忙しい方などは参加しづらいようです。

土日祝日

お休みの方が多いので午後から夕方まで平日より長めに開催でき,終了後の懇親会もたっぷり時間が取れます。ただし,他の勉強会とバッティングする可能性もありますので,開催日には他に競合したり大きなイベントがないか確認しましょう。

家庭をお持ちの方は家族サービスに当てることが多いようで参加しづらいようです。

会を重ねていくと,平日または土日祝日のどちらかしか参加できないという声も出てきたりもします。なので交互に開催したりする配慮などがあると良いかもしれません。

タイムスケジュール

タイムスケジュールは会場が使用できる時間から発表者の持ち時間を割り当てますが,時間が余ってしまった場合,次のようなメニューを用意しておくと良いでしょう。

ライトニングトークを設ける

1人5分~10分程度で数人募集してみてはいかがでしょうか。 その時のテーマは多少勉強会の内容と離れても問題ないと思われます。

休憩を長めに設ける

発表者の発表時間が延びたときの修正や参加者同士の交流時間に当てたりできます。

自己紹介タイムを設ける

参加者全員に自己紹介していただき,時間を調整します。

著者プロフィール

鈴木達文(すずきみちやす)

オープンソースカンファレンスやPHPユーザー会にて活動中。主に裏方や懇親会・宴会を担当。最近はいろいろな所に出て行って飲み会幹事を担当。人との出会いを楽しんでいます。

口ぐせは『まだまだ』。好きな事は、知ること・出会うこと・楽しむことです。

コメント

  • 記事拝見いたしました

    はじめまして。
    偶然インターネットで、今こそ勉強会!の記事を発見いたしました。

    私自身2010年6月19日にはじめて、勉強会を開催する予定です。
    初回は、運営を手伝ってくれる人募集と、顔合わせと言うスタンスです。

    テーマとしては、
    IT業界、若手(入社1~3年目)
    という、二つを考えております。

    私自身2010年度入社の新入社員なので。

    まだまだ、勉強会の雛形も出来ていない状況ですが、
    この記事は大変参考になりました。

    ありがとうございます。

    記事が発行されてから、2年ほどたってしまっているようなので、このコメントが読まれているか分かりませんが、
    もしよろしければ、
    xjr_cb_gsr@yahoo.co.jp
    にご連絡いただけると幸いです。

    今後の勉強会の動向などをお知らせしたいと思います。

    それでは、長文失礼致しました。

    よろしくお願い致します。

    Commented : #1  ひろき (2010/06/12, 15:40)

コメントの記入