Androidケータイの歩き方

第10回 Androidでタスク管理を極める(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

百花繚乱のAndroidケータイ

米国で開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)⁠では,じっくり時間をかけてフォローしないと,ついて行くだけで精一杯な状態になりそうなくらい,さまざまな端末がお披露目されて百花繚乱の春となりました。CESの次は,2月にバルセロナでMobile World Congress 2011(MWC 2011)が開催されます。ここでも新たなAndroidケータイがお披露目されるはずなので,今年は大増殖どころが大爆発になりそうな予感です。MWCでは,Google Nexus Sが対応して話題になった,Near Field Communication(NFC)でも何らかサービスが発表される可能性があるので注目のイベントです。

さて,今回も前回に引き続きタスク管理アプリをご紹介します。

取り上げるのは「MultiTask Manager」というアプリで,他のタスク管理アプリとは一線を画すユーザインターフェースが新たな使い勝手を提供してくれます。

MultiTask Managerの入手方法

いつものように「マーケット」を起動して,アプリ名の「multitask manager」で検索します。検索結果は,数件表示されますが,黄色,黒,灰色のタイルの上に「m」と書かれたアイコンが目印です。これも,いつものようにMultiTask Managerアイコンをタップしてインストールします。

MultiTask Managerの入手

MultiTask Managerの入手

MultiTask Managerの起動方法

MultiTask Managerは,ホーム画面の他,端末の検索ボタンの長押しでも起動できるので,他のアプリを使っている時も呼び出せます。

REGZA Phoneのように検索ボタンのない端末は,設定を変更することでカメラボタンで起動できます。設定の変更は,MultiTask Managerを起動した状態で,端末のメニューボタンを押すと表示される設定画面で行います。設定画面は縦にスクロールするので,下までスクロールして[Shortcuts for activated MTM]カテゴリの[Camera Button]をチェックします。REGZA Phoneの場合は,カメラボタンを長押ししていると,バイブレーションが短く動作し,その後MultiTask Managerが起動します。

設定画面は英語だが,難しいことはない

設定画面は英語だが,難しいことはない

アプリの切り替えと終了方法

MultiTask Managerを起動すると,画面の下にパネルが表示されます。

デフォルトの設定では,実行中のアプリのアイコンがパネルに並びます。そのアイコンをタップするとアプリの切り替えが行え,長押しするとアプリを終了します。実行中のアプリの他,MultiTask Managerを使って終了したアプリ,実行中のサービスのアイコンを表示できます。それぞれまとまって表示され,実行中のアプリを中心に,左にスワイプすると終了したアプリ,右にスワイプすると実行中のサービスのアイコンが表示されます。

MultiTask Managerを起動したところ。画面下にパネルが表示され,アプリのアイコンが並ぶ

MultiTask Managerを起動したところ。画面下にパネルが表示され,アプリのアイコンが並ぶ

これらは,表示・非表示の設定が行えます。実行中のアプリを表示する場合は,設定画面の[Running settings]カテゴリの[Running]をチェックします。終了したアプリを表示する場合は[Recently Closed Settings]カテゴリの[Recently Close]を,実行中のサービスを表示する場合は[Service Settings]カテゴリの[Service]をチェックします。一般的な使い方ならば,実行中のサービスを終了することはないので[Service]をチェックすることはないはずです。

また,パネルに表示するアイコン数を個別に設定できます。実行中のアプリであれば[Running settings]カテゴリの[Set Number of Displayed Apps]⁠終了したアプリであれば,⁠Recently Closed Settings]カテゴリの[Set Number of Displayed Apps]⁠実行中のサービスであれば[Service Settings]カテゴリの[Set Number of Displayed Apps]で,表示したい数を設定します。筆者の場合は,実行中のアプリを10件,終了したアプリを5件に設定しています。実行中のサービスは,表示していないので設定していません。

ランチャー機能も!

MultiTask Managerには,タスク管理機能の他,ランチャー機能が備わっています。

設定するとパネルに,登録したアプリのアイコンが並びます。ランチャーの設定は,設定画面の[Preferred Settings]カテゴリで[Apps always displayed]をタップします。しばらくすると,インストールしているアプリの一覧が表示されるので,パネルに登録するアプリをチェックします。登録したアプリは,終了したアプリの向こうに追加されているので,フリックで操作で切り替えます。パネルのアイコンをタップするとアプリが起動されます。

数多く登録すると画面に収まらなくなり,たくさんスクロールする必要がある

数多く登録すると画面に収まらなくなり,たくさんスクロールする必要がある

よくまとまっているが…

MultiTask Managerは,機能に過不足なくよくまとまっています。

他のタスク管理アプリとは一線を画すユーザインターフェースは,その存在感を高めていますが,iPhoneコンプレックスが垣間見られるのも事実です。iPhoneは先駆者であったとしても先生ではないはずなので,たとえば,起動すると表示されるパネルは,画面下ではなく画面中央でも良いはずです。また,操作に集中できるように,背景を半透明にして暗くする演出を入れるのも1つの方法ではないかと思います。もう一つ残念なのが,起動方法で,筆者が愛用しているREGZA Phoneでは,カメラボタンで起動するのですが,それが押しづらいのでMultiTask Managerの起動が億劫になります。ホームボタンの長押しやステータスバーから起動など,別の方法も考慮に入れてもらえば,また違った印象になるはずです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入