アナログツールでライフハック:Hipster PDA時々モレスキン,のちトラベラーズノート

第5回 モレスキン・メモポケッツでGTD

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回モレスキンを使ってユビキタス・キャプチャーを実践するということをお話しました。ユビキタス・キャプチャーはZTDの習慣のひとつですが,ここでは,モレスキンでGTDそのものを実践することを考えてみます。

ここで使うのがモレスキン・メモポケッツという,数あるモレスキンのラインアップの中でも,一風変わったツールです。

モレスキン・メモポケッツとロディア

モレスキン・メモポケッツは閉じた状態だと,モレスキンのノートと見た目は変わりませんが,ゴムバンドを開くと中は6つのポケットに分かれています。モレスキンのノートの最後についている,ポケットだけで構成されていると言えば分かりやすいでしょう。ノート部分は一切ありません。そのためノートタイプと比べて本体は非常に軽く感じます。

大きさはノートと同じくラージサイズ,ポケットサイズの2種類ありますが,筆者はモバイル性を考えてポケットサイズ(14cm×9cm)を使ってます。

モレスキン・メモポケッツとロディアNo.11

モレスキン・メモポケッツとロディアNo.11

このモレスキン・メモポケッツに,タスクを書いた紙片をそれぞれのポケットに振り分けて入れることで,GTDを実践しようというわけです。

タスクを書き出すメモ帳には,ブロックロディア(以下,ロディア)を使っています。

ロディアは1枚ずつ切り取ることができるメモ帳です。大きさは,胸ポケットにすんなり入る,カバーなどの種類も多いNo.11が,モレスキン・メモポケッツにちょうどいい大きさと思われます(10.5cm×7.4cm)※1)。

モレスキン・メモポケッツがGTDツールとして機能するかは,ロディアを大人使いできるかどうかによると思います。1冊あたり80枚のロディアNo.11を,1週間と言わず2,3日で使い切ってしまうくらいであればいいでしょう。もったいないような気もしますが,コスト的には缶コーヒーを2本我慢すればお釣りが出る程度です。

思いついたことをどんどん書いてどんどん切り取っていく。だからこそ,切れ味のいいロディアが有効です。

ではモレスキン・メモポケッツと,ロディアNo.11というポケットメモ帳を組み合わせた,GTDの実践方法を見ていきましょう。

※1)
ロディアNo.12だと,モレスキン・メモポケッツに入りますがぎりぎりです(12cm×8.5cm)。ロディアでは紙がぺらぺら過ぎて不安だという人は,情報カードを使うといいかもしれません。そうなるとHipster PDAとの連携も考えられます。5×3サイズの情報カードもぎりぎりでモレスキン・メモポケッツに入ります(12.5cm×7.5cm)。

モレスキン・メモポケッツでGTDを実践する

モレスキン・メモポケッツでGTDを実践するにあたって,私は6つのポケットを次のように分けています。

  • In-box 白紙
  • NextAction
  • Project
  • Someday
  • Hold
  • 資料その他

あとはGTDのフローに従うだけです。

胸ポケットにロディアNo.11を入れておき,思いついたタスクなどをその場で記入し,切り取ります。この場合,ロディア1枚に1タスクが原則です。

次に,切り取ったロディアの紙片は,まとめて保管しておくか「In-box」に入れておきます。そして,あるタイミングでGTDのフローに従い,それぞれのポケットに振り分けていきます。この切り取ったロディアを一時的に保管するには,様々なロディアカバーを使うのもいいかもしれません。ロディアカバーの中には,ペンホルダーがついているものもあり,ペンを一緒に携帯できて便利です。

また,A4サイズの資料など,モレスキン・メモポケッツに入らない大きさについては,ロディアに参照先を記入して入れておけばいいでしょう。「プロジェクトA→書類棚一番上に」という具合です。

完了したタスク=ロディアは,モレスキン・メモポケッツから取り出して丸めて捨てます。表面だけ使って捨てるのがもったいないと思うのであれば,裏面を再利用するために,表面のタスクを赤ペンなどで消して「In-box」へ入れておけばいいでしょう。

しかし,ロディア→モレスキン・メモポケッツ→完了という流れを重視すれば,ロディアは表面だけを使った方がスムースのように思えます。

著者プロフィール

アキヅキダイスケ(あきづきだいすけ)

大学事務職員。本当に使える仕事術を渉猟するうちにライフハックの森に迷い込み,GTDという生涯の友と得,文房具に恋をして現在にいたる。今の恋人はトラベラーズノートだが,モレスキンにも未練あり。文学の研究者としては道を大きく踏み外した感あり。「シリアル・ポップな日々」というごった煮ブログを,絶滅危惧種に指定されているPDAザウルスSL-C1000にて更新中。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/akizukid/

コメント

コメントの記入