Androidケータイの歩き方

第2回 ホーム画面アプリ選びあれこれ(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回に続き

前回Androidケータイのホーム画面は,好みのアプリに置き換えることができることをご紹介しました。カスタマイズ範囲の狭いホーム画面を使うiPhoneユーザから見れば,信じられないことかもしれませんが,これもAndroidケータイの良さなので,たっぷりと堪能してください。

前回のご紹介した「LauncherPro」は,多くの機能が搭載されていませんが,機能を盛り込み過ぎることなく,上手くまとまっているので,使いやすいと感じているのですが,皆さんはいかがでしょうか?

さて,今回は,少し趣向を変えて,クルマで使うと便利なホーム画面アプリ「Custom Car Home」をご紹介します。

最近は,高機能な据え置き型のカーナビゲーションではなく,基本機能に絞り込まれた「PND」と呼ばれるポータブル型のカーナビゲーションをクルマに取り付けているクルマを多く見かけるようになりました。Androidケータイであれば,PNDを購入しなくとも,カーナビゲーションアプリの「Googleマップナビ」で事足りるので,代替えに使おうと考えている方も多いと思います。

Googleマップナビ

Googleマップナビ

今回ご紹介する「Custom Car Home」は,こうした使い方を検討している方にピッタリのアプリです。これもLauncherPro同様,日本語版が存在しませんが,難しい操作を要求されることもないので,臆することなく試してみてください。

Custom Car Homeとは?

Custom Car Homeは,揺れる車内では,ホーム画面アプリのように,細かな操作を要求するようなものでは使いづらいので,すべてを通常よりも大きく表示して使いやすくしようと言うものです。非常に単純明快な仕掛けですが,効果覿面で意外にも使いやすいものです。

同種のアプリは多く存在し,Googleも「Car Home」という名前のアプリをリリースしています。Car Homeは,Android 2.2以上の対応なので,国内で販売されるAndroidケータイの多くで使うことができませんが,Custom Car Homeは,Android 2.1以上の対応なので,国内で販売される多くのAndroidケータイで使うことができます。

Custom Car Homeの入手方法

マーケットアプリを起動して,虫眼鏡アイコンをタップして表示される検索ボックスに「Custom Car Home」と入力して検索を実行します。赤線の家のアイコンに,青色で「CCH」と書かれてアプリが目印です。検索結果には,ドネーション版もヒットします。もし,Custom Car Homeが気に入ったら,これを購入して作者に寄付をしてください。

Custom Car Homeの検索

Custom Car Homeの検索

インストール後の設定

インストールが終了してCustom Car Homeを起動すると,ホーム画面のような画面が表示されます。

Custom Car Homeの起動

Custom Car Homeの起動

初期のホーム画面にはアプリが登録されていないので,まずは,好みのアプリを登録していきます。

アプリの登録は「Click to select app」のラベルの付いた青いドロイド君アイコンのボタンをタップして,表示されるアプリの一覧から割り付けたいアプリを選択します。ボタンにアプリが割り付けられると,通常よりも大きなサイズでアイコンが表示されます。

ホーム画面に割り付けたアプリの表示

ホーム画面に割り付けたアプリの表示

割り付けたアプリを削除する場合は,そのアイコンを長押しして表示されるメニューから[Remove]を選択します。必要のないアイコンも同様の操作で削除できるので,画面に表示されるアイコンを絞ることも可能です。

表示させるアイコンを絞ることができる

表示させるアイコンを絞ることができる

ホーム画面は3画面あり,フリック操作で切り替えられます。

1画面には,最大8個までアプリを登録でき,合計で24個のアプリを登録できます。

筆者の場合は,最初に表示される中央の画面には,クルマに乗るときに頻繁に利用するだろう,ブラウザやGoogle検索,ナビゲーション,Googleプレイスなどをアプリを登録しておき,右画面には,普段良く使うGmailやTwitterアプリ,左画面には,YouTubeやギャラリーアプリなどを登録して,3画面のホーム画面を使い分けています。

登録できるアプリが24個と聞くと少ないように感じますが,中央の画面以外は,数多くのアプリを登録していないので,クルマでの利用を考えると十分です。

クルマで使うからこその機能も!

Custom Car Homeには,アプリを起動した時に,以下のようなハードウェアを制御する機能が備わっています。

  • スピーカーフォンを有効にする
  • Bluetoothを有効にする
  • GPSを有効にする
  • Wi-Fiを無効にする

センサーの設定

センサーの設定

いずれも,クルマで使うからこその機能です。

GPSなどは,普段は無効していることが多いので,このアプリを起動した時に有効にしてくれるのであれば,わざわざ自分で有効する手間を省くことができ非常に便利です。

他にもバックライトをレベルを設定する機能もあります。低めに設定しておけば,夜,煌々と光るバックライトに眩しい思いをすることが少なくなります。

Custom Car Homeは,単純明快な仕組みのアプリですが,車内で利用に特化した使い勝手や機能が備わっており使えるアプリです。PNDの代わりにAndroidケータイを考えている方は,ぜひとも試してみてください。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入